【2024年最新版】非鉄金属スクラップ卸売業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

非鉄金属スクラップ卸売業の企業の倒産・廃業状況まとめ

非鉄金属スクラップ卸売業は、リサイクル事業の一つとして大きな役割を果たしています。ところが、近年は資源価格の低迷や需要の減少などが影響し、業界全体の経営が苦しくなっています。そのため、倒産・廃業する企業も出てきています。

例えば、東京都内にある非鉄金属スクラップ卸売会社は、数年前に設立されましたが、経営は悪化の一途をたどり、昨年倒産しました。同業者からは「不動産投資に転じた」という噂も流れています。

また、大阪に本社を置く非鉄金属スクラップ卸売会社も、近年経営が悪化し、ついには昨年廃業に追い込まれました。要因としては、原料の調達や販売価格の競争力不足などが挙げられます。

他にも、北海道や北陸地方など、地方にある中小の非鉄金属スクラップ卸売会社も廃業するケースが出てきています。これらの企業は、地元経済に大きな影響を与えることになります。

ただ、中には経営を立て直し、再び安定した状態に戻った企業もあります。例えば、神奈川県に本社を構える非鉄金属スクラップ卸売会社は、かつては経営難に陥っていましたが、今や業界トップクラスの地位を確立しています。

非鉄金属スクラップ卸売業界は、今後も厳しい環境が続くと思われます。ただ、需要がある限り、リサイクル事業は続くことになります。そのため、経営戦略の見直しや新規事業の立ち上げなど、積極的な取り組みが求められます。

非鉄金属スクラップ卸売業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 銀行口座の解約手続き
清算する際には、会社の銀行口座を解約する必要があります。しかし、銀行側は手数料を取る可能性があるため、手数料や解約口座などについて事前に確認することが重要です。

2. 労働者への適切な退職金の支払い
清算にあたっては、労働者に対して適切な退職金を支払うことが義務付けられています。しかし、支払いの仕方や額について法的な規定があるため、法律に準拠した適切な支払いを行うことが必要です。

3. 顧客や取引先への連絡
清算する際には、顧客や取引先に対しても連絡を行う必要があります。特に長期にわたって取引をしていた場合には、品質やサービスなどについて不安があるかもしれません。そのため、事前に説明を行い、可能な限りスムーズな手続きを行うことが大切です。

非鉄金属スクラップ卸売業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 環境規制に従う
廃業する企業は、社会に対して責任を持つべきです。環境規制に従い、廃棄物処理や汚染物質の管理に十分な注意を払い、問題が発生しないようにすることが重要です。また、公共機関や関連企業、住民団体などに事前に連絡し、問題がないことを確認することも大切です。

2. スムーズな事業承継のための準備
企業が廃業する場合、スムーズな事業承継が行われるように準備することも重要です。従業員やお客様、取引先などに十分な説明を行い、事前に接触を取り承継者を探し、適切な手続きを行うことが必要です。

3. 資産の処分
企業が廃業する際には、残された資産の処分も重要な課題です。不用な機器や設備、在庫品などを処分し、適切な方法で資産を回収することが必要です。また、管理費用などを負担しないためにも、早期に処分を行うことが望ましいでしょう。

非鉄金属スクラップ卸売業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 環境規制の遵守

非鉄金属スクラップ卸売業は、廃棄物の処理に関する環境規制を遵守することが非常に重要です。会社の閉鎖時には、廃棄物処理に関連する手続きを遵守し、廃棄物の適切な処理を行うことが必要です。不法投棄や違法処理は、罰金や企業の信用を損なう可能性があります。

例えば、東京都内にある某スクラップ処理業者は、会社の閉鎖に際して、違法に廃棄物を処理していたことが発覚し、罰金が科せられた事例があります。

2. 従業員の雇用対策

従業員の雇用対策は、非鉄金属スクラップ卸売業が会社を畳む際に重要なポイントです。失業保険の受給や再就職支援など、従業員の将来に対するサポートが求められます。

過去には、あるスクラップ処理業者が従業員の雇用対策を怠り、解雇通知が出されたことがありました。これにより、従業員が社会保険料や住宅ローンの支払いに困窮する事態が発生し、問題が引き起こされました。

3. 法的手続きの遵守

会社を畳む際には、法的手続きの遵守が必須です。不動産の処分や債務処理、税金の申告など、様々な手続きが必要となります。

法的手続きに関連する問題が起こった例としては、あるスクラップ処理業者が会社を畳む際に、税務署との間でトラブルが発生し、税務上の問題が生じた事例があります。このようなトラブルを回避するためにも、法的手続きに関する知識を十分に備えておく必要があります。

以上、非鉄金属スクラップ卸売業の企業が会社を畳む際の注意点について3つ挙げました。企業の信用を損なう問題やトラブルを回避するためにも、これらのポイントに十分注意することが必要です。

非鉄金属スクラップ卸売業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界競争激化の中で生き残るため
非鉄金属スクラップ卸売業は市場競争が激しく、新規参入者や海外企業の進出も見られます。このような状況下で、M&Aを通じて業界内での競争力を高めたり、事業規模を拡大することで、生き残りを図ることが必要となってきます。

2. 資金調達のため
事業の拡大や改善には資金が必要です。しかし、資金調達にはリスクが伴い、資金調達先によっては高い利息を支払うことが求められる場合もあります。M&Aを通じて、資金調達を行うことができるため、リスク管理や資金調達コストの削減につながる可能性があります。

3. 事業の多角化を図るため
一点に依存する事業モデルは、市場の変化に左右されるリスクが高くなります。事業の多角化を図ることによってリスクを分散し、安定性を高められます。M&Aによって、既存の事業とは異なる分野に進出することで、事業の多角化を図ることができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】教養・技能教授業の企業が清算・廃業・倒産、会…
  2. 【2024年最新版】静岡県三島市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】広告制作業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  4. 【2024年最新版】愛知県設楽町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】事務所用・店舗用装備品製造業の企業が清算・廃…
  6. 【2023年最新版】タオル製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】福島県桑折町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】合成ゴム製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
PAGE TOP