【2024年最新版】鉄骨工事業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

鉄骨工事業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、鉄骨工事業界では厳しい業界環境の中で多くの企業が倒産や廃業に追い込まれている。その理由は、建設市場自体が縮小していることに加え、競合の激化や原材料価格の高騰、人手不足などが挙げられる。

具体的には、東日本大震災以降の復興需要によって一時期は業績が向上していたが、その後は景気低迷や不況などで受注量が減少し、経営に苦しむ企業が多くなっている。

また、技術力が求められる分野であるため、人手不足も深刻な課題となっている。特に、若手の育成や技術者の定着が難しいことが問題視されている。

これらの理由により、鉄骨工事業界では倒産や廃業の企業が相次いでいる。その影響は業界全体に及び、市場競争の激化や価格競争の激しさなどが生じている。

ただし、一方で需要の変化や社会的要請に応じて、新しい技術やサービスを取り入れた企業は成長を続けている。そのため、鉄骨工事業界においても、生き残るための戦略の見直しや新たなビジネスモデルの構築が求められていると言える。

鉄骨工事業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 借入金返済額の確認:鉄骨工事業では、大きな借入金が必要となることがあります。清算する前に、返済する必要のある借入金が残っていないかを確認することが大切です。

2. 確定申告の手続き:清算するにあたって、確定申告の手続きが必要です。納税義務が残っている場合には、納税する必要がありますので、確定申告の手続きには十分に注意しましょう。

3. 残債務の処理:清算した場合に、残債務が残る場合があります。この場合には、残債務を処理するための手続きが必要となります。残債務がある場合には、債権者との交渉や支払い計画の立て方など、専門家の助けを借りることが大切です。

鉄骨工事業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 許可や届出を確認する
鉄骨工事業は建築工事に関わるものであり、建設業法や建築基準法に基づく許可や届出が必要です。廃業前にこれらが完了しているかを確認し、問題があれば対応する必要があります。

2. 建築構造物の安全確保
鉄骨工事業は建築構造物の安全に深く関わるものであり、廃業によって未完了の工事や保守・点検ができなくなると、建築物の安全に問題が生じる可能性があります。廃業前に未完了の工事や保守・点検があれば、後任者を見つけるなど対応する必要があります。

3. 法律的責任の明確化
鉄骨工事業には多くの法的責任が伴います。特に、建築事故が発生した場合や、約束通りに工事を完了しなかった場合は、法的責任を問われる可能性があります。廃業前にこれらの責任を明確化し、必要に応じて法的手続きを行うことが大切です。

鉄骨工事業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

鉄骨工事業の企業が会社を畳む際には、慎重な準備と適切な手続きが必要です。以下は、注意点の3つの例です。

1. 法的手続きを完了する

鉄骨工事業の企業が会社を畳む際には、法的手続きを完了する必要があります。これには、税務署や商工会議所、社会保険庁などへの報告が含まれます。また、従業員の解雇についても、適切な手続きを踏む必要があります。

2. 債権者への対応を進める

鉄骨工事業の企業が会社を畳む場合、債権者への対応が重要です。債権者が残りの資産を差し押さえることがないよう、迅速な連絡と交渉が必要です。また、従業員やお客様にも適切な連絡を行うことが大切です。

3. 適切なアドバイスを求める

鉄骨工事業の企業が会社を畳む場合、適切なアドバイスを受けることが必要です。弁護士や会計士などの専門家に相談し、会社の解散方法や財産分割などに関するアドバイスを受けましょう。これにより、不要なトラブルを回避することができます。

以上、鉄骨工事業の企業が会社を畳む際には、法的手続きの完了、債権者への対応、適切なアドバイスの受け取りが重要です。ただし、個々の状況に応じて適切な対応が求められます。あくまでも一般的な注意点として参考にしてください。

鉄骨工事業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

鉄骨工事業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由には、以下の3つがあげられます。

1. ビジネスの拡大・成長のため

需要が拡大している市場に進出し、新しい事業チャンスを追求する必要がある場合には、M&Aが有効な手段となります。M&Aを通じて、自社の事業領域を拡大し、新しい技術やノウハウを取り込むことができます。また、顧客リストが重複している場合にも、M&Aによって市場の拡大や顧客層の幅を広げることができます。

2. 経営上の課題解決のため

会社経営における課題は、どの企業でもあるものです。例えば、従業員不足やキャッシュフロー問題などが挙げられます。こういった課題を解決するために、M&Aは有効な手段のひとつとなります。M&Aを通じて、人材や資金調達などの問題を解決できることがあります。

3. 株主価値の最大化のため

株主価値の最大化を目指すためには、M&Aが最適な手段となることがあります。M&Aによって、事業拡大やシナジー効果などの成果を上げれば、企業の株価が上昇し、株主にとっての利益が増大することがあります。

以上の理由から、鉄骨工事業の企業がM&Aで会社を売却することが求められる場合があります。しかし、M&Aにはデメリットもあるため、十分な検討を重ねた上で、決める必要があります。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】富山県朝日町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】兵庫県加古川市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  3. 【2024年最新版】長野県松川村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】東京都中央区の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】埼玉県本庄市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】愛知県東海市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】バッティング・テニス練習場の企業が清算・廃業…
  8. 【2024年最新版】福島県白河市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP