【2024年最新版】鉄鋼業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

鉄鋼業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、鉄鋼業界での企業の倒産・廃業が増加している。その原因は、世界的な鉄鋼の生産過剰による価格低下や、中国など新興国からの輸入品の増加による競争激化などが挙げられる。

日本国内でも、鉄鋼大手の中でも不採算事業の整理や事業再編が進んでいる。また、中小企業は海外からの輸入品の影響を受けて売上が激減し、経営状況が悪化しているケースが多い。

こうした背景のもと、近年、以下のような企業の倒産・廃業が相次いでいる。

・群馬県にあった鉄鋼メーカー「X社」は、資金繰りの悪化から経営破綻し、2019年12月に破産手続きを開始した。

・千葉県にある「Y工業」は、鉄鋼製品の受注不振による業績悪化から、2018年10月に事業を停止した。

・長野県にある「Z鋼管」は、景気減速や防衛関連需要の減少による設備や資金の投資が追いつかず、2020年3月に事業を停止した。

鉄鋼業界は世界的な価格低下や競争激化が続いているため、今後も倒産・廃業が発生する可能性がある。しかし、新技術の導入や独自の生産システムの構築など、企業ごとの戦略次第で生き残りが可能となる。

鉄鋼業の企業が清算する際の注意点 3選

鉄鋼業の企業が清算する際には、以下の点に注意する必要があります。

1. 借入金の処理

鉄鋼業界は大規模な設備投資や原材料の高価格化によって、多額の借入金を抱えているケースがあります。そのため、清算プロセスにおいては、優先的に借入金の返済を行い、残余分を株主に分配することが必要となります。しかし、返済が難しい場合には、民事再生法や会社更生法などの手続きを利用することも考慮する必要があるでしょう。

2. 労働者の問題

鉄鋼業界は、労働集約的な業界であり、多数の労働者を抱えています。清算する場合には、従業員の権利を考慮することが必要です。従業員の雇用の維持や受け渡しがスムーズに行われるよう、適切なアプローチを行うことが大切です。また、関連法令の遵守や雇用契約の遵守などを徹底することも重要です。

3. 流動資産の処理

清算する際には、不動産や機械設備などの固定資産だけでなく、流動資産の処理も注意が必要です。現金や預金、短期投資などの流動資産も、返済処理や経費精算、償却費の算出などが必要となります。また、棚卸資産の管理や売却処理もスムーズに行うことが必要です。流動資産の適切な処理が行われないと、清算手続きが遅延する可能性が高くなります。

以上のように、鉄鋼業界の企業が清算する際には、多くの注意点が存在します。業界の特性を踏まえた適切な手続きを行い、スムーズな清算プロセスを進めることが重要です。

鉄鋼業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 環境負荷の問題に配慮することが重要です。鉄鋼業は大量の排出物や廃棄物が発生するため、廃業する企業は周辺の自然環境への影響について考慮する必要があります。例えば、地下水に影響を与える恐れがある場合は、地下水の監視や浄化装置を設置することが求められます。

2. 従業員の安全を確保することも大切です。鉄鋼業は危険物質を扱うため、廃業する企業は従業員の安全についても十分な対策を講じる必要があります。例えば、危険物質の適切な処理や撤去方法を確認し、従業員に安全な作業手順を示すことが必要です。

3. 公正な対応を心がけることも重要です。廃業する企業は製品や設備、土地や建物などを処分する必要がありますが、その際には公正な方法で行うことが求められます。例えば、評価額をきちんと算定し、市場価格に沿って売却することが重要です。また、従業員や地元の関係者に対しても、廃業の理由や処分方法についてしっかりと説明することが求められます。

鉄鋼業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 従業員の処遇に注意すること:従業員には、可能な限り多くの情報を提供し、最終決定が下される前に十分な時間を与えることが重要です。また、退職金や福利厚生の支払いについても遅れることなく行うことが望ましいでしょう。

2. 債務整理について検討すること:事業継続の見通しが立たない場合には、債務整理を行うことが必要になることがあります。この際には、借入金や金融機関との交渉を行い、返済計画をまとめることが大切です。

3. 環境汚染対策を確認すること:鉄鋼業は、環境汚染を引き起こす可能性がある重要産業の一つです。会社を畳む際には、環境汚染対策に十分な配慮をすることが求められます。具体的には、廃棄物の処理や清掃作業などを適切に行い、環境への負荷を最小限に抑えるように努めることが必要です。

鉄鋼業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 経営上の困難:鉄鋼業は、需要と供給の変動によって大きく影響されます。産業全体が景気の波に乗ることが多いため、企業の経営には大きなリスクが伴います。会社が財務的に苦しい場合、他の企業に売却した方が経営継続の可能性が高くなります。

2. 業界の再編:鉄鋼業は、世界中で合併・買収が進んでいます。市場における競争の激化や、グローバル化によって、企業は新たな成長戦略を模索する必要があります。業界再編は、これまでにない規模の独占的地位を築くことができる可能性があるため、M&Aも珍しくありません。

3. 技術の進歩:近年、鉄鋼業界においては、新しい技術が次々に登場しています。これらの技術によって、企業が生産効率を向上させるために必要な投資額が大幅に削減される可能性があります。また、事業を売却することで、業界における新しい技術の導入にも投資することができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】果実酒製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】神奈川県伊勢原市の企業が清算・廃業・倒産、会…
  3. 【2024年最新版】各種商品卸売業(従業者が常時人以上のもの)の…
  4. 【2024年最新版】石油卸売業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  5. 【2024年最新版】東京都江東区の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】大分県杵築市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】栃木県下野市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】岐阜県神戸町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP