【2024年最新版】配電盤・電力制御装置製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

配電盤・電力制御装置製造業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、配電盤・電力制御装置製造業では、激しい競争や市場環境の変化により多くの企業が倒産または廃業しています。

とくに、大手企業の経営難や急速な技術革新に遅れた中小企業の影響を受けて、市場が縮小している傾向があります。また、需要の減少や人材の流出、原材料価格の上昇も大きな課題となっています。

一方で、環境やエネルギー政策の変化に伴い、再生可能エネルギーに対する需要は増加傾向にあり、その需要に応えた製品開発が求められています。

こうした中、企業の生き残り策としては、長期的な視野での事業戦略の見直しや人材育成、技術革新や海外進出などが挙げられます。

今後も、配電盤・電力制御装置製造業の市場環境は厳しさを増していくため、企業は柔軟かつ効率的な経営を行い、新しいビジネスチャンスを見出していく必要があります。

配電盤・電力制御装置製造業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 法定負担の確認

配電盤・電力制御装置製造業の企業が清算する際には、法定負担の確認が重要です。法定負担とは、企業が税金や社会保険料、労働基準関係の費用などを支払うことが法律で義務付けられている負担のことを言います。清算時には、これらの負担が残っていた場合、清算費用として計上される場合もあります。よって、清算する前に、法定負担の確認を十分に行っておくことが必要です。

2. 資産の評価

清算時には、企業の資産を評価することが不可欠となります。特に、配電盤・電力制御装置製造業の場合、工場や機械設備など大型の資産が多く、正確な評価が必要です。また、在庫品の扱いも重要です。在庫品には古い物がある場合、その評価額が現在の市場価値よりも低く、資産として計上することができない場合もあります。よって、資産の評価には十分な時間と知識を要します。

3. 債権債務の処理

企業が清算するときには、債権債務の処理が必要です。債権債務とは、企業が他の企業や個人に対して請求権あるいは支払義務を有していることを言います。清算の際には、債権者や債務者との解決方法を検討し、協議する必要があります。また、債権債務の処理には、専門的な知識が必要となる場合もあるため、プロのアドバイスを得ることが望ましいでしょう。

配電盤・電力制御装置製造業の企業が廃業する際の注意点 3選

配電盤・電力制御装置製造業の企業が廃業する際には、以下の注意点がある。

1. 環境問題への対応

配電盤・電力制御装置製造業は、生産工程において多くの有害物質を扱うため、環境問題の対応が重要である。企業が廃業する場合には、環境汚染や公害を防止するための措置を講じる必要がある。具体的には、不要な危険物質の撤去や処分、建物や設備の解体時に発生する廃棄物の処理方法の確保が挙げられる。

2. 従業員への対応

廃業に伴い、従業員の雇用が失われる可能性がある。企業は、従業員に対して適切な処遇を行う必要がある。具体的には、解雇後の生活保障や再就職支援などが挙げられる。また、解雇の理由やプロセスについても適切な説明を行うことが求められる。

3. コミュニティへのアナウンス

配電盤・電力制御装置製造業は、一定の規模を持つ場合、地域社会において一定の存在感を持つことがある。企業が廃業する場合には、地域社会に正式なアナウンスを行うことが望ましい。その際には、地域社会に与える影響や影響を受ける可能性のある相手方との調整が求められる。

以上三点を踏まえると、急激な廃業は社会的・環境的影響が大きく、企業の信用を失う可能性があるため、慎重な対応が必要である。

配電盤・電力制御装置製造業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 安全かつ正確な廃棄物処理を行うことが重要です。配電盤・電力制御装置製造業は、製品や素材が大量に使われる産業であり、会社を畳む際には廃棄物処理が必要になります。廃棄物処理を行う際には、法的な規制や環境保護に関する法律などを遵守し、安全かつ正確な処理を行うことが重要です。

2. 財産の整理と保全を行うことが必要です。配電盤・電力制御装置製造業では、大量の機械、材料、製品が保有されています。会社を畳む際には、財産の整理と保全が必要になります。財産の整理には、資産評価、証券化、および処分方法の評価が含まれます。財産の保全には、安全で適切な場所に保管すること、資産の状態を監視すること、および盗難、火災、自然災害に備えるために保険に加入することが含まれます。

3. 従業員の処遇に十分な配慮が必要です。配電盤・電力制御装置製造業では、技術的なスキルやノウハウを必要とする仕事が多いため、従業員が重要な存在です。会社を畳む際には、何よりも従業員の処遇に十分な配慮が必要です。これには、最小限の通知期間を与えること、従業員の能力や経験を評価し、適切な退職手当を支払うこと、および失業保険の申請支援などが含まれます。

配電盤・電力制御装置製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界の競争激化
製造業全般に言えることですが、電力制御装置の市場も競争が激化しており、新しい技術や製品の開発・投資が必要な状況にあります。そのため、自社での製品開発・投資に必要な資金を確保するため、売却を検討することが必要になる場合があります。

2. 外部からの資金調達
売却によって得られる資金を、新たな市場への進出や技術開発などに活用することができます。また、M&A先の企業が保有するノウハウや技術、人材などを取り入れることで、自社の強化に繋がることもあります。

3. 後継者不在
電力制御装置の製造業は、技術やノウハウが重要であり、後継者不在による事業継承問題も深刻化しています。売却を検討することで、事業継承の問題を解決し、事業の継続につなげることができます。

以上のように、業界の競争激化や資金調達、後継者不在など、様々な理由から配電盤・電力制御装置製造業の企業がM&Aで会社を売却することが必要になる場合があります。ただし、売却先や条件をしっかりと検討し、自社の強化や事業継続につながるような取引を進めることが重要です。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】千葉県市原市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】はん用内燃機関製造業の企業が清算・廃業・倒産…
  3. 【2024年最新版】ピアノ製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】福島県田村市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】東京都北区の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  6. 【2024年最新版】兵庫県福崎町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】奈良県平群町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】福岡県那珂川市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
PAGE TOP