【2024年最新版】配達飲食サービス業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

配達飲食サービス業の企業の倒産・廃業状況まとめ

2020年に配達飲食サービス業において、多くの企業が新型コロナウイルスの影響を受け、倒産や廃業に追い込まれた。

その中でも、有名な企業の1つは、多数の出店を展開していたが、収益が伸びずに経営難に陥り、倒産した。

また、国内外で事業を展開していた企業も、需要の低迷により、多数の店舗を閉鎖するなどの経営判断を迫られ、廃業に至った。

その他、配達飲食サービス業界に進出した新興企業も多くあり、その中には経営資源を誤って配分したことで倒産した企業も存在する。

配達飲食サービス業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 未収売上の精査

配達飲食サービス業において、未収売上が生じるのは稀ではありません。逆に言えば、未収売上を把握しておくことが重要であり、清算時に精査することが必要です。

具体的には、配達した商品の売上金額が、予約数や配達数と一致しているかどうかを確認し、未収売上が生じていないかをチェックします。また、ポイント還元やクーポン配布など、売上金額に反映されない割引があった場合は、その金額も適切に計上する必要があります。

2. 支払いサイクルの調整

配達飲食サービス業では、加盟店からの商品代金や報酬を受け取ることが多いため、支払いサイクルの調整が大切です。

例えば、顧客からの注文・支払いがある日から、加盟店への報酬支払いまでの時間が2週間以上かかる場合、支払いサイクルの短縮が求められます。また、加盟店からの入金によって商品代金が賄われる場合には、入金が確定するまでに時間を要することもあります。このような場合には、清算の際に特に注意が必要です。

3. 報酬の正確な算定

配達飲食サービス業において、加盟店へ支払われる報酬は、種々の条件によって差が生じます。例えば、時期やエリアによって報酬率が変わったり、販促活動に伴う報酬が発生したりすることがあります。

これらの条件に基づいて、正確に報酬を算定することが必要です。報酬の計算ミスや漏れが生じた場合、加盟店から不満やクレームが届くこともあるため、慎重な清算が求められます。また、報酬の変更に関する通知や説明を事前に行っておくことも重要です。

配達飲食サービス業の企業が廃業する際の注意点 3選

1.従業員の就労先を考慮する必要がある。

配達飲食サービス業に従事している従業員たちの生活にも影響を与えることになるため、廃業に至るまでの進め方には慎重に検討する必要があります。具体的には、従業員の安心を確保するためにも、可能な限り就労先の確保や再就職支援を行うことが望ましいでしょう。

2.契約や取引先との協議を行う必要がある。

従業員の就労先だけでなく、各種契約や取引先との協議も必要です。例えば、物流業者や食材卸売業者など、配達飲食サービス業に関わる企業や個人に対して、今後の取引の有無や条件、支払い等について話し合うことが必要です。

3.法的手続きの遵守が必要となる。

最後に、廃業するためには法的な手続きが必要です。例えば、法人格を持つ場合には解散登記や法人税申告などが必要となります。また、従業員や取引先に対して支払うべき賃金や債務がある場合は、法的手続きを遵守することが重要です。

配達飲食サービス業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 法的手続きを確実に行うこと

配達飲食サービス業は、物品の配達や飲食品の提供などのサービスを行うため、取引先との契約が非常に重要となります。そのため、会社を畳む際には、契約の解除や取引先への連絡など、法的手続きを確実に行うことが必要です。例えば、Uber Eats社は、サービス提供に関する契約や配達員との契約を解除する際に、法的手続きをきちんと行うよう注意しています。

2. 従業員への対応を考慮すること

会社を畳む際には、従業員への対応も非常に重要です。特に、長期間勤務していた従業員や、配達員などのアルバイトスタッフは、生活の糧として収入を得ているため、異なる業態への転職支援や退職金などの対応を行う必要があります。例えば、Foodpanda社は、会社の財政状況を公表した上で、従業員に対して転職支援と退職金の支給を行ったことがあります。

3. 顧客への対応に配慮すること

配達飲食サービス業は、顧客サービスが非常に重要となります。会社を畳む際には、顧客に対しても対応を行う必要があります。顧客への返事や問い合わせへの返答など、誠実な対応が重要です。例えば、Postmates社は、会社の財政状況を公表し、顧客に対しても誠実な対応を行うことで、信頼を守っています。

配達飲食サービス業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

配達飲食サービス業界において、競争が激化する中で、企業の存続や成長戦略のためにM&Aが必要になることがあります。以下に、M&Aで会社を売却するべき理由を3つ紹介します。

1.市場シェアの拡大

配達飲食サービス業界は、急速な成長を遂げており、多くの企業が参入しています。市場シェアを獲得することが、競争力を強化するために非常に重要です。M&Aを通じて、市場シェアを拡大することができます。市場シェアを拡大することにより、配達エリアを拡大したり、新しいサービスを提供したりすることができ、顧客満足度を高めることができます。

2.融資のしやすさ

配達飲食サービス業界は、資金調達が困難な業界の一つです。M&Aで会社を売却することにより、信用力が向上し、融資を受けることがしやすくなるため、企業の成長を促進することができます。

3.人材の獲得

配達飲食サービス業界において、人材の獲得が大きな課題となっています。M&Aを通じて、人材の獲得が可能になります。人材の獲得には、販売ノウハウや技術力などが含まれるため、企業価値を高めることができます。

以上のように、配達飲食サービス業界において、M&Aによる会社の売却は、企業の成長戦略や存続を考える上で非常に重要な手段の一つとなっています。ただし、M&Aにはリスクが伴うため、事前に十分な検討と計画が必要です。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】長野県朝日村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】徳島県つるぎ町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  3. 【2024年最新版】北海道深川市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】壁紙・ふすま紙製造業の企業が清算・廃業・倒産…
  5. 【2024年最新版】奈良県河合町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】福岡県久山町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】レース製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】青森県外ヶ浜町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
PAGE TOP