【2024年最新版】部分肉・冷凍肉製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

部分肉・冷凍肉製造業の企業の倒産・廃業状況まとめ

2021年において、部分肉・冷凍肉製造業界において企業の倒産・廃業が相次いでいる。

主な理由としては、新型コロナウイルスの感染拡大による需要の減少や生産の遅延、原材料価格の上昇、人手不足などが挙げられる。

また、食品安全関連の問題や販路の縮小なども影響を与えているとされている。

具体的な倒産・廃業企業名については、インターネットなどで検索すれば容易に確認することができるが、ここでは社名を出さずに状況を簡単にまとめる。

– 2021年に入り、既に数社が倒産しており、業界全体で厳しい状況が続いている。

– 倒産・廃業企業の中には、長年にわたって業界を支えてきた老舗企業も含まれる。

– 残された企業たちは、これまで以上に生産性や品質の向上に注力し、厳しい競争に立ち向かっていく必要がある。

部分肉・冷凍肉製造業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 負債の精査が重要
清算する際には、まず負債の精査が必要です。特に、部分肉・冷凍肉製造業の企業は、原材料の仕入れや製品の販売が主要な業務となるため、原材料の未払いや製品の返品、クレーム対応等により負債が発生する場合があります。清算前には、しっかりと負債の確認を行い、過剰な支払いを避けることが重要です。

2. 前向きな解決策を模索
清算する際には、今後の展開についても考慮する必要があります。業界の競争が激化している中、存続するためには新たなビジネスモデルを模索することが求められます。清算後に再スタートを切るためには、早めに前向きな解決策を見出すことが重要です。

3. 信頼できる弁護士の助言を受ける
清算する際には、法律的な手続きや規定に関して深い知識が必要です。また、清算に伴い顧客や従業員に対しても十分な説明が必要です。これらを適切に行うためには、信頼できる弁護士の助言を受けることが重要です。ただし、清算に関する費用は膨大となるため、事前に各種費用等について説明を受け、費用の精査が必要です。

部分肉・冷凍肉製造業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 社会責任を果たすこと
部分肉・冷凍肉製造業の企業が廃業する場合、まず考慮すべき点は社会責任の問題です。企業は、従業員、顧客、地域社会、環境など、多くのステークホルダーに影響を与えます。したがって、廃業する企業は、それらのステークホルダーに向けた責任を果たすことが非常に重要です。例えば、従業員には、適切な解雇手続きを行って、職業紹介機関と協力して再就職支援を行います。また、地域社会への貢献として、余剰品の寄贈や環境負荷の低減に対する取り組みなども必要になるでしょう。
2. 残された債務の整理
廃業する企業は、借入金や支払い義務、未払いの請求などの債務を整理する必要があります。そのため、法務部門や会計士などの専門家の助けを借り、債権者との交渉や財務報告の作成などを行います。また、廃業に伴い、資産の処理や清算手続きも必要となるでしょう。
3. 従業員への配慮
廃業する企業は、従業員に対して、適切な配慮を行うことが大切です。例えば、できるだけ早期に従業員に廃業の情報を伝え、適切な解雇手続きを行います。また、必要に応じて、再就職の支援や福利厚生の引き継ぎなどを行うことも重要です。従業員の退職に伴う問題や不満を解決するために、人事部門などの専門家の助けを借りることも考慮しましょう。

部分肉・冷凍肉製造業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 従業員に対する配慮
部分肉・冷凍肉製造業は、作業環境が厳しく、従業員の身体的負担も大きいため、会社を畳む際には従業員に対する配慮が必要です。退職金の支払い、転職先の紹介など、できるだけ労働者の生活を守る措置を取ることが重要です。

2. 環境規制に注意する
部分肉・冷凍肉製造業は、漂白剤や保存料などの使用が必要な場合もあります。会社を畳む際には、製造過程や廃棄物の処理など、環境規制に注意して行動することが必要です。違反行為があれば、処分や罰則が科せられることもあるため、しっかりと対処することが求められます。

3. 借金の整理
部分肉・冷凍肉製造業は、原材料の仕入れや機械の購入に多額の資金が必要です。会社を畳む際には、借金の整理が必要になることがあります。優先順位を決めて、返済先と返済額を決めることが重要です。資金の繰り延べや大幅な値引き交渉も必要になることがあるため、専門家のアドバイスなども活用して対処することが重要です。

部分肉・冷凍肉製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 規模の経済効果を追求するため
業界はグローバリゼーションの影響を受け、大手企業は国内外で規模を拡大することが求められています。そのため、部分肉・冷凍肉製造業の企業も、生産・配送・販売などで規模の経済効果を求める必要があります。M&Aによる会社売却は、経営資源や人材を集約し、規模の拡大を実現する手段として有効です。

2. 新市場参入のため
新たな市場参入は、部分肉・冷凍肉製造業の企業にとって重要な戦略です。しかし、拡大する市場でのニーズを理解するためには多くの時間とリソースが必要です。ここで、既存企業や新興企業とのM&Aにより、市場に精通した人材やビジネスノウハウを獲得することができます。これにより、新市場参入をスムーズに実現することができます。

3. 製品ラインナップの拡大のため
部分肉・冷凍肉製造業の企業は、製品ラインナップの拡大を求める必要があります。顧客の要望に応えるためには、多様な製品ラインナップが必要であり、既存製品の品質向上も必要です。M&Aを通じて、新たな製品ラインナップや製品技術を獲得することができます。また、生産ラインの効率化・自動化などによる生産コストの削減も期待できます。

以上のように、部分肉・冷凍肉製造業の企業にとって、M&Aによる会社売却は戦略的な選択肢として有望です。ただし、売却にあたっては、十分な検討と計画が必要です。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】製缶板金業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  2. 【2024年最新版】東京都多摩市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】人文・社会科学研究所の企業が清算・廃業・倒産…
  4. 【2024年最新版】婦人服小売業の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】社会保険労務士事務所の企業が清算・廃業・倒産…
  6. 【2024年最新版】山形県酒田市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】埼玉県新座市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】群馬県吉岡町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP