【2024年最新版】鉄鋼粗製品卸売業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

鉄鋼粗製品卸売業の企業の倒産・廃業状況まとめ

2021年現在、鉄鋼粗製品卸売業の業界においては、競争が激しく、業績悪化に伴う倒産や廃業が相次いでいる状況が見受けられる。その主な要因としては、原材料価格の高騰や需要不足、さらには輸入品との価格競争などが挙げられる。

具体的には、ある一社は2020年に財務悪化により、債務超過の状況に陥り、翌年倒産。また、ある企業は、大規模な設備投資により、過剰な設備稼働が災いして、利益率が低下するとともに、負債が膨れ上がり、経営悪化に陥って廃業せざるを得なかった。

一方で、需要の高まりを見据えて、業界には新たに参入する企業も多くあり、業界全体としては、縮小基調にはあるが、今後の成長に期待する声もある。

その中で、業界トップクラスの企業は厳しい価格競争に勝ち抜くため、自社の生産施設を省力化し、さらには多品種少量生産に対応するなど、生産性の向上を進めている。また、低炭素化への取り組みや高品質製品の提供など、新たな価値創造にも力を注いでいる。

そのため、今後も鉄鋼粗製品卸売業界には激しい競争が続くことが予想される。しかし、技術革新や環境対応など、新しい価値を創造する企業が生き残り、業界全体として長期的に成長することが期待される。

鉄鋼粗製品卸売業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 負債の整理
鉄鋼粗製品卸売業は、原材料費が高く、製品の在庫管理も困難であるため、負債が膨らみがちです。清算を行う際には、負債の整理が必要となります。具体的には、借入金の返済計画の策定や、債権者との交渉が必要です。

2. 在庫の処分
鉄鋼粗製品卸売業は、製品の在庫管理が困難であるため、在庫が膨らんでしまうことがあります。清算を行う際には、在庫の処分が必要となります。具体的には、在庫の売却や、廃棄処分が考えられます。

3. 税務上の問題
鉄鋼粗製品卸売業の清算を行う際には、税務上の問題も避けては通れません。具体的には、法人税、消費税、源泉所得税、法定外の退職給付など、清算に伴って発生する税金について、適切な処理を行わなければなりません。

鉄鋼粗製品卸売業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 環境基準の遵守:鉄鋼粗製品卸売業は、製品の生産や販売に伴う環境汚染が懸念されます。廃業する際には、環境基準を遵守し、公的機関の規制や許可を取得することが必要です。

2. 労働法規の遵守:廃業する際には、従業員の解雇や賃金の未払いなど、労働法規に違反しないように注意する必要があります。また、従業員に対して適切な通知を行い、退職金や失業手当の支払いについても適切に処理することが必要です。

3. 設備の処分:鉄鋼粗製品卸売業は、様々な設備が必要とされます。廃業する際には、これらの設備の処分についても注意が必要です。特に、環境汚染のリスクがある設備や廃棄物は、法律に従って適切に処理しなければなりません。

鉄鋼粗製品卸売業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 従業員への適切な対応

鉄鋼粗製品卸売業の企業が会社を畳む際には、従業員への適切な対応が非常に重要です。従業員たちは長年にわたって企業の発展に貢献してきた存在ですので、異動や解雇を余儀なくされる場合でも、礼儀正しい対応が求められます。具体的には、事前に従業員たちに異動や解雇の可能性を伝え、適切な見送りや賞与の支払いを行うことが必要です。

2. 顧客との誠実な対応

鉄鋼粗製品卸売業の企業が会社を畳む際には、顧客との誠実な対応が不可欠です。企業は長年にわたって顧客と信頼関係を築いてきた場合も少なくありませんが、畳む際にはそれらの信頼関係を失わないような対応が大切です。具体的には、畳む直前まできちんと取引を行い、畳んだ後も顧客へのアフターフォローを継続することが求められます。

3. 法律上の手続きの遵守

鉄鋼粗製品卸売業の企業が会社を畳む場合には、必ず法律上の手続きを遵守することが重要です。具体的には、会社解散届出、会社債務の清算、株主総会の開催や議決などが法律で義務付けられています。これらの手続きを適切に実施することで、企業の畳み方に関してトラブルが生じることを回避することができます。

鉄鋼粗製品卸売業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界の競争激化による利益の減少:鉄鋼粗製品卸売業界は、世界中の企業と競合することになります。最近は中国、韓国、台湾などからの輸入品が急増しています。そのため、会社がM&Aを選択することで、経営資源を統合し、競争に勝つことができます。

2. 防衛力の増強:大口顧客が少なく、購入価格の交渉能力が低いため、鉄鋼粗製品分野の卸売業者にはリスクがあります。市場主導企業や飲料会社などの顧客がM&Aに関与している場合、顧客に忠実であることが企業にとってリスクを軽減するために重要です。

3. 売却料金:M&Aは、特に鉄鋼粗製品卸売業界の企業にとって、総合利益を向上させるための手法です。M&Aが成功すれば、会社は自社製品ラインを拡大し、増収と利益の増加を達成することができます。また、M&Aによって得られた売却料は、今後の成長戦略に役立てることができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】荒物小売業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  2. 【2024年最新版】兵庫県高砂市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】半導体素子製造業(光電変換素子を除く)の企業…
  4. 【2023年最新版】かばん・袋物卸売業の企業が清算・廃業・倒産、…
  5. 【2024年最新版】製版業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前…
  6. 【2023年最新版】和歌山県那智勝浦町の企業が清算・廃業・倒産、…
  7. 【2024年最新版】鳥取県伯耆町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】沖縄県恩納村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP