【2024年最新版】電気機械器具製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

電気機械器具製造業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、電気機械器具製造業界では、グローバル競争の激化や需要の低迷などにより厳しい状況が続いています。

その中で、多くの企業が倒産や廃業に追い込まれています。特に、中小規模の企業が多数含まれており、市場からの撤退や事業の縮小が進んでいる傾向が見られます。

また、国内生産の減少により海外製品の輸入が増え、国内市場での競争力が弱まる状況です。

これに対して、業界団体や政府もさまざまな支援策を打ち出しており、製品の品質向上や技術力の強化などに取り組んでいます。しかし、いまだに改善が見られず、業界再編や新たなビジネスモデルの導入が必要とされています。

取り組みとしては、産業のデジタル化やIoT(モノのインターネット)の活用による生産性の向上、再生可能エネルギー技術を活用した事業の拡大などが挙げられます。

さらに、グローバル市場への進出や海外取引の拡大により、需要の多様化やリスクの分散が図れるようになることも、業界の将来を見据えた上での重要な方向性となっています。

電気機械器具製造業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 全ての資産・負債を正確に把握することが重要である。清算開始前には、社内での財務状況の把握を徹底し、清算開始後も適宜情報を更新していくことが必要となる。

2. 負債償還の順位を理解することが必要である。債権者がどのような順序で償還されるのかを把握して、優先度の高い債権者から返済していく必要がある。

3. 従業員への配慮も重要である。清算時には、従業員の解雇や退職金の支払いなどの問題が生じることがある。従業員の立場に立って対応を行い、スムーズな清算を進めることが肝要である。

電気機械器具製造業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 環境対策に注意する
電気機械器具製造業は多くの場合、特定の化学物質や有害物質を使用しているため、廃業する場合には環境対策に注意する必要があります。具体的には、廃液や廃棄物の処理や土壌・地下水の汚染対策などが挙げられます。

2. 機材・設備の処分に注意する
電気機械器具製造業は、大型の生産設備や加工機械を使用していることが多く、廃業する場合にはこれらの機材・設備の処分にも注意する必要があります。特に、化学物質を扱っていた場合には、機材・設備に化学物質が残っている可能性があるため、適切な処分方法を選択する必要があります。

3. 労働者の処遇に注意する
企業が廃業する際には、労働者の処遇にも注意する必要があります。具体的には、可能な限り雇用の継続や再就職のサポートを提供することが求められます。また、退職金や社会保険の手続きなども適切に行う必要があります。

電気機械器具製造業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 知的財産の管理

電気機械器具製造業においては、特許や商標などの知的財産が非常に重要な資産となります。企業を畳む際には、これらの知的財産の管理に細心の注意を払うことが必要です。例えば、特許権の失効や商標の権利侵害などが発生してしまうと、後々大きな問題につながることがあります。

また、知的財産の譲渡や売却などの手続きも、正確かつ適切に実施する必要があります。特に、他社とのライセンス契約を締結している場合は、契約内容を明確に把握しておくことが重要です。

2. 従業員の処遇

電気機械器具製造業においては、技術力やノウハウが企業の生命線となるため、従業員の処遇にも細心の注意が必要です。退職勧奨や強制解雇、賃金や退職金の未払いなどが発生すると、労働トラブルを引き起こす恐れがあります。

企業を畳む際には、従業員への誠実な対応が求められます。従業員に希望を聞くなどの状況調査や、リストラ後のキャリアアップ支援施策の検討などが必要となります。

3. ストックマケットの対応

上場企業である場合、企業を畳む際にはストックマーケットの情報開示や株式の処理などが必要になります。株価の暴落や情報の漏洩などが起こると、株主や投資家からのクレーム、訴訟リスクなどが生じることがあります。

企業が畳む場合、ストックマーケットに対する適切な対応が求められます。株主や投資家に十分な情報を提供し、その後の株式処理についても適切な手続きを実施することが必要です。

電気機械器具製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

電気機械器具製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由には、以下のようなものが挙げられます。

1.市場競合力の低下
現在の市場環境では、競合力を維持し続けることが非常に困難になっています。特に、高い製品品質と低コストで製造することが求められる市場では、競争がますます激化しています。このような状況においては、M&Aによって、競合力を維持することが可能になります。

2.市場変化の迅速な対応
市場は常に変化しています。新しい技術や製品が登場したり、競合他社の戦略が変化したりすることがあります。このような場合には、企業が迅速に対応することが求められます。M&Aによって、市場変化に迅速に対応し、新製品の開発や販売戦略の見直しなどを行うことが可能になります。

3.自社価値の最大化
M&Aによって、企業の自社価値を最大化することができます。たとえば、M&Aによって自社製品のラインナップを拡大したり、製造工程の見直しを行い、生産効率を改善することで、余剰資金や利益を増やすことが可能です。このような自社価値の最大化は、株主や従業員の利益にも直結することがあります。

以上、電気機械器具製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由について3つ紹介しました。しかし、M&Aは企業経営にとってリスクが伴うこともあります。十分な検討を行い、慎重な判断が必要です。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】奈良県河合町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】東京都東久留米市の企業が清算・廃業・倒産、会…
  3. 【2024年最新版】栃木県小山市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】佐賀県多久市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】兵庫県市川町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】大阪府岸和田市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  7. 【2024年最新版】新潟県弥彦村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】東京都国分寺市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
PAGE TOP