【2024年最新版】銅・同合金鋳物製造業(ダイカストを除く)の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

銅・同合金鋳物製造業(ダイカストを除く)の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、銅や同合金鋳物製造業においては、国内需要の低迷や海外からの安価な輸入品の流入によって業界全体の生産量は減少傾向にある。このため、多くの企業が赤字経営に苦しみ、倒産や廃業に追い込まれる事例が相次いでいる。

しかしながら、倒産や廃業がそのまま業界の衰退につながるわけではない。いくつかの企業は、IoT技術や省エネ機能を持った製品の開発など、新たな分野に取り組みを見せている。また、産業廃棄物のリサイクルやリユースなど、地球環境に配慮した取り組みが進むなど、業界全体がニーズに合わせた技術革新が起こりつつある。

しかし、今後も倒産や廃業が発生することが予想されるため、業界全体がこれらの問題に対して適切な対応策を講じる必要がある。具体的には、国内市場の活性化や今後の需要の変化に柔軟に対応し、自社の特長を活かした高付加価値の製品開発に注力することが重要である。

銅・同合金鋳物製造業(ダイカストを除く)の企業が清算する際の注意点 3選

1. 廃棄物処理の適切な手順を確保する 
銅・同合金鋳物製造業は、多くの廃棄物を生み出す産業に属しています。廃棄物の処理においては、適切な手順を確保することが必要です。社名未公表の企業は、廃棄物処理においても偽装や不正操作が行われているという問題があります。そのため、清算をする際には、廃棄物処理に対しては特に注意が必要であり、適切な手順に基づいた処理を確保することが重要です。

2. 労働者に対する賠償責任の確認
清算する企業は、従業員に対する賃金や退職金、健康保険の未払いなど、労働者に対する賠償責任が生じる可能性があります。社名未公表の企業は、過去に従業員に対して賃金未払いや労働条件違反を行っていたという問題があります。清算をする際には、労働者に対する賠償責任があるかどうかを十分確認し、適切な処置を行うことが必要です。

3. 資産処分に注意する
銅・同合金鋳物製造業において、固定資産や棚卸資産が多く存在します。清算を行う際には、資産処分に十分注意する必要があります。社名未公表の企業では、資産を不正に処分し、その資産が従業員や債権者に返還されないという問題がありました。清算をする際には、適切な手順を踏んで資産処分を行い、債権者や従業員の権利を確保することが大切です。

銅・同合金鋳物製造業(ダイカストを除く)の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 環境対策に注意すること
銅・同合金鋳物製造業は、多くの場合、材料として銅や亜鉛などの金属を使用します。その生産過程で排出される廃棄物や水質汚染などが問題となることがあります。企業が廃業する際には、これらの環境対策に注意することが求められます。

2. 社員や地域社会への配慮
廃業する際には、社員や地域社会に対する配慮が必要です。社員に対しては、適切な解雇処理や再就職支援などを行うことが大切です。また、地域社会への影響を最小限に抑えるため、廃業の計画を事前に公表し、地域住民の理解を得ることも重要です。

3. 資産や知的財産の処理に注意すること
銅・同合金鋳物製造業には、多くの場合、製造設備や技術があります。これらの資産や知的財産は、適切な方法で処理する必要があります。廃業する企業は、これらの資産や知的財産を適切に処理し、自社の責任を果たすことが求められます。

銅・同合金鋳物製造業(ダイカストを除く)の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 資産の処分に注意する
銅・同合金鋳物製造業では、製品や原料となる銅や同合金など高価な資産を保有していることが多いため、会社を畳む際には資産の処分に注意が必要です。特に、処分方法を誤ると資産の価値が下がってしまい、最終的に損失を被ることになります。

2. 従業員の処遇に配慮する
会社を畳む際には、従業員の処遇にも配慮する必要があります。特に、当該業界では専門的な知識や技術を持った人材が多いため、従業員のリストラや退職金の支払いなどには十分な注意が必要です。

3. 取引先との対応に気を配る
銅・同合金鋳物製造業においては、取引先との関係が重要です。会社を畳む際には、取引先に対しても誠実な対応を心がけ、決算報告や契約の解除などについて事前に相談することが大切です。また、取引先との関係が円満に解決することで、今後の事業展開につながる可能性もあります。

銅・同合金鋳物製造業(ダイカストを除く)の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界の競争激化による経営の難化:近年、銅・同合金鋳物製造業界では海外企業との競争が激化しており、新興国からの価格競争も厳しさを増しています。これにより、会社の売上高や利益率が低下し、経営に苦しむ企業が増えています。このような状況下では、M&Aにより競合他社と統合し、経営基盤の強化を図ることが重要です。

2. 資源調達の難化:銅・同合金鋳物製造に必要な原材料は、銅をはじめとする非鉄金属や二次電池用鉱石などが含まれています。これらの資源は、本来の供給源である南米などからの輸入が途絶えた場合、業界全体に深刻な影響を与える可能性があります。M&Aにより、幅広い商品ラインナップや資源調達ルートの確保を目指すことが必要になるでしょう。

3. 人材確保の難化:鋳物製品の製造には高い技術力が必要であり、多くの技術者を抱える企業が多いことが特徴です。しかし、各企業とも技術者の定年退職や後継者不足が深刻化しており、今後これを解消するための対策が求められています。M&Aにより、人材交流や技術革新を促進することで、人材確保の安定化を目指す必要があるでしょう。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】福島県桑折町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】島根県安来市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】岡山県美作市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】鹿児島県南九州市の企業が清算・廃業・倒産、会…
  5. 【2024年最新版】京都府笠置町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】再生資源卸売業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  7. 【2024年最新版】静岡県磐田市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】人工骨材製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
PAGE TOP