【2024年最新版】鉄骨系プレハブ住宅製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

鉄骨系プレハブ住宅製造業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、鉄骨系プレハブ住宅製造業界では、市場競争の激化や建築基準法改正による規制強化などの影響により、企業の倒産や廃業が相次いでいる。

一部の企業は、販路の拡大や製品の特徴化などの対策を講じて、業績を維持しているものの、一方で、価格競争に巻き込まれ、受注額の低下や収益性の悪化が顕著な状況に陥っている企業もある。

また、異業種から参入してきた企業や、技術的なノウハウが不足している企業は、設計・施工の不備や品質不良によりクレームが発生し、信用失墜や法的なトラブルに見舞われる事態も発生している。

こうした状況により、一部の企業は、生産設備の更新や工程の見直し、仕入れ原価の減少などのコスト削減策を行って、事業の再建に取り組んでいるものの、経営環境の不透明感や労働力不足などの課題に直面している。

現在、鉄骨系プレハブ住宅製造業界では、新たな技術の導入や商品の差別化を図ることで、業界全体の発展を目指す取り組みが進められている。しかし、企業の存続や業績改善には、各企業が自らのビジネスモデルの見直しや成長戦略の策定を行うことが必要不可欠だと言える。

鉄骨系プレハブ住宅製造業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 負債の整理
鉄骨系プレハブ住宅製造業は資本集約的な産業であり、多大な負債を抱えることがあります。清算する場合には、まず負債の整理を行うことが必要不可欠です。未払いの請求や借入金、社員の給与、社会保険料などの負債を整理し、優先して支払わなければいけないものから精算していくことが大切です。

2. 権利義務の移転
鉄骨系プレハブ住宅製造業は、建設業法に基づく建築物の設計・施工に関する許認可が必要です。清算する場合には、設計・施工に関する業務の権利義務をどのように移転するかが問題となります。不動産や設備の所有者との契約の解除・移転など、法的な手続きが必要となるため、適切に対応することが重要です。

3. 従業員の処遇
鉄骨系プレハブ住宅製造業は、多くの従業員を抱えています。清算する場合には、従業員の処遇にも注意が必要です。従業員の退職勧奨、解雇、雇用契約の解除などが必要となる場合があります。当然ながら、従業員の法的保護があるため、適切な手続きを行うことが大切です。

鉄骨系プレハブ住宅製造業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 資産の処分方法について
鉄骨系プレハブ住宅製造業の企業は、大きな施設や機器を保有していることが多く、これらの資産の処分方法については注意が必要です。資産の売却やリース運用など、最も効率的な方法を選択する必要があります。

2. 社員の再就職支援
廃業する企業は、社員の再就職支援にも力を入れることが重要です。職業紹介所との連携や、求人情報の提供、面接のサポートなどを行い、社員のスムーズな再就職を支援することが求められます。

3. 借入金の返済計画の策定
廃業する企業は、借入金の返済計画を策定する必要があります。これには、廃業に伴い発生する費用の確認や、残りの借入金の整理、返済にあたる資源の確保などが含まれます。最悪の場合、借入金の返済が滞ってしまうと、借入金の担保となっている不動産などの資産が処分されることも考えられます。

鉄骨系プレハブ住宅製造業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 財務状況の確認:鉄骨系プレハブ住宅製造業は大きな投資が必要であり、事業の拡大には多くの資金が必要です。会社を畳む際には、まず財務状況を確認し、資産や負債、キャッシュフローなどを正確に評価することが重要です。社名を出さないものの、例えば数年前に経営破綻した鉄骨系プレハブ住宅製造業は、財務状況が悪化し、資金調達ができなくなってしまったことが一因となっています。

2. 法的手続きの遵守:会社を畳む際には、様々な法的手続きが必要になります。例えば、従業員の解雇や労働契約の解除、債権者との交渉、会社の清算手続きなどです。これらの手続きを遵守することで、トラブルや訴訟などのリスクを回避することができます。また、適切な顧問弁護士や会計士を選ぶことも重要です。社名を出さないものの、不適切な法的手続きを行ったことが原因で、クレームや訴訟問題が発生し、経営破綻した事例もあります。

3. 従業員への対応:鉄骨系プレハブ住宅製造業は労働力集約的な産業であり、多くの従業員を抱えています。会社を畳む際には、従業員への対応が非常に重要です。従業員の解雇や賃金未払いなど、不適切な対応をした場合、労働組合や労働基準監督署などからのクレームや訴訟問題が発生することがあります。従業員を大切にし、公正かつ適切な対応をすることが、会社を畳む際の重要なポイントとなります。社名を出さないものの、数年前に経営破綻した鉄骨系プレハブ住宅製造業は、従業員への対応が不十分であったことが一因となっています。

鉄骨系プレハブ住宅製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 経営リスクの軽減:市場環境が変化し、経営不安がある場合、M&Aで会社を売却することでリスクを軽減できます。

2. 資金調達:新たな投資家や資金提供者を引き付けることができ、事業拡大や技術開発などに必要な資金調達に役立ちます。

3. 市場参入の促進:M&Aで会社を売却することで、新たな市場に参入し、事業を拡大することができます。これにより、競争力を高めることができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】広島県東広島市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  2. 【2024年最新版】建築設計業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  3. 【2024年最新版】富山県上市町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】山形県遊佐町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】福島県三春町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】代理商,仲立業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  7. 【2023年最新版】北海道苫前町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】織物製・ニット製寝着類製造業の企業が清算・廃…
PAGE TOP