【2024年最新版】鉄鋼一次製品卸売業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

鉄鋼一次製品卸売業の企業の倒産・廃業状況まとめ

2020年以降、鉄鋼一次製品卸売業界では複数の企業が倒産・廃業する事態が発生しています。

まず、2020年6月には、総合鉄工所を運営するA社が財務状況の悪化により倒産。業績不振に伴う設備更新や経費削減が十分に行われておらず、経営不振が続いたことが主な原因とされています。

また、2021年3月には、長年にわたり鉄鋼製品の取り扱いを行ってきたB社が廃業したことが報じられました。同社は、コロナ禍による景気の悪化や中国産品との競争激化により、取引先からの受注量が減少していたとされています。

更に、2021年7月には、大手鉄鋼メーカーとの取引を担っていたC社が財務状況の悪化により倒産しました。同社は、鉄鋼市場の価格低迷やコロナ禍による業績不振が直接的な原因とされています。

このように、鉄鋼一次製品卸売業界では、業界全体に影響を及ぼす大手企業から中小の倒産・廃業まで幅広い問題が発生しており、業界全体の再生を促す施策が求められています。

鉄鋼一次製品卸売業の企業が清算する際の注意点 3選

鉄鋼一次製品卸売業の企業が清算する際には、以下の3つの注意点があります。

1. 債務整理の適用を検討すること

清算する際には、債務整理の適用を検討することが大切です。債務整理とは、企業の問題解決のために債務を整理する方法であり、法律的手続きを経て返済計画を作成することができます。債務整理を行うことで、債務超過や法人税などの問題を解決し、企業を再生することができます。

2. 資産の評価を正確に行うこと

清算する際には、資産の評価を正確に行うことが必要です。鉄鋼一次製品卸売業の企業は、製品の在庫や生産設備、土地や建物などの資産を保有しています。これらの資産を正確に評価することで、清算時に適正な金額で売却することができます。

3. 債権者との交渉を適切に行うこと

清算する際には、債権者との交渉を適切に行うことが必要です。鉄鋼一次製品卸売業の企業が清算する場合、債権者からの返済請求が発生する可能性があります。この場合、債権者との交渉を適切に行い、返済計画を策定することが重要です。

以上のように、鉄鋼一次製品卸売業の企業が清算する際には、債務整理の適用を検討し、資産の評価を正確に行い、債権者との交渉を適切に行うことが大切です。これにより、スムーズな清算を行うことができます。

鉄鋼一次製品卸売業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 環境汚染対策の確認 – 鉄鋼業界は多大な環境負荷を持っています。廃業する企業は、環境保全に関する規制や法律に従い、事業終了前に環境対策を十分に実施する必要があります。

2. 従業員の処遇に注意 – 廃業する企業には多数の従業員がいます。事業終了に伴って、従業員の処遇についても慎重に考慮する必要があります。最低限の労働法や規制に従い、適切な手続きを踏んで、従業員が不当に不利益を被らないようにすることが重要です。

3. 資産の処理と引継ぎに関する手続き – 廃業する企業は多額の固定資産を有しています。事業の引継ぎ先を確定し、不用な資産の処分、供与、譲渡等を適切に実施する必要があります。特に、廃棄物や有害物質等については、適切な処分方法を確保することが必要です。

鉄鋼一次製品卸売業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 借入金の返済計画を立てる
鉄鋼一次製品卸売業は大きな設備投資が必要となるため、多くの場合、借入金が発生しています。会社を畳む際には、借入金の返済を見据えた計画を立てることが重要です。借入金が残っているまま会社を畳んでしまうと、後々まで借入金の返済に悩まされることになりかねません。

2. 社員への対応を考える
会社を畳むということは、社員との雇用関係も断たれることを意味します。社員に対しては、早期に退職金や解雇通知などの手続きを行い、適切な対応をすることが求められます。また、社員の今後の就職先についてのサポートも行うことが望ましいでしょう。

3. 時期や条件に注意する
会社を畳む際には、時期や条件にも注意する必要があります。たとえば、景気の悪い時期に会社を畳んでしまうと、資産売却が難しくなる可能性があります。また、社員の解雇条件や退職金の支払い条件なども、事前に詳しく確認しておくことが大切です。

鉄鋼一次製品卸売業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

鉄鋼一次製品卸売業の企業がM&Aで会社を売却する理由は以下の3つです。

1. 巨額の資金調達が必要な場合

鉄鋼一次製品卸売業の企業は、大きな資本投資が必要なことがあります。例えば、現代的な生産設備や貯蔵施設の整備、自社製品の研究開発等には多くの費用がかかります。このような場合、M&Aを通じて他社と合併することで、資金調達を行いながら業績を向上させることができます。

2. 業績や市場競争力の向上が見込める場合

鉄鋼一次製品卸売業の企業は、市場競争が激化しています。そのため、他社との合併や買収を通じて、製品ラインナップの拡大や生産技術の向上、営業網の拡大等を実現することで、より強い市場競争力を獲得することができます。また、業績の向上が見込める場合には、株主の価値を向上させることができます。

3. リスクを回避するため

鉄鋼一次製品卸売業の企業は、市場の供給過剰や経済の先行き不透明性等の変動リスクを抱えています。そのため、他社との合併や買収を通じて、さまざまなリスクに対処することができます。また、国内市場だけでなく、海外市場に進出することで、リスク分散を図ることができます。

以上のように、鉄鋼一次製品卸売業の企業がM&Aで会社を売却する理由は、業績の向上やリスク回避だけでなく、資金調達が必要な場合もあります。企業がM&Aを検討する際には、各社の戦略や成長潜在力を緻密に分析し、最適な合併・買収先を見つけることが重要です。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】兵庫県稲美町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】印刷物加工業の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】愛知県東郷町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】新潟県燕市の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  5. 【2024年最新版】北海道興部町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】外衣・シャツ製造業の企業が清算・廃業・倒産、…
  7. 【2024年最新版】製糸業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前…
  8. 【2024年最新版】佐賀県嬉野市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP