【2024年最新版】配合飼料製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

配合飼料製造業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、飼料製造業においても業界再編が進んでおり、中小規模の企業の倒産・廃業が相次いでいる状況がみられます。このような状況は、原材料高騰や需給バランスの変化、人件費の増加などが要因とされています。

具体的には、飼料製造における小麦やトウモロコシなどの主要原材料の価格高騰により、利益率の低下が深刻化しています。加えて、飼料製造業界全体で需要の落ち込みが見られ、過当競争の構図が浮き彫りになっています。

こうした環境下で、中小規模の飼料製造企業は売上高の低下や黒字転換の遅れなど経営課題に直面しており、一部の企業では倒産・廃業に至っています。

また、業界内でのM&Aも活発化しており、規模の大きな企業が中小規模の企業を買収するなどの動きが見られます。

今後も、飼料製造業界は需要・供給のバランスや原材料価格の変動に敏感に動くことが求められることから、業界再編が進み続けると思われます。

配合飼料製造業の企業が清算する際の注意点 3選

飼料製造業の企業が清算する際は、以下の3つの注意点に留意することが重要です。

1. 債務整理を事前に行う
飼料製造業は、飼料を製造、販売することで収益を得ています。しかし、不景気や食品安全問題の発生などにより、経営状況が悪化し、債務が膨らんでしまうことがあります。清算する際には、債務整理を事前に行い、債務を整理することが重要です。例えば、借金の返済計画を作成し、債権者との交渉を行うことで、清算費用を減らすことができます。

2. 従業員の保護措置を講じる
飼料製造業の清算では、従業員の保護措置が重要です。従業員は清算によって影響を受ける可能性があるため、雇用調整助成金の活用や、労働組合との協議など、従業員が不利益を被らないように配慮する必要があります。また、従業員に対して、継続雇用の手続きや再就職支援を提供することも大切です。

3. 資産の売却価格に注意する
清算において、飼料製造業の資産の売却は欠かせません。しかし、資産の売却価格が低すぎると、清算費用が膨らんでしまうことがあります。売却にあたっては、専門家のアドバイスを仰いだり、競合入札を行うなど、価値を最大限に引き出すことが重要です。また、資産の処分には、環境汚染や偽造・不良品の問題があるため、法的に問題がないか十分に確認する必要があります。

以上の3つの注意点を踏まえ、飼料製造業の清算を行う際には、的確なプランニングと適切な実行が求められます。業務を継続し、再スタートを切るためにも、事前に準備をしっかりと行い、リスクを最小化することが大切です。

配合飼料製造業の企業が廃業する際の注意点 3選

飼料製造業の企業が廃業する際には、様々な注意点があります。以下に、具体的な注意点を3選紹介します。

1. 突然の廃業による影響
飼料製造業は農業、畜産業などに密接に関わる業界であるため、突然の廃業は大きな影響を及ぼします。飼料の在庫がなくなり、畜産業者や飼料メーカーは補充の手段を見出す必要があります。また、従業員は失業することになり、雇用市場への影響も懸念されます。

2. タイムリーな情報提供
飼料メーカーは、廃業する場合には従業員やサプライヤー、顧客にタイムリーな情報提供を行う必要があります。特に、顧客に対しては、引き続き飼料の供給が継続されるかどうかを早急に伝える必要があります。また、飼料の在庫処理に関しても詳細な情報を提供することが求められます。

3. 財務面の対応
飼料メーカーが廃業する際には、財務面の対応が必要です。負債や固定資産の処理方法など、法律や税務の規定に従って適切に対応する必要があります。また、従業員の退職金や解雇手当なども考慮しなければなりません。

以上、飼料製造業の企業が廃業する際の注意点について、3つ挙げました。飼料メーカーとして、社会的責任を果たすためにも、しっかりと対応することが求められます。

配合飼料製造業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 法的手続きの確認:配合飼料製造業の企業が会社を畳む場合、法的手続きを確認することが非常に重要です。具体的には、各種契約の解除や債権債務の清算などを行う必要があります。会社法や税法、労働法など、関連する法律を十分に理解し、法的手続きに沿って進めることが求められます。

2. 資産・負債の整理:会社を畳む際には、資産や負債の整理が必要となります。具体的には、資産の売却や処分、債権債務の精査や整理などを行うことが求められます。特に、支払いが滞っている債権などは、引き継ぎ先の企業や取引先との調整が必要となります。

3. 社員や取引先とのコミュニケーション:会社を畳む際には、社員や取引先との適切なコミュニケーションが重要です。具体的には、退職や再就職の手続きや、取引先との品質管理や製造ラインの移管などを含めた情報の共有が求められます。円滑な引継ぎやトラブルの回避のためにも、事前のコミュニケーションが欠かせません。

配合飼料製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 経営資源の集中化
飼料製造業は、需要の安定性が高く安定的な経営が可能であることが多いため、多くの企業が参入しています。そのため、市場競争が激化し、企業によっては採算面での問題が発生することがあります。このような場合、競合相手との経営資源の集中化を図り、業界内で大きな存在感を持つことができるため、会社の売却を検討することがあります。

2. 効率的なリソース活用
飼料製造業では、原料・材料調達、製造・加工、販売・流通までのプロセスにおいて、多くのリソースが必要となります。しかしながら、これらのプロセスのいずれかにおいて業務が優れているため、他のプロセスに資源を割り振ることができないケースがあります。このような場合、リソースの効率的な活用を図るため、M&Aによる業界内のリソースの統合を図ることがあります。

3. 業界外からのシナジー効果
飼料製造業には、家畜飼料やペットフードなどの分野があります。今後この分野において、持続可能な食品としての需要が増大していくと予測されています。また、ペット愛好家の増加による需要の拡大も期待されます。このような市場環境の変化に際して、これまで業界外で培ってきたノウハウや技術を活かし、新たなシナジー効果を生み出すことができるため、M&Aによる業界外企業との統合を考える場合があります。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】岡山県和気町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】北海道岩内町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】建築設計業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  4. 【2024年最新版】沖縄県国頭村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】東京都国分寺市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  6. 【2024年最新版】熱供給業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む…
  7. 【2024年最新版】飲料小売業(別掲を除く)の企業が清算・廃業・…
  8. 【2024年最新版】群馬県みなかみ町の企業が清算・廃業・倒産、会…
PAGE TOP