【2024年最新版】集積回路製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

集積回路製造業の企業の倒産・廃業状況まとめ

2021年には、集積回路製造業界でもいくつかの企業が倒産または廃業しています。主なものを以下にまとめます。

・国内の半導体メーカー:生産性の低下や需要の減少により、競争力を失って倒産した。

・半導体装置メーカー:コロナ禍の影響で業績が悪化し、倒産した。

・半導体部品メーカー:需要の急激な低下により、生産ラインを停止せざるを得なくなり、廃業した。

・半導体製品メーカー:海外からの競合企業の進出により、競争が激化し、経営が悪化した結果、倒産した。

これらの倒産・廃業は、激しい競争と需要の変化に直面する集積回路製造業界の厳しい現実を反映しています。

集積回路製造業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 社員の処遇について:清算に伴い社員の解雇が必要になる場合、適切な処遇を決定する必要があります。社員の労働契約に基づいて、違法な解雇を行わないように注意しましょう。

2. 取引先の対応について:清算により取引先に迷惑を掛けることになりますので、適切な対応が必要です。取引先との間で適切な協議を行い、迅速・公正な取引を行うよう心がけましょう。

3. 税務上の対応について:清算に伴い、法人税や消費税、相続税などの税金が発生する場合があります。適切な税務上の対応が必要となりますので、税務署との連絡や相談を行いましょう。

集積回路製造業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 環境汚染防止策の実施

集積回路製造業は、製造過程において多大な量の化学物質を使用するため、環境汚染が問題となることがあります。廃業に際しては、廃棄物処理や有害物質の安全な処分など、環境汚染を防ぐための措置の実施が必要です。また、製造工場や倉庫の解体に際しても、環境汚染を回避するために適切な措置を講じる必要があります。

2. 従業員の雇用維持および福利厚生の確保

廃業に際しては、従業員の雇用維持や再就職のための支援が求められます。業界が不況に陥っている場合や、他の競合企業が人員増加を行わない場合は、再就職先が限定的になることがあります。そのため、廃業企業では、従業員に対する福利厚生の充実や、再就職の支援プログラムを検討する必要があります。

3. パートナー企業の対応策の提示

集積回路製造業は、下請け業者を多数抱えています。これらの企業は、廃業企業の選択にかかわらず、突然の経営状況の変化に対応することが求められます。廃業企業は、パートナー企業に対し、経営状況の透明性の維持、引き継ぎ支援、影響範囲の提示など、適切な対応策を提示することが大切です。 以上のような注意点を踏まえて、集積回路製造業の廃業に際しては、環境、従業員、パートナー企業を守りながら、可能な限り円滑な手続きを行うように心がけましょう。

集積回路製造業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 知的財産の管理
集積回路製造業は多大な知的財産を保有しており、会社の畳み方によってはこれらの財産が損失したり、他社に利用されることがあるため、適切な知的財産の管理が必要です。

2. 従業員の扱い
会社を畳む際には、従業員の扱いに注意が必要です。従業員を正当に扱わないと、労働法違反になり、会社が訴訟を起こされる可能性があります。また、従業員に対して的確な情報提供を行い、適切な処遇を示すことも重要です。

3. 残債の処理
集積回路製造業には多額の債務がある場合があります。会社を畳む前には、債務処理をきちんと行い、債務を返済可能な範囲に収める必要があります。また、債権者に対して適切な対応を行い、信頼関係を損なわないようにすることも大切です。

集積回路製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 市場競争の激化
集積回路製造業は、技術の発展に伴い、市場競争が激化しています。新製品の開発や品質の向上に多大な投資が必要であり、これに対応するためには巨額の資金が必要です。そのため、M&Aにより優位性を確保し、競合他社との差別化を図ることが必要不可欠となっています。

2. 売上の不振や業績悪化
集積回路製造業は市場規模が大きく、多くの企業が競合しています。市場環境が変化すると、売上の不振や業績悪化が起こることがあります。こうした状況に直面した場合、M&Aにより再生を図ることが可能です。買い手企業が持つ技術や人材、販売チャネルなどを取り込むことで、業績の立て直しが期待できます。

3. 事業の新規参入と拡大
集積回路製造業は、急速に進化しています。新しい技術や製品の開発が求められる中、事業の拡大や新規参入が必要です。このような場合、M&Aにより新しい技術や製品を持つ会社を買収することができます。事業の拡大や新規参入により、企業価値の向上が期待できます。

以上、集積回路製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選をご紹介しました。企業の経営戦略に合わせて、M&Aが有用な手段となる場合があることを覚えておきましょう。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】埼玉県志木市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】福島県会津美里町の企業が清算・廃業・倒産、会…
  3. 【2024年最新版】航空機用原動機製造業の企業が清算・廃業・倒産…
  4. 【2024年最新版】千葉県長生村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】奈良県東吉野村の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  6. 【2024年最新版】事務用機械器具製造業の企業が清算・廃業・倒産…
  7. 【2024年最新版】精米・精麦業の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】医療用機械器具卸売業(歯科用機械器具を含む)…
PAGE TOP