【2024年最新版】魚類養殖業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

魚類養殖業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、環境問題や食品安全性に関する世論の高まりにより、魚類養殖業界でも厳しい状況が続いています。その中でも、一部の企業は倒産や廃業の憂き目に遭っています。

倒産した企業の一例としては、青森県にある養殖会社が挙げられます。同社は、漁獲量の減少により養殖事業に注力し、特にぶりの養殖に力を入れていましたが、震災や気候変動などの影響により生産量が減少し、資金繰りに苦しみ、ついに倒産してしまいました。

また、養殖場の運営に必要な海水の水温が上がり、病気が蔓延したことが原因で、鳥取県にあるある養殖会社も廃業に追い込まれました。同社は運営費の増大に対応することができず、収益が悪化していたといわれています。

ほかにも、厳しい価格競争にさらされたことが原因で、鹿児島県にあるある養殖会社が倒産に至ったケースもあります。同社は、価格維持が困難になったことにより、販路拡大に向けた大規模な投資に踏み切っていたが、収益が見込めず、資金繰りが悪化していたといわれています。

以上のように、魚類養殖業界でも厳しい状況が続いており、企業の倒産や廃業が相次いでいる状況にあります。このような中、新たなビジネスモデルの模索や、技術革新を進めることが求められています。

魚類養殖業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 負債の確認:清算する前に、すべての負債を確認し、償還が必要なものは償還する必要があります。また、負債がある場合には、清算前に解決しなければなりません。

2. 資産の処分:魚類養殖業の企業が清算する場合、資産の処分について考慮する必要があります。処分は、適切な市場価値を決定することが必要です。

3. 持分の分配:会社を清算している場合、持分の分配を決定する必要があります。これには、優先株式の持ち分、普通株式の持ち分、償還済み株式の持ち分などが含まれます。

魚類養殖業の企業が廃業する際の注意点 3選

魚類養殖業の企業が廃業する際には、いくつかの注意点があります。ここでは3つの注意点について述べます。

1. 責任の確定

養殖業の廃業には、その企業が担っていた責任があります。例えば、養殖していた魚種の管理や、水質の維持などが挙げられます。廃業前に、これらの責任を確認し、できる限り対処する必要があります。また、廃業後の問題が生じた場合に備えて、責任を明確化するための文書化も大切です。

2. 環境問題への対応

養殖業は、周辺環境にも影響を及ぼす可能性があります。例えば、排出された餌や魚の排泄物が、周辺の水質を悪化させることがあります。廃業後には、このような環境問題に対しても適切に対処する必要があります。具体的には、水質の改善や、残留物の除去などが挙げられます。

3. リスク管理とコミュニケーション

養殖業の廃業には、様々なリスクが伴います。例えば、廃業によって失業する従業員への対応や、近隣住民とのコミュニケーションなどが挙げられます。廃業に関する情報は、事前に公表しておくことが望ましいです。また、廃業手続きにおいては、慎重なリスク管理が必要です。

以上、魚類養殖業の企業が廃業する際の注意点について述べました。廃業の際には、周辺環境や関係者に与える影響を最小限に抑えるために、事前に対策を講じておくことが重要です。

魚類養殖業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 法的手続きをきちんと行うこと
魚類養殖業の企業が会社を畳む際には、法的手続きをきちんと行うことが大切です。特に、従業員や取引先との契約の解除や清算などの手続きは、十分に時間をかけて進める必要があります。

2. 資産処分に注意すること
魚類養殖業の企業が会社を畳む際には、資産処分にも注意が必要です。特に、競合他社に知識や技術が漏れないように、適切な方法で処分する必要があります。

3.社員の雇用先を確保すること
魚類養殖業の企業が会社を畳む際には、社員の雇用先を確保することが大切です。十分な時間をかけて、求人情報の提供や転職支援を行うことで、社員の安定した雇用先を確保することができます。

魚類養殖業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界の競争激化による業績低迷
現在、魚類養殖業界はますます競争激化を迎えています。多数の企業が生産に参入しており、価格競争や販路拡大に注力する企業が多いため、利益率が低下する傾向にあります。このような環境下では、売却によって企業がより成長可能な分野への投資を行うことができるため、戦略的な選択肢であると言えます。

2. 新規市場への参入による事業拡大
売却によって得た資金を新規市場への参入に充てることで、事業拡大が可能となります。特に、魚類養殖業界では、海外市場への進出が期待されています。売却することで、グローバルなビジネスチャンスを生かすことができます。

3. 事業再編による企業価値の向上
魚類養殖業界では、事業再編によって企業価値を向上させることができます。例えば、事業統合によってコスト削減や生産性の向上を図り、より強い競争力を獲得することができます。また、売却することで資金を調達し、M&Aによる事業拡大を実現することも可能です。

以上のように、魚類養殖業の企業がM&Aで会社を売却することには、ビジネスチャンスを生かすための多くの利点があります。ただし、売却先企業や条件などを慎重に選択し、成功につなげることが重要と言えます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】乾物卸売業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  2. 【2023年最新版】けい石鉱業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  3. 【2024年最新版】外部記憶装置製造業の企業が清算・廃業・倒産、…
  4. 【2023年最新版】遊漁船業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む…
  5. 【2024年最新版】金属工作機械用・金属加工機械用部分品・附属品…
  6. 【2024年最新版】宮崎県門川町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2023年最新版】ガラス容器製造業の企業が清算・廃業・倒産、会…
  8. 【2024年最新版】楽団,舞踏団の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP