【2024年最新版】電気機械器具用プラスチック製品製造業(加工業を除く)の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

電気機械器具用プラスチック製品製造業(加工業を除く)の企業の倒産・廃業状況まとめ

2021年に入り、電気機械器具用プラスチック製品製造業界において倒産・廃業状況が増加している。業界全体で景気回復の兆しを見せながらも、コロナ禍の影響や人材不足といった問題が見え隠れし、一部の企業では経営悪化が深刻化している。

しかし、具体的な企業名を挙げることは避けることとなっており、その理由は、倒産・廃業した企業の多くが中小企業であることが挙げられる。中小企業は地域経済の根幹を担いながらも、存在感が薄く、情報共有が困難であるため、企業名を公表することは、地域経済や従業員の安全性に深刻な影響を及ぼすことが懸念される。

ただし、大手メーカーの中にも、一部の製品の生産を廃止し、海外拠点に移転するなど、業界の不透明感が高まっている。今後も電気機械器具用プラスチック製品製造業において、企業間の競争激化や事業の多角化による変革が予想される。各企業は、業界の動向や消費者ニーズをしっかり分析し、経営戦略を見直すことが求められている。

電気機械器具用プラスチック製品製造業(加工業を除く)の企業が清算する際の注意点 3選

1. 負債の処理に注意する
清算に際しては、負債の処理に注意が必要です。特に、借入金や未払いの資金調達費用、未払いの請求書など、現金流に大きな影響を与える可能性のある負債については、適切な処理が必要です。このためには、財務諸表や契約書など、企業の資産と負債を詳細に確認する必要があります。

2. 税金の処理に注意する
清算に伴い、所得税、法人税、消費税などの税金の処理も必要です。特に、消費税については、期限までに納付されているか、または納付される見通しはあるかなど、厳密な確認が必要です。また、法人税や所得税については、清算所得の算出や税務署への申告が必要です。

3. 従業員の処遇に注意する
清算に伴い、従業員の処遇についても注意が必要です。従業員の解雇や再就職の支援、退職給付や未払給与については、企業の責任で適切に処理する必要があります。また、労災や健康保険の適用など労働関係についても、後々問題が起こらないように細心の注意が必要です。

(例:株式会社エレクトロニクス)

電気機械器具用プラスチック製品製造業(加工業を除く)の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 製品の処分方法を適切に決定することが大切です。危険物や有害物質が含まれる製品は、環境に悪い影響を与えるため、処分方法を考慮する必要があります。

2. 廃業の手続きを適切に行うことが重要です。法律や税金など、廃業に関する規制や手続きがあるため、遵守することが必要です。

3. 従業員や取引先に対する配慮が必要です。廃業に伴い、従業員や取引先に影響が及ぶ場合があります。そのため、できる限り早く情報を開示し、配慮を行うことが大切です。

電気機械器具用プラスチック製品製造業(加工業を除く)の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 環境に配慮した廃棄物処理の実施
プラスチック製品製造業は廃棄物の発生があるため、会社を畳む際には環境に配慮した廃棄物処理が必要です。業者をしっかりと選定し、適切に処理するようにしましょう。

2. 従業員の保護措置の確認
会社を畳む際には、従業員に対する保護措置が必要です。例えば、職業病の予防や解雇者支援制度の確立など、従業員の安全を確保する措置を講じるようにしましょう。

3. 信頼できる情報の提供
会社を畳む際には、従業員や関係者に対して正確かつ適切な情報を提供することが必要です。不明確な情報や誤った情報を提供することで、混乱やトラブルの原因となる場合があるため、注意が必要です。

電気機械器具用プラスチック製品製造業(加工業を除く)の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 法規制の厳格化による需要減少

近年、環境・安全性・品質の観点から、電気機械器具用プラスチック製品の製造・使用に対しての法規制が厳格化しています。特に、官公庁や大手企業では、環境保護対策の一環として、プラスチックの使用削減が進んでいます。これにより、需要が減少する恐れがあります。

2. 競争激化による価格競争の激化

電気機械器具用プラスチック製品市場には、国内外の多数のメーカーが参入し、競争激化が進んでいます。特に、低コストでの製造が可能なアジア諸国からの進出が顕著であり、価格競争が激化しています。このため、収益が低下する可能性があります。

3. 事業拡大のためのキャッシュフロー確保

電気機械器具用プラスチック製品製造業は、国内外での市場拡大に向けた投資が必要となります。しかし、自社資金に限界がある場合は、M&Aによるキャッシュフロー確保が必要となる場合があります。また、M&Aにより、技術・ノウハウや販売網を取得することで、事業拡大が可能となる場合があります。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】栃木県鹿沼市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】長崎県小値賀町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  3. 【2024年最新版】香川県丸亀市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】機械器具設置工事業(昇降設備工事業を除く)の…
  5. 【2023年最新版】すし店の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前…
  6. 【2024年最新版】福岡県田川市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】集積回路製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  8. 【2024年最新版】佐賀県多久市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP