【2024年最新版】附属装置製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

附属装置製造業の企業の倒産・廃業状況まとめ

2021年には、附属装置製造業の企業の倒産・廃業が相次いで報じられています。主な事例としては以下があります。

・東北地方に本社を置く附属装置製造業企業が、2021年1月に倒産しました。この企業は、自動車部品などを製造しており、新型コロナウイルス感染症の影響による業績悪化が原因とされています。

・関東地方に本社を置く附属装置製造業企業が、2021年2月に廃業しました。この企業は、医療機器や精密部品などを製造しており、長年にわたる不採算事業への対応が課題となっていました。

・西日本に本社を置く附属装置製造業企業が、2021年3月に倒産しました。この企業は、自動車部品や家電製品などを製造しており、新型コロナウイルス感染症の影響による受注減少や人手不足が原因とされています。

以上のように、附属装置製造業の企業でも、新型コロナウイルス感染症の影響などによる経営環境の変化が生じ、倒産・廃業に至る事例が見られています。

附属装置製造業の企業が清算する際の注意点 3選

附属装置製造業の企業が清算する際には、以下の3つの注意点があります。

1. 資産の正確な評価
附属装置製造業は機械や機器の製造や修理、販売を行っており、多額の資産を所有していることが多いため、清算にあたっては資産の正確な評価が必要です。特に、事業が停止してから数年が経過している場合や、設備や在庫が既に老朽化している場合は、評価に慎重を期す必要があります。

2. 債権債務の整理
附属装置製造業は、多くの場合、取引先や金融機関等への債務を抱えています。清算にあたっては債権債務の整理が必要であり、借入金の償還や債権の回収等を行うことが求められます。また、債権債務の整理には、プロのアドバイザーによるサポートが必要となることもあります。

3. 顧客や従業員のサポート
附属装置製造業は、顧客からの信頼や従業員の資質・技術力などが最大の資産となっています。清算にあたっては、顧客や従業員に対し、適切なサポートが必要となります。例えば、顧客には、製品や設備の引き継ぎや、修理やメンテナンスのサポートを行うことが求められます。また、従業員には、雇用の再就職先の紹介等が必要となることもあります。

以上のように、附属装置製造業が清算する際には、資産評価、債権債務整理、顧客や従業員のサポート等、様々な注意点があります。しかしながら、企業ごとに状況や課題は異なるため、清算にあたっては専門家の助言を受け、慎重に対応することが大切です。

附属装置製造業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 廃業の前に従業員に対する適切な処遇を行うことが重要です。これには、派遣元企業との協議や労働組合との交渉などが含まれます。

2. 廃業に伴い、顧客や取引先との契約解除や納品の引き受けなど、ビジネス上の手続きも必要です。これらを漏れなく実施しないと、法的トラブルやイメージ損失を招く可能性があります。

3. 廃業により、残った在庫や固定資産などを処分する必要があります。しかし、その際に環境汚染や廃棄物処理の問題が発生することもあるため、環境への配慮を忘れずに行うことが大切です。

附属装置製造業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

附属装置製造業に従事する企業が会社を畳む際には、いくつかの注意点があります。ここでは、実在する社名は出さずに、その注意点を3つ紹介します。

1. 借入金や未払いの請求を追いかける

会社を畳む時には、最初に借入金や未払いの請求を確認することが重要です。多くの場合、企業は債務を抱えたまま、突然倒産してしまいます。これは、経営者が債務を放置したり、問題を認識しても対処しなかったりしたためです。したがって、会社を畳む前に、借入金や未払いの請求書をしっかりと追いかけ、清算することが大切です。

2. スタッフには早めに報告する

次に、社員には早段階で異変を報告することが必要です。企業は、社員の安全性を図るためにも、畳む際にはスタッフに報告することが望ましいです。畳む予定があることを早めに伝えれば、社員が自分自身のキャリアを再構築する時間を確保することができます。また、スタッフには、必要に応じて指導や情報提供を行い、再就職するために有利な条件を整備することも大切です。

3. 事業譲渡や商品・サービスの売却を検討する

最後に、会社を畳む場合、事業譲渡や商品・サービスの売却などの選択肢も検討することが重要です。多くの場合、企業の業務には、その商品やサービスに関連する固定資産や設備が含まれます。畳む前に、これらの資産を評価し、事業譲渡や商品・サービスの売却などの選択肢を検討することで、企業が取り残されず、可能な限り回収できる価値を得ることができます。

以上が、附属装置製造業の企業が会社を畳む際に注意すべき3つのポイントです。企業は、これらのポイントに留意し、スムーズに畳むことができるように対処することが望まれます。

附属装置製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界の競争激化に対処するため
附属装置製造業の市場は非常に競争が激化しており、顧客からの価格要求が高まっています。このような状況では、収益率を維持することが困難になるため、M&Aを通じて競合他社と経営資源を共有することで、市場競争に対処するメリットがあります。

2. ビジネス拡大に必要なリソースを確保するため
附属装置製造業の企業が、新しい技術や製品を開発するためには膨大なリソースが必要です。もし自社だけでリソースを確保するのが難しい場合、M&Aを通じて、経営資源を保有する企業とのパートナーシップを構築することができます。これにより、製品・サービスの差別化を図り、ビジネス拡大を促進することができます。

3. 株主の価値最大化を実現するため
附属装置製造業の企業が、M&Aを通じて他社と経営資源を共有することによって、合併前に比べて企業規模が拡大し、業界での存在感が増すことができます。このような状況では、企業価値が最大化されることが期待されます。また、合併によって生まれるシナジー効果によって、経費削減や売り上げ増加などの効果が生じ、株主にとってもメリットがあると考えられます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】茨城県茨城町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】奈良県大和高田市の企業が清算・廃業・倒産、会…
  3. 【2023年最新版】綿・スフ・麻織物機械染色業の企業が清算・廃業…
  4. 【2024年最新版】長野県中川村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】東京都狛江市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】新潟県津南町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】大分県豊後大野市の企業が清算・廃業・倒産、会…
  8. 【2024年最新版】釣・はえ縄漁業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
PAGE TOP