【2024年最新版】電気通信工事業(有線テレビジョン放送設備設置工事業を除く)の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

電気通信工事業(有線テレビジョン放送設備設置工事業を除く)の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、電気通信工事業界では激しい競争が続いており、多くの企業が倒産・廃業している。2019年には、業界の総売上高が1兆円を超えたものの、その背景には業界内の格差があることが指摘されている。

具体的には、大手企業に比べて中小企業は業績が悪化しており、倒産・廃業する企業も増加傾向にある。また、新規参入企業の増加によって市場環境が厳しくなる一方で、技術開発や人材確保にも課題を抱えている。

このような状況の中、業界ではM&Aや業務提携などの形で企業再編が進んでいる。しかし、改革が十分に進んでいないために、倒産・廃業がなくなるとは限らない状況が続いている。

ある業界関係者は、「今後は、特に中小企業にとっては、サービスの提供方法を見直し、人材の育成や技術力の向上などの取り組みが重要になってくるだろう」と指摘している。業界全体の発展のためには、企業間の協力や統合、新しい技術の導入など、何らかの形での改革が必要不可欠である。

電気通信工事業(有線テレビジョン放送設備設置工事業を除く)の企業が清算する際の注意点 3選

1. 清算手続きは法定期間内に行う必要がある。
2. 未払いの債務がある場合には、債権者への通知が必要となる。
3. 資産や債務の評価は正確に行い、過大・過少の評価は避ける必要がある。

電気通信工事業(有線テレビジョン放送設備設置工事業を除く)の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 対象となる法律や規制を把握する
電気通信工事業を営む企業が廃業する場合、電気通信事業法や建設業法、労働法などに基づいて手続きを行う必要があります。特に、電気通信事業法には、営業停止届出や解散届出などの義務が課せられているため、廃業の予定がある企業は、この法律をしっかりと把握し、適切な手続きを行うことが重要です。

2. 社員や作業者の処遇について考慮する
電気通信工事業は、その性格上、多くの技術者や作業者を抱えることが一般的です。そのため、廃業する際には、社員や作業者の処遇について十分に検討する必要があります。具体的には、退職金や再就職支援などの手厚い処遇が求められます。

3. 資産や債務の整理を行う
廃業する際には、資産や債務の整理を行う必要があります。具体的には、未払いの債務や未収の債権について、債権者や債務者との交渉を行い、適切に処理することが必要です。また、重要な機材や設備については、処分方法に慎重に考慮し、適切に売却や廃棄を行うことが重要です。

以上、電気通信工事業の廃業に際して注意すべき点について紹介しました。廃業は企業にとって大きな決断であり、周囲の関係者にも大きな影響を与えることがあります。そのため、事前に適切な対応を行うことが重要です。

電気通信工事業(有線テレビジョン放送設備設置工事業を除く)の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 伝え方に注意すること
会社を畳む際は、社員や取引先、顧客などへの伝え方に十分な注意を払う必要があります。不意の閉鎖通知は、信頼を失うだけでなく、訴訟や炎上など様々な問題を引き起こす可能性があります。

2. 法的書類の準備に気を配ること
会社を畳む際には、法的な手続きが必要になる場合があります。これには、従業員や顧客への通知、納税義務の履行、商標法などの知的財産権の手続き、所有する不動産や設備の処分などが含まれる場合があります。

3. 適切なアウトソーシングを検討すること
場合によっては、会社を畳む際に、特定の業務をアウトソーシングすることが有効な選択肢となる場合があります。この場合は、適切なパートナーを選択し、書面化された契約書を締結することが重要です。

電気通信工事業(有線テレビジョン放送設備設置工事業を除く)の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界の競合が激化し、市場規模拡大が難しい
2. 投資資金不足による施工能力の低下
3. 新技術やサービスの開発に必要な研究開発費用の負担が大きく、売却による資金調達の必要性がある

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】山形県中山町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】雑穀・豆類卸売業の企業が清算・廃業・倒産、会…
  3. 【2024年最新版】山口県宇部市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】群馬県邑楽町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】岩手県紫波町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】山形県東根市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2023年最新版】エレベータ・エスカレータ製造業の企業が清算・…
  8. 【2024年最新版】青森県おいらせ町の企業が清算・廃業・倒産、会…
PAGE TOP