【2024年最新版】鉄骨製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

鉄骨製造業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、鉄骨製造業界では、市場競争の激化や原材料の高騰などにより、業績不振に陥る企業が増加しています。特に、建設業界の景気後退や不動産市況の低迷が響き、受注状況が悪化したことが大きな原因となっています。

このような状況下で、多くの企業が倒産や廃業を余儀なくされています。具体的な例としては、長年にわたり鉄骨製造業を展開してきたA社が、経営不振に陥り、2021年にはついに倒産してしまいました。また、B社も同様の状況に直面し、2022年に廃業することとなりました。

さらに、厳しい経営環境となったため、業界内での企業の再編や事業の見直しなども進んでいます。例えば、C社は鉄鋼製品の製造に事業を拡大し、鉄骨製造から撤退することを決定しました。D社も同様に、鉄骨製造から住宅関連事業が中心の企業に転換することで事業展開を模索しています。

しかし、一方で、鉄骨製造業界は、建設需要の急速な回復や、中高層ビルなどの建設需要の拡大などにより、今後も市場拡大が期待されています。そのため、これまでのような厳しい経営環境を脱し、競争力の強い企業が生き残っていくことが求められています。

鉄骨製造業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 廃棄物処理の適切な手続きを行うこと
鉄骨製造には、溶接や塗装などの工程で廃棄物が発生します。これらの廃棄物は、法律に基づく適切な処理を行わなければなりません。したがって、企業は清算前に、廃棄物処理について詳細な調査を行い、適切な手続きを踏む必要があります。

2. 債権者への返済計画の策定
清算に際しては、企業が抱える債務を全て返済しなければなりません。しかし、資産が足りない場合、債権者への返済計画を策定することが必要になります。返済計画が遅れたり、返済が不可能となった場合は、裁判所から破産宣告を受ける可能性があります。

3. 残業代などの未払い給与の問題を解決すること
清算前に、企業は社員への未払い給与や残業代などの問題を解決しなければなりません。これらの問題が残っていると、清算後に訴訟などのトラブルが発生する可能性があります。したがって、企業は従業員に対して、適切な給与や賃金を支払うことが必要です。

鉄骨製造業の企業が廃業する際の注意点 3選

鉄骨製造業の企業が廃業する際には、以下の3点に注意する必要があります。

1. 環境汚染の防止

鉄骨製造業では、鋼材の切断や加工時に大量の粉塵が発生します。また、塗装工程などで使用される化学物質による環境汚染の問題もあります。そのため、廃業前には、環境汚染の防止のために適切な処理を行う必要があります。例えば、残った化学物質の処理や粉塵の除去を行うことで、周辺環境の汚染を防止することができます。

2. 廃棄物処理の適切な実施

廃業に伴って発生する廃棄物の処理についても注意が必要です。鉄骨製造業では、鉄くずや溶接材、塗装材などが発生します。これらの廃棄物を適切に処理せずに放置すると、周辺環境に悪影響を与えるだけでなく、違法廃棄物として罰金を受けることにもなります。そのため、廃棄物処理に関する法令を遵守し、適切な処理を行いましょう。

3. 人員の扱いについて

鉄骨製造業では、技術系の職種に従事する人員が多いため、廃業に伴い人員の扱いについても注意が必要です。例えば、今後就職先がなかなか見つからないといった状況に陥っている社員がいる場合には、適切なサポートを行う必要があります。社員の生計を考慮しつつ、円滑な廃業の手続きを行うことが求められます。

鉄骨製造業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

鉄骨製造業の企業が会社を畳む際には、以下の注意点に留意することが必要です。

1. 法的な手続きに注意する
会社を畳む際には、法的な手続きが必要になります。まずは、会社法や民事法などの関連法令を確認し、手続きに漏れがないようにすることが必要です。また、社員や顧客、取引先などの関係者にも十分な説明をし、トラブルを避けることが重要です。

2. 資産の処分に注意する
会社を畳む際には、資産の処分が必要になります。資産として、土地や建物、機械設備、在庫品、債権などがありますが、処分方法によっては損失が生じることもあります。適切な見積もりや評価を行い、不要な財産を早急に処分することで、損失を最小限にとどめることができます。

3. 全ての責任を受け止める
会社を畳む際には、最終的に全ての責任を負うことになります。社員や関係者に迷惑をかけてしまうこともありますが、企業は社会に責任を負う存在であるため、責任をしっかりと受け止めることが必要です。また、畳んだ後も、法人格が残り、管理責任や遺産相続、訴訟などの問題が生じる可能性があるため、法的なアドバイスを受けることも必要です。

以上のように、鉄骨製造業の企業が会社を畳む際には、法的な手続きや資産の処分、全ての責任を受け止めるなどの注意点に留意することが必要です。事前に専門家のアドバイスをしっかりと受けつつ、万全の体制で手続きを進めることが大切です。

鉄骨製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 競争激化による経営上の課題:鉄骨製造業の競合他社が増加し、市場環境が複雑化している場合、M&Aを通じて企業統合を行うことで、規模を拡大し競争力を高めることができます。

2. 技術的な進歩による業界の変化:最新技術によって大量生産化が進み、価格競争が激化する一方で、新規需要が生まれることもあります。このような時には、競合他社との合併や買収によって、先行者利益を確保し、業界の変化に対応することが求められます。

3. 経営の効率化や業績の向上による価値最大化:M&Aによる企業統合を行うことで、同じ業種である他社とのシナジー効果を生むことができ、経営効率化や業績の向上が期待できます。これにより、企業の価値最大化を図ることができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2023年最新版】酪農業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前…
  2. 【2024年最新版】北海道積丹町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】高知県大川村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】長野県麻績村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】沖縄県宮古島市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  6. 【2024年最新版】山梨県南部町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】北海道えりも町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  8. 【2024年最新版】電源ユニット・高周波ユニット・コントロールユ…
PAGE TOP