【2024年最新版】陶磁器製置物製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

陶磁器製置物製造業の企業の倒産・廃業状況まとめ

陶磁器製造業においては、近年需要の低迷により多くの企業が困難な状況に置かれています。このため、倒産、廃業が相次いでいます。

陶磁器製造業では、製品の需要に大きく左右されます。消費者の消費傾向や海外市場の状況などが影響を及ぼし、需要が一時的に減少することがあるため、その影響を受ける企業も多いです。また、原材料価格の上昇や労働力の人件費なども問題となっており、業績悪化を招いている企業が目立っています。

このため、近年では多くの企業が倒産や廃業に至っています。特に中小規模の企業が影響を受けやすく、地方においては経済の下支えとなる企業が相次いで潰れると地域経済に悪影響を与えることとなります。

一方で、需要が高まった企業は新たに発展し、生産力を高めています。近年では陶磁器の注文生産やオンライン販売など、新しい販売手法が現れており、これらによって需要を取り戻す企業も現れています。

しばらくは厳しい状況が続く見込みですが、需要が回復することで陶磁器製造業界も再び発展することが期待されます。

陶磁器製置物製造業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 負債の精査が必要:清算に際しては、まず企業の負債を正確に把握することが必要です。ただ単に資産を売却しても、負債が多すぎる場合には清算がうまくいかないことがあります。

2. 従業員の処遇に注意:清算に伴い従業員を解雇する場合には、合法的な手続きが必要です。また、従業員の補償や雇用保険などに関する問題にも注意が必要です。

3. 法的手続きの遵守:清算には手続きが多岐にわたります。企業法や税法、労働法などに基づく手続きの遵守が不可欠です。また、不動産の処分や知的財産の引き継ぎなども、法的な手続きに基づいて行う必要があります。

陶磁器製置物製造業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 廃業に伴う法的手続きを遵守することが重要です。製造業者は、労働法・税法・経理法・倒産法など多岐に渡る法律・規則に準拠する必要があります。特に労働法に関しては、従業員の賃金・退職手当・雇用保険などの支払いや、解雇手続きなどが厳密に定められています。法令違反や従業員に対する不当な扱いは、企業の信用を失うだけでなく、それに関する訴訟なども発生するため注意が必要です。

2. 関係者に対するきちんとした対応が必要です。製造業者が廃業すると、従業員・取引先・顧客など、多くの人々に影響が及びます。不当な通知や手続きが行われなければ、混乱や不信感を引き起こすこともあります。そこで、関係者にきちんとした対応をして信頼を築き、責任ある企業として評価されるように努める必要があります。

3. 廃業後の処理にも気を配る必要があります。廃業後に残された設備・在庫・債務・不動産などの処理について、プロのアドバイスを受けることが重要です。例えば、適切な買い取り先を見つけたり、負債を優先的に処理するための手続きを進めたりすることができます。また、社員や社員の家族に対しては、次の就職先の斡旋や仕事の紹介、社員を引き継いでくれる企業とのコンタクトの取り方などをアドバイスしてもらうことができます。

陶磁器製置物製造業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 法的手続きの徹底

陶磁器製置物製造業の企業が会社を畳む際には、まず法的手続きの徹底が必要です。具体的には、株主総会の開催、清算人の選任、申請書類の作成・提出などが挙げられます。これらの手続きには時間とお金がかかるため、事前の準備が欠かせません。また、手続きが不備だと、後々トラブルに巻き込まれる可能性があるため、専門家のサポートを受けることをおすすめします。

2. 債務の整理

会社を畳む際には、債務の整理も欠かせません。債務を残したまま会社を畳むと、その後の事業活動に影響を与えるだけでなく、事業主自身の信用にも悪影響を与えることがあります。債務整理には、交渉や支払い計画の作成などが必要ですが、一人でやるのは難しいため、弁護士や司法書士のサポートを受けることをおすすめします。

3. 秘密漏洩・情報管理

会社を畳む際には、秘密漏洩や情報の管理も大切です。陶磁器製置物製造業は、独自の技術やデザインを持っていることが多いため、自社のノウハウが他社に漏れると、後々トラブルに巻き込まれる可能性があります。畳む前には、社員に対して情報漏洩の禁止や秘密保持の徹底を求めるとともに、社外に情報を漏らさないための対策を行うことが重要です。

陶磁器製置物製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界の競争激化と生産コストの増大
現代の陶磁器製造業界は、低価格帯の製品が主流となっており、多くの企業が安価な製品を提供することで市場を獲得しようとしています。しかし、このような市場競争は製造コストの増大を引き起こし、企業の利益を圧迫することがあります。このような場合、M&Aによる経営効率の改善や製品ラインアップの見直しなどを行うことで、企業の競争力を高めることができます。

2. 市場のグローバル化への対応
現代のビジネス環境は、グローバル化が進展するにつれ、企業は国内市場にとどまらず、世界中の市場で競争を行う必要があります。陶磁器製造業も例外ではありません。M&Aを通じて海外市場でのビジネスモデルやパートナーシップを確立することで、企業はグローバルな競争力を高めることができます。

3. 持続可能な企業成長のための戦略の実現
企業経営において、持続可能な成長を実現するための戦略が必要です。陶磁器製造業でも同じことが言えます。M&Aを通じて企業の規模拡大、生産プロセスの改善、開発力の向上など、企業成長のための基盤作りを行うことで、将来的な市場変化にも対応しやすい企業体質を構築することができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】医療・衛生用ゴム製品製造業の企業が清算・廃業…
  2. 【2024年最新版】鳥取県鳥取市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】光学機械用レンズ・プリズム製造業の企業が清算…
  4. 【2024年最新版】沖縄県金武町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】福島県中島村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】富山県高岡市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】高知県梼原町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】福島県泉崎村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP