【2024年最新版】道路貨物運送業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

道路貨物運送業の企業の倒産・廃業状況まとめ

2020年以降、新型コロナウイルスの影響により、道路貨物運送業界においては厳しい状況が続いています。

これに伴い、倒産や廃業する企業も増加してきました。具体的には、収益の急激な減少や、従業員の感染拡大による業務停止などが影響しています。

また、複数の業界が影響を受けた中小企業の経営環境が悪化している中、道路貨物運送業の企業でも自己資本比率が低く、資金調達の難しさが深刻な問題となっています。

今後も、業界全体での景気回復が見込まれるまでは、このような倒産・廃業の状況が続く可能性が高いと考えられます。

道路貨物運送業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 債務整理を行う前に、現在の負債状況を正確に把握することが重要です。過去の借入や未払いの請求書、賃金未払いなど、すべての債務をリストアップして整理しましょう。また、契約書や請求書など重要な書類は保管しておくことをお勧めします。

2. 債務整理の方法としては、自己破産、民事再生、和解交渉などがあります。適切な方法を選択するためには、法律の専門家である弁護士や司法書士に相談することが必要です。

3. 債務整理の手続きが始まった場合は、運送業務の継続的な運営が困難になる可能性があります。そのため、事前にリストアップしたすべての顧客や取引先に対して、事前に適切な説明を行い、納品や請求書支払いなどの権利を守ることが必要です。また、法律上の手続きが完了するまで、運送業務を別の企業に依頼するなど、代替策を準備することも重要です。

以上のように、道路貨物運送業の企業が清算する際には、債務整理による金融処理に加え、事業継続のための計画策定や利害関係者との調整など、様々な注意点が存在します。企業が清算を決定する前には、専門家のアドバイスを受けた上で、万全の対策を準備しましょう。

道路貨物運送業の企業が廃業する際の注意点 3選

道路貨物運送業の廃業には、様々な理由があります。業績不振、競合他社の台頭、労働力不足等が挙げられます。廃業する際には、特に注意が必要です。以下、主な注意点を3つ紹介します。

1. 法律的義務の履行
廃業する場合には、法律的義務の遵守が必要です。例えば、各種保険や税金などの手続きが必要であり、期限に遅れると追加料金が発生することがあります。また、運送業という業種は厳しい規制があり、廃業する際には、関係機関への報告や届出が必要です。これらの手続きを行わないと、後々にトラブルを引き起こす可能性があります。

2. 資産の処分
廃業する場合には、資産の処分も重要です。廃業後、保有していたトラックや車両は、売却あるいは解体処分しなければなりません。また、資産としての価値があるかどうかをよく見極め、処分方法を選択する必要があります。特に、知的財産権を持っている場合には、相続や譲渡に注意が必要です。

3. 従業員の処遇
廃業する際には、従業員の処遇についても考慮する必要があります。業績不振によって解雇を余儀なくされる従業員もいるかもしれません。解雇する場合には、法律に従った手続きが必要です。一方、従業員を他社に引き継いでいく場合もあります。その場合には、手続きや条件などをきちんと把握し、従業員の権益を確保する必要があります。

以上、道路貨物運送業の企業が廃業する際の注意点を3点挙げました。廃業する際には、事前の十分な準備と計画が必要です。ただし、そもそも廃業を選択する前に、業績の復活や再出発の可能性を探ることも大切です。

道路貨物運送業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

道路貨物運送業の企業が会社を畳む際には、以下の注意点が重要になります。

1. 借入金の返済計画を事前に立てる
道路貨物運送業は、多くの場合において、車両の購入や燃料の調達に借入金を利用しています。そのため、会社を畳む際には、返済すべき借入金の残高を把握し、返済計画を事前に立てておくことが重要です。計画的に返済しない場合には、債権者からの取り立てや、訴訟になる可能性があります。

2. 従業員への対応を考慮する
道路貨物運送業は、ドライバーなどの運転手を含め、多くの従業員を抱えていることが多いです。会社を畳む場合には、従業員への対応を考慮する必要があります。適切な時間的余裕を持って、従業員に通知を行い、解雇手続きや退職者のための相談窓口などを設けることが大切です。

3. 資産の処分を慎重に行う
道路貨物運送業は、多くの車両や関連する設備があります。会社を畳む場合には、これらの資産の処分も慎重に行う必要があります。運転可能な状態の車両であれば、売却することができますが、修理費用がかかる場合には、解体処理することも検討する必要があります。

以上のように、道路貨物運送業の企業が会社を畳む際には、借入金の返済計画、従業員への対応、資産の処分など様々な要素を慎重に考慮することが重要です。例えば、過去には、日本の大手トラック運送企業が事業拡大に失敗し、借入金の返済に困難を来たし、結果として会社を畳むことになりました。この事例を参考にして、同様の問題が生じないように注意が必要です。

道路貨物運送業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 産業構造の変化による競争力の低下:道路貨物運送業界は、近年、競争が激化しており、新しい運送方法や技術が登場し、収益性が低下しています。このため、企業はM&Aにより、競争力を維持するための戦略を追求する必要があります。

2. 経営資源の不足:道路貨物運送業界では、大量の資本が必要であり、多くの企業は経営資源が不足しています。M&Aにより、複数の企業の資源を統合することで、より強力なキャッシュフローを創出し、事業拡大を図ることが可能となります。

3. 業界の規制環境による変化:道路貨物運送業界は、常に厳しい規制環境に直面しています。このため、企業が規制に適合することに多くの時間と資源を費やす必要があり、事業成長のペースが遅くなります。M&Aにより、企業はより大きなスケールメリットを享受し、規制環境に対応するためのリソースを共有することができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】熊本県芦北町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】千葉県横芝光町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  3. 【2024年最新版】電球製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  4. 【2024年最新版】静岡県島田市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】埼玉県富士見市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  6. 【2024年最新版】三重県四日市市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  7. 【2024年最新版】長野県白馬村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】愛媛県鬼北町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP