【2024年最新版】電気事務機械器具小売業(中古品を除く)の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

電気事務機械器具小売業(中古品を除く)の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年の消費傾向の変化により、電子機器の需要が高まっている一方で、家庭用の事務機器は需要が低下しています。このような中、電気事務機械器具小売業においても、競争が激化しており、倒産・廃業する企業も相次いでいます。

従来、大手家電量販店は事務機器も販売していましたが、各社がスマートフォンなどの電子機器に注力したため、家庭用の事務機器を扱わなくなり、専門家の需要が低くなっています。

また、新型コロナウイルスの影響もあり、企業のオフィスがリモートワークに移行したところも多く、事務機器の需要が減少しているといえます。

このような状況下、小規模な専門店が特化したサービスを提供することで、生き残りを図るところもありますが、それでも倒産・廃業する企業も少なくありません。

ただし、中古品を扱う企業については、需要があるようで、廃業や倒産するケースは少なく、中古品市場においては一定の需要が維持されているように見えます。

今後も電気事務機械器具小売業における競争は激化していくことが予想されます。企業は、ニーズを読み取り、顧客に選ばれるサービスを提供し、生き残りを図っていかなければならないでしょう。

電気事務機械器具小売業(中古品を除く)の企業が清算する際の注意点 3選

1. 棚卸資産の適正評価
電気事務機械器具小売業は在庫品の管理が重要です。清算の際には、在庫品を正確に評価することが必要です。そのためには、棚卸資産を適正な評価方法で評価する必要があります。実在するある電気事務機械器具小売業では、棚卸資産を評価するにあたり、適正な見積もり業者と契約することで、正確な評価を行っていました。

2. 債権債務の確認
清算に際して、債権債務の確認が欠かせません。これは、未払いの債権を回収し、未払いの債務を支払うことで、清算を円滑に進めるためです。ある電気事務機械器具小売業では、清算前に債権債務の確認を徹底的に行い、問題がないかどうかを確認し、円満な清算を実現しました。

3. 法令順守の徹底
清算に際しては、適切な手順を踏んで進めなければなりません。そのためには、法令を遵守することが最優先です。ある電気事務機械器具小売業では、清算前に法令順守を徹底することで、円滑な清算を実現しました。例えば、税金や社会保険料の滞納がないか確認し、問題がある場合には速やかに解決することで、困難な状況を回避しました。

電気事務機械器具小売業(中古品を除く)の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 顧客情報の処理:廃業する企業は、顧客情報の取り扱いに気を配る必要があります。顧客情報は、個人情報保護法に基づき厳格に管理しなければなりません。廃業する企業は、顧客に対して、個人情報の削除に関する手順を明確に説明し、適切な手続きを踏んで処理しなければなりません。

2. 資産の処分:企業が廃業する際には、資産を適切に処分する必要があります。例えば、不用な在庫や機械器具などは、出品して資金化することができます。また、廃棄物の処分についても、環境汚染を防ぐために注意が必要です。

3. 法的手続きの完了:廃業する企業は、法的手続きを完了させる必要があります。例えば、税務署への届出や納税義務の履行、社員への労働条件の履行、社会保険料の支払いなどがあります。これらの手続きが完了しなければ、企業は廃業できないため、事前に手続きをしっかりと把握し、進めることが大切です。

電気事務機械器具小売業(中古品を除く)の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 廃棄物処理に関するルールを確認すること
電気事務機械器具小売業には様々な廃棄物が発生するため、会社を畳む際には廃棄物処理に関するルールを確認することが必要です。例えば、フロンガスを含む冷媒を持つ冷蔵庫やエアコンなどは、特定の方法で処分しなければなりません。また、危険物である電池やプリンターのインクなども専門の処理業者に依頼する必要があります。

2. 商品の販売先に関する契約を確認すること
電気事務機械器具小売業は、製造業者から商品を仕入れ、販売することが一般的です。会社を畳む際には、商品の販売先に関する契約を確認することが重要となります。特に、買い取りや払い戻しが行われる契約は、畳む前に終了させなければなりません。

3. 法的な手続きを適切に行うこと
電気事務機械器具小売業を含め、会社を畳む場合には、様々な法的な手続きが必要になります。例えば、従業員の解雇手続きや、税金の申告などです。これらの手続きは正確に行わなければならず、誤った手続きが行われると、法的なトラブルに発展する可能性があります。

以上、電気事務機械器具小売業が会社を畳む際の注意点を3つ紹介しました。市場規模が縮小するなど状況によっては経営が厳しくなることもありますが、事前にしっかりとした準備を行うことが重要です。また、畳んだ後は、次の道を模索することも大切です。

電気事務機械器具小売業(中古品を除く)の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界の競争激化による経営難

電気事務機械器具小売業は、ネットショッピングの普及や新興企業の参入による競争激化が進んでいます。また、需要が急激に減少した場合、在庫の流通障害や価格崩壊などのリスクもあり得ます。そのため、経営の安定性が維持できなくなる場合があるため、M&Aで業務のリスクを回避することができます。

2. 業界の先行き不確定性

COVID-19の影響による企業の経済的打撃や、国内外の政策や法律改正による業界の変化により、経営に大きな影響が出る可能性があります。業界の先行きに不確定性がある場合、M&Aによってリスク分散を行うことで、企業の存続性を高めることができます。

3. 新たな事業領域の開拓

M&Aを機に新たな事業領域の開拓が可能になる場合があります。例えば、電気事務機械器具小売業がコンピュータ販売業を買収することで、IT事業に進出することができます。新しい事業領域に進出することで、新たな市場を開拓することができ、企業の成長性を高めることができます。

以上のように、電気事務機械器具小売業がM&Aに踏み切る場合には、業界の競争激化、先行き不確定性、新たな事業領域の開拓など、さまざまな理由があります。ただし、M&Aは企業にとって大きな変革をもたらすため、十分な検討が必要です。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】建設用粘土製品製造業の企業が清算・廃業・倒産…
  2. 【2024年最新版】沖縄県那覇市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】宮城県名取市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】高知県奈半利町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  5. 【2023年最新版】有線通信機械器具製造業の企業が清算・廃業・倒…
  6. 【2024年最新版】税理士事務所の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】長野県中川村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】石川県羽咋市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP