【2024年最新版】非鉄金属第次製錬・精製業(非鉄金属合金製造業を含む)の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

非鉄金属第次製錬・精製業(非鉄金属合金製造業を含む)の企業の倒産・廃業状況まとめ

2021年に入り、非鉄金属第次製錬・精製業界での倒産・廃業は相次いでいる。特に、COVID-19の影響で需要が低迷し、原材料価格の高騰も重なって企業の業績が悪化し、経営状況が悪化したことが大きな要因となっている。

しかし、そうした中でも、業界内で若干の動きも見られる。例えば、多角化や新規事業の展開など、経営戦略を模索する企業もある。また、設備の更新や生産プロセスの改善を進めるなど投資を行い、新しい価値を創造する企業もある。

このような業界の状況を踏まえて、業界全体的には引き続き厳しい状況が続くと考えられるが、一方で、新しい技術やサービスを開発し、需要の変化に対応することで、業界再生に向けた動きが出てくるかもしれない。それに向けて、各社が独自の試行を進めていくことが求められる。

非鉄金属第次製錬・精製業(非鉄金属合金製造業を含む)の企業が清算する際の注意点 3選

1. 廃棄物の処理に注意すること。非鉄金属製錬・精製業は、多くの廃棄物や副産物を生み出すため、それらを適切に処理しなければならない。清算に際しては、廃棄物が処分されたかどうかが重要なポイントとなり、適切な処理が行われていない場合には、清算が滞ることがある。

2. 社員や労働者の処遇について考慮すること。企業が清算する場合、社員や労働者の処遇にも十分な配慮が必要である。退職金や適切な雇用保険の支払い、リストラ後の転職支援プログラムなどが必要な場合があるため、社員や労働者との合意形成が必要となる。

3. 汚染地域や土地利用に注意すること。非鉄金属製錬・精製業は、大量の有害物質を排出するため、周辺地域や土地利用にも注意が必要である。清算に際しては、企業が取得した土地や不動産の汚染度合いを確認し、必要な交渉や手続きを進める必要がある。

非鉄金属第次製錬・精製業(非鉄金属合金製造業を含む)の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 環境対策に注意すること
非鉄金属製錬・精製業は、環境に悪影響を与えることがあるため、廃業する場合は環境対策に注意が必要です。廃棄物の処分や土地の汚染対策などを適切に行う必要があります。

2. 法令を遵守すること
非鉄金属製錬・精製業は、危険物の取り扱いなど、法令に関する規制が多い業種です。廃業する場合も、法令を遵守して、適切な手続きを行いましょう。

3. 従業員や周辺地域に配慮すること
廃業する場合、従業員や地域住民に影響が出る可能性があります。従業員の希望や地域住民の声に耳を傾け、配慮を行うことが大切です。例えば、従業員の再就職先の支援や、地域住民への説明会の開催などが考えられます。

非鉄金属第次製錬・精製業(非鉄金属合金製造業を含む)の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 環境汚染対策の徹底

非鉄金属第次製錬・精製業は原材料となる鉱石から有用な金属を抽出することが主な業務ですが、この過程で多大な量の排出物が生じます。このため、会社が畳む際には環境汚染対策を徹底することが重要となります。具体的には、環境省の基準に準拠した処理を行い、公的な検査機関が認定した業者に処理を委託する等の対策が必要です。

2. 従業員の就職先の確保

従業員に対しては、雇用契約の解除に伴い、就職先の紹介やキャリアアップ支援を行うなど、きめ細やかなサポートを行う必要があります。特に、非鉄金属第次製錬・精製業は技術的な知識や経験が必要とされる分野であるため、業界内での転職支援が求められます。

3. 知的財産(特許、商標等)の管理

非鉄金属第次製錬・精製業においては、特許や商標等の知的財産を保有する企業も多いため、畳む際にはこれらの管理も適切に行う必要があります。具体的には、知的財産の譲渡先の選定や譲渡手続きの確認等が必要となります。また、知的財産を守るためには、第三者による権利侵害の有無を確認することも重要です。

非鉄金属第次製錬・精製業(非鉄金属合金製造業を含む)の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 資金調達の必要性:製錬・精製業は設備や技術力が必要で、それらの投資には多額の資金が必要です。大手メーカーに対して中小企業は資金調達で劣ります。さらに近年、環境にやさしいプロダクトの製造に対する需要が高まっているため、製造コストを抑えたいという圧力もあります。そのため、成長や能力向上を目的に、M&Aを利用する企業が多いです。

2. 事業拡大の機会:市場や技術力が似ている企業同士であれば、M&Aをすることで新たな商機を見つけることができます。例えば、非鉄金属製造業界において、新たな市場、顧客、製品、販売ネットワークを開拓することができます。また、製造技術や研究開発力を強化することもできます。

3. 経営不安の解消:製錬・精製業は、原料価格変動や需要変動の影響を十分に受けるため、経営不安が常につきまといます。そのため、企業はM&Aを利用することで経営不安を解消したいと考えます。M&Aをすることで、事業の多角化やリスク分散を目指すことができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】兵庫県太子町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】新潟県刈羽村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2023年最新版】ガス機器・石油機器製造業の企業が清算・廃業・…
  4. 【2024年最新版】茨城県常総市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2023年最新版】毛皮製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  6. 【2023年最新版】たる・おけ製造業の企業が清算・廃業・倒産、会…
  7. 【2024年最新版】身の回り品卸売業の企業が清算・廃業・倒産、会…
  8. 【2024年最新版】ブリキ缶・めっき板等製品製造業の企業が清算・…
PAGE TOP