【2024年最新版】鳥取県鳥取市の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

鳥取県鳥取市の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、鳥取県鳥取市においても、企業の倒産・廃業が相次いでいる状況が見られます。その中でも、飲食業界や小売業界などでの倒産が特に目立っています。

また、新型コロナウイルスの影響により、観光業界においても厳しい状況が続いていることから、それに伴うサービス業の倒産・廃業も見受けられます。

ただし、一方で、医療業界や福祉事業に携わる企業については比較的安定した状況が続いている傾向もあります。

今後も、グローバル化が進むなかで、経済環境の変化に適応していく必要があるため、企業が存続するためには積極的な経営戦略の見直しが求められます。

鳥取県鳥取市の企業が清算する際の注意点 3選

1. 法的手続きに注意する
清算に入る場合、まずは法的手続きを整える必要があります。例えば、負債整理や債権者との交渉、税務処理などが挙げられます。また、清算手続きを進めるための委員会を設立し、会計監査人の任命も必要となります。これらの手続きには時間と費用がかかりますが、適切に行うことでスムーズな清算が可能となります。

2. 社員や取引先に配慮する
企業清算により、社員や取引先に影響が及ぶことが考えられます。清算の前には、社員や取引先に対して事前に説明を行い、関係者に理解を求めることが大切です。特に社員については、適切な処遇を考慮する必要があります。例えば、退職金の支払いや転職支援、再就職先の紹介などが挙げられます。

3. 廃業時に必要な手続きを行う
清算により会社が法人格を失う場合、廃業手続きが必要となります。廃業手続きは、市町村役場や税務署、社会保険事務所などに届け出を行うことから始まります。また、社員の退職手続きや借入金の返済なども同時に進める必要があります。清算を始める前に、必要な手続きについて十分に把握し、計画的に進めることが大切です。

鳥取県鳥取市の企業が廃業する際の注意点 3選

鳥取県鳥取市にある企業が廃業する際には、以下の注意点に留意する必要があります。

1. 法的手続きの確認

企業が廃業するときには、法的手続きが必要となります。例えば、会社法に基づいて解散する際には、解散の決議を取り、解散登記を行わなければなりません。また、平成27年に施行された「法人税法等の関係における税務調査の制度改正等に係る緊急措置法」の改正により、法人が廃業する場合には、確定申告を行って「廃業益」という特別な所得を計上し、納税しなければなりません。これらの法的手続きを怠ると、法的トラブルや課税上の問題が生じる可能性があります。

2. 従業員の扱いについて

企業が廃業する際には、従業員の扱いについても慎重になる必要があります。廃業によって従業員が失業する場合には、労働者保護の観点から、適正な解雇手続きを行う必要があります。また、法律上定められた解雇予告期間や退職金の支払いなども確認し、適切に対応する必要があります。

3. 債権の整理

企業が廃業する際には、債権の整理も重要なポイントです。債権者がいる場合には、債権者との交渉や債権の清算を行う必要があります。また、社員や取引先などからの債権もある場合がありますので、きちんと整理し、債務超過などのリスクを回避するために、法的手続きや適切な処理方法の確認が必要です。

以上のように、企業が廃業する際には、法的手続きの確認、従業員の扱い、債権の整理などに注意を払い、適切な対応を行うことが必要です。しかし、個々の事例によって事情が異なるため、専門家のアドバイスや支援を得ることも重要です。

鳥取県鳥取市の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 法的手続きを忘れずに行うこと
会社を畳む際には、法的手続きを忘れずに行うことが重要です。具体的には、会社解散の手続きを法務局や税務署などの関係機関に対して行う必要があります。また、社員や取引先などにも適切な通知を行うことも忘れずに行いましょう。

2. 資産の処分方法を決めておくこと
会社を畳む際には、資産の処分方法を決めておくことが大切です。具体的には、土地や建物、設備などの不動産資産や在庫品、債権債務、契約書などの動産資産を、売却や譲渡、廃棄などにより処分する必要があります。

3. 従業員の処遇についても考慮すること
会社を畳む際には、従業員の処遇についても考慮することが大切です。具体的には、退職金や失業保険などの手続きを適切に行い、雇用情報や給与情報を正確に伝えることが必要です。また、従業員が新たな就職先を見つけるための支援を行うなどの対策も必要となってきます。

鳥取県鳥取市の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界の競争激化による経営難
現在、業界全体の競争激化によって、多くの企業が経営難に陥っています。これに伴い、業績の低迷や借入金の増加などが生じ、経営の持続可能性に問題を抱える企業が増えています。このような状況下では、M&Aによる事業統合や売却によって、業績改善につながる可能性があります。

2. 経営資源の集約化による競争優位性の獲得
企業は、M&Aによって、技術力や人材、企業文化などの経営資源を統合し、新たな競争優位性を獲得することができます。例えば、市場規模の拡大や技術的なシナジー効果などが期待できます。このような戦略的な統合によって、企業は業界内での地位向上や市場占有率の拡大を狙うことができます。

3. 事業の事業承継や事業移転に伴うM&A
企業が事業承継や事業移転を行う場合にも、M&Aは有効な手段です。例えば、事業承継においては、オーナーの高齢化に伴い、後継者不足が問題となっています。また、事業移転においては、効率的な生産体制やコスト削減の観点から、新たなロケーションに生産拠点を移す必要がある場合には、M&Aによる事業の購入や売却が必要になってくることもあります。

いずれにしても、M&Aによって企業が直面する課題を解決し、事業の再生や成長につながる可能性があります。ただし、M&Aはリスクを伴うので、適切な評価と慎重な検討が必要です。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】北海道紗那村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】熊本県嘉島町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】熊本県美里町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】岐阜県本巣市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2023年最新版】北海道平取町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】ボウリング場の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】神奈川県横須賀市の企業が清算・廃業・倒産、会…
  8. 【2024年最新版】北海道長沼町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP