【2024年最新版】電子部品・デバイス・電子回路製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

電子部品・デバイス・電子回路製造業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、電子部品・デバイス・電子回路製造業の業界は急速な変化が進んでいます。グローバルな競争が激化し、呼びかけられる環境問題に大きな影響を受けています。このような中で、多くの企業が倒産・廃業に追い込まれています。

例えば、日本の大手電子部品メーカーである○○株式会社は、今年5月に経営破綻を宣言しました。長年にわたる激しい価格競争や、新たな市場拡大に対応できず、業績不振に陥っていたことが原因でした。

また、中国企業でも、大手電子回路メーカーの○○電子は、国内市場の競争が激化し、業績の悪化により、2021年6月に破たんしました。

さらに、米国企業の○○社も、新型コロナウイルスの影響を受け、業績悪化が続き、2020年12月に連邦倒産法の適用を申請しました。

このように、電子部品・デバイス・電子回路製造業界は激しく変化しており、多くの企業が苦しい状況に直面しています。グローバルな競争に対応し、環境問題に対応することが求められるなか、業界再編や事業の転換が進むことが予想されます。

電子部品・デバイス・電子回路製造業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 過去の負債と引き続き責任を負うこと
電子部品・デバイス・電子回路製造業の企業が清算する際には、過去の負債と引き続き責任を負うことが大切です。これは、電子部品・デバイス・電子回路製造に関する訴訟や不払いなど、今後もトラブルが発生する可能性があるためです。清算する際には、過去の負債に対する責任を明確にし、その対応策を確認する必要があります。

2. 従業員の保護と支払い
清算を行う際には、従業員の保護と支払いにも十分に注意する必要があります。従業員に対する賃金や退職金、社会保険料や育児休暇などの支払いについて、しっかりと対応する必要があります。また、従業員のセキュリティや個人情報保護にも十分配慮することが求められます。

3. 弁護士や税理士との相談
清算を行う際には、弁護士や税理士との相談が必要です。彼らは、企業の財務状況や法的問題に詳しい専門家であり、企業の権利や義務をしっかりと理解しています。また、清算の手続きや書類の作成など、法律に基づいたプロセスに詳しいため、相談をすることでスムーズな手続きができるようになります。

電子部品・デバイス・電子回路製造業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 知的財産権の管理を適切に行うこと
電子部品・デバイス・電子回路製造業では、特許権や商標権、意匠権などの知的財産権が重要な資産となっています。そのため、企業が廃業する際には、これらの知的財産権を適切に管理し、権利の消滅を防止することが必要です。具体的には、権利の維持に必要な手続きや期限を確認し、必要に応じて再登録や更新手続きを行うことが重要です。

2. 環境汚染防止等の法令遵守を徹底すること
電子部品・デバイス・電子回路製造業では、化学物質や有害物質を使用することが多いため、廃棄物の処理や環境保全に関する法令には十分に注意する必要があります。特に、廃業に伴って残された汚染物質の処理には注意が必要であり、地元自治体や関係機関との事前打ち合わせを行い、適切な方法で処分することが重要です。

3. 顧客や取引先との関係を適切に処理すること
廃業に伴っては、顧客や取引先との関係にも問題が生じることがあります。例えば、既に受注している製品の納品ができなくなる可能性があるため、契約内容を適切に処理することが必要です。また、サポートや保証などのアフターサービスに関しては、顧客に対して十分な情報提供を行い、解決策を提示することが重要です。取引先との関係を損ねることがないよう、十分な準備と配慮を行い廃業することが望まれます。

電子部品・デバイス・電子回路製造業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 廃棄物の処理に十分注意すること
電子部品・デバイス・電子回路製造業には、有害物質を含む廃棄物が多く発生します。企業が会社を畳む際には、廃棄物の処理に十分注意する必要があります。廃棄物を不適切に処理した場合、環境に悪影響を与えるだけでなく、罰金や訴訟問題にもつながる可能性があります。例えば、かつてアメリカの電子製造業者であった“Jabil Circuit”社は、不適切な廃棄物の処理で罰金を課せられました。

2. 従業員の待遇の確保に注意すること
会社を畳む場合には、従業員の待遇にも十分注意する必要があります。特にアメリカでは、連邦政府が定めた規則に則って従業員に適切な補償を行うことが求められます。例えば、かつてアメリカの大手半導体メーカーであった“Fairchild Semiconductor”社は、従業員に対する適切な補償を行わなかったことで、法的な問題に直面しました。

3. 債務や契約の解消に注意すること
会社を畳む場合には、債務や契約の解消にも十分注意する必要があります。債務整理を行わずに会社を畳んだ場合、債権者との問題に直面する可能性があります。また、契約を遵守しないまま会社を畳んだ場合、訴訟問題が発生する可能性があります。例えば、かつてアメリカの電子部品メーカーであった“General Instrument”社は、契約を履行しなかったことで、法的な問題に直面しました。

電子部品・デバイス・電子回路製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界の競争力が高まっているため

電子部品・デバイス・電子回路製造業の業界は、技術革新の進展に伴い、ますます競争力が高まっています。市場縮小や製品の価格競争、資金不足などの問題に直面することがあるため、M&Aによる業界再編が必要になることがあります。

2. 業界の急激な変化に対応できるようにするため

今後、市場や技術の変化が急速に進むことが予想されます。このような変化に対応するために、各企業は自社の強みを磨き、成長戦略を確立する必要があります。しかし、企業規模や技術革新力に不安を抱えている場合は、M&Aにより業界のトップ企業と経営統合をすることが検討されます。

3. 資金調達や人材獲得に向けた戦略に沿って

M&Aは、自社の資金調達策としても考えられます。業界のトップ企業である場合、より大きな資金力を持ち、業界内での存続や成長に向けた動きが可能になります。また、他社の技術力や人材を取得することもでき、自社の競争優位性を高めることができます。

以上の点から、電子部品・デバイス・電子回路製造業の企業は、M&Aを活用することで自社の競争力向上や成長戦略の確立につながると考えられます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】福島県矢祭町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】石川県宝達志水町の企業が清算・廃業・倒産、会…
  3. 【2024年最新版】広告制作業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  4. 【2024年最新版】兵庫県新温泉町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  5. 【2024年最新版】寝具類卸売業の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2023年最新版】北海道泊村の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  7. 【2024年最新版】鋳造装置製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  8. 【2024年最新版】北海道深川市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP