【2024年最新版】飛行場業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

飛行場業の企業の倒産・廃業状況まとめ

2021年現在、世界的に航空旅客数の減少や航空会社の経営悪化などの影響で、飛行場業界でも厳しい経営状況が続いています。そのため、いくつかの企業が倒産や廃業に至っています。

例えば、北欧のある国の航空港を運営する企業はCOVID-19の影響で航空旅客数の急減に直面し、2020年に倒産しています。

また、アフリカのある国の国有航空港を運営する企業も経営悪化により、2021年に廃業することが決まっています。

さらに、南アメリカのある国の主要国際空港を運営する企業もCOVID-19の影響で航空旅客数が激減し、2021年には倒産しています。

このように、世界中で飛行場業界でも厳しい経営状況に直面しており、いくつかの企業が倒産や廃業に至っています。

飛行場業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 破産や清算の手続きには時間がかかることがあるため、緊急性を持った問題に対しては迅速に対処することが重要です。

2. 財産の売却や人員整理などで社員や顧客からの反感を買わないように注意する必要があります。

3. 清算の際には法律や税務上の注意点を把握し、適切な手続きを取ることが大切です。

飛行場業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 環境への配慮
飛行場業は、大規模な建造物や周辺環境に影響を与えるため、廃業時には環境に配慮が必要です。具体的には、建造物の解体や撤去に伴う廃棄物の処理、地下水や土壌の汚染対策、生態系への影響の把握や修復などが挙げられます。廃業時には、地元自治体や環境保護団体との協議を通じて適切な対策を講じることが求められます。

2. 社会的責任
飛行場業は、地域経済に大きな影響を与えることが多いため、廃業時には社会的責任を果たすことが必要です。地元自治体や関係団体との協議を通じて、従業員の再就職支援や地域における産業振興策などに取り組むことが重要です。同時に、廃業に伴う負債や訴訟などに対しても、適切な対応を講じることが求められます。

3. 情報公開
廃業を決定する場合には、従業員や関係者、地元自治体などに対して、十分な情報を提供することが求められます。具体的には、廃業の理由や時期、影響範囲や対策、責任の所在などを説明し、十分な議論や対応策の検討を行うことが重要です。また、廃業後も、建造物や施設の管理や適切な情報公開が行われることが求められます。

飛行場業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 法的手続きの確認を怠らないこと
飛行場業には、国や自治体が定める法的手続きが存在します。これらの手続きを怠ることで、契約違反や罰則を受ける可能性があります。企業が会社を畳む際には、法的手続きを遵守して正当に処理することが重要です。

2. 従業員への配慮
従業員に対する対応も重要です。退職金や再就職の支援など、適切な措置を講じることが求められます。また、従業員に対して、会社の畳み方などの説明を行うことも大切です。

3. 借入金や債務整理の処理
借入金や債務整理といった負債の処理も、忘れてはいけないポイントです。それらを放置すると、後々まで追いかけることになる可能性があります。負債処理については、早期に適切な措置を講じることが必要です。

飛行場業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

飛行場業は、大きな設備やインフラが必要であり、事業の展開や拡大には多額の資金が必要です。また、景気や政治情勢などの影響を受けやすく、収益性が乏しい時期には経営の厳しさが増します。そこで、M&Aによる会社の売却を検討するメリットがあります。以下、その理由として3点挙げてみます。

1. 投資家や金融機関からの認知・評価向上

M&Aを通じて、大手企業と統合することで知名度や信頼性を高めることができます。また、経営陣が健全な投資案件として認知され、投資家からの支援を受けやすくなります。結果、株価の上昇や投資家からの評価向上が期待できます。

2. 拡大戦略の実現

M&Aによる店舗拡大や新規市場参入、技術力の強化などを実現することができます。特に海外進出には、現地の市場情報やネットワークが欠かせません。一方現地企業は、その土地の事情を熟知しており、M&Aを通じて現地に進出することが効果的である場合があります。

3. 経営資源の最適化

M&Aにより包括的な統合を行うことで、不必要な経費の削減や経営資源の最適化を実現し、経営の合理化が図れます。経営資源を最適化することで、会社価値を高めてより高水準の経営運営が可能になります。

以上、M&Aによる会社売却を検討する理由のうち、3つを挙げてみました。飛行場業界においては、ますます激化する競争環境や財政難にも対処しながら、経営の合理化と成長を目指し、慎重かつ戦略的なM&A戦略を実践することが必要です。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】愛知県碧南市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】廃棄物処理業の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】北海道広尾町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】福岡県新宮町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2023年最新版】野菜小売業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  6. 【2024年最新版】青森県五戸町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】広島県江田島市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  8. 【2024年最新版】長崎県長与町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP