【2024年最新版】道路標識設置工事業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

道路標識設置工事業の企業の倒産・廃業状況まとめ

道路標識設置工事業は、国や地方自治体からの公共事業発注が主な仕事となるため、景気変動に弱い業界である。そのため、近年では倒産・廃業する企業も多くなっている。

具体的には、業界大手のA社が2019年に倒産し、一時的に業界に混乱が生じた。また、B社も厳しい経営状況に直面し、経営再建を余儀なくされた。

さらに、C社やD社などの中小企業も倒産・廃業するケースが相次いでおり、業界全体の厳しい状況が浮き彫りになっている。

しかし、一方で、国や地方自治体が進める道路整備計画の拡充や、災害対策の強化などが見込まれるため、需要は今後も底堅く推移していくと考えられる。

このような状況下で、生き残るためには、高品質かつ低コストな道路標識設置工事の提供を維持しつつ、新たなサービスや技術の開発・提供、他業種との連携などの積極的な取り組みが必要となるだろう。

道路標識設置工事業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 借入金の返済状況を確認することが重要です。一部の企業では、借入金を返済していないか、返済が遅れている場合があります。清算を行う前に、全ての債務が清算されているか確認しましょう。

2. 従業員の退職金の問題にも注意が必要です。退職金についての法律は厳しく定められており、違反すると大きな罰金が科せられる可能性があります。清算を行う際は、従業員の退職金についてもきちんと対応することが必要です。

3. 財産の処分についても慎重な対応が必要です。道路標識設置工事業の企業は、多くの資材や設備を保有しています。これらの財産を適切に処分しないと、大きな損失を被ることがあります。清算を行う前に、財産の処分については専門家に相談することが大切です。

道路標識設置工事業の企業が廃業する際の注意点 3選

道路標識設置工事業界において、廃業する企業は少なくありません。ここでは、実在する社名を出さずに、廃業する際に注意すべき点を3つ挙げてみます。

1. 市場動向や競合状況の分析
道路標識設置工事業界は、需要・供給が安定しており、多数の業者が存在するため、競争は激しいです。したがって、廃業を検討している場合は、市場動向や競合状況を注意深く分析する必要があります。自社の強みや弱みを確認し、他社と差別化を図ったり、新しい市場に参入することも検討する必要があります。

2. スタッフの雇用問題
廃業する場合は、現在のスタッフの雇用問題も検討しなければなりません。一般的に、廃業を予告する期間が必要であり、予告期間中にスタッフの再就職先を見つけることが大切です。また、可能であれば、他の企業との業務提携や人材派遣などの手段も検討することが望ましいです。

3. 資産・債務の整理
廃業する場合は、社員の雇用問題と同様に、資産・債務の整理も重要な課題です。資産の処分方法や債務の返済計画を立てることが必要です。また、関連する契約書や法的な手続きにも注意し、可能な限りスムーズに整理を進めることが重要です。

以上の3点は、道路標識設置工事業界で廃業する際に注意すべき点です。廃業に関する法的手続きや、税務・会計の問題など、細かい課題もあるため、法律や会計の専門家に相談することも必要です。廃業に関しては、失敗しないために、慎重な準備・計画が不可欠です。

道路標識設置工事業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 経済的な損失を予測する
道路標識設置工事業の企業が会社を畳む際には、経済的な損失を予測することが最優先です。設備、雇用者のための退職金、資産の清算と処分等、休業中も会社の固定費が発生します。これら全てを負担する能力があるか否かを調べ、その結果に基づき決断をするこ とが必要です。

2. 借金の整理
借金がある場合には、畳む前に解決することが必要です。業者選定に失敗した場合、新しい借金が発生してしまう可能性があります。 経営状況を正確に把握し、解決策を見つけることが大切です。

3. 従業員との話し合いを大切にする
退職してもらう従業員や新しい雇用先を探す従業員がいる可能性が高いため、社員との話し合いを大切にすることが重要です。畳む瞬間にだけではなく、その前から、素早く正直な情報を提供し、責任ある取り組みをすることが求められます。業務を続けることが困難な従業員のサポートも必要です。

以上、道路標識設置工事業の企業が会社を畳む際の注意点として、経済的な損失の予測、借金の整理、従業員との話し合いを挙げました。企業は畳む前に、これらの問題を解決することが重要であり、従業員の未来の安心と信頼性を確保することが必要です。

道路標識設置工事業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 経済的な利益の獲得:市場や産業の変化によって、既存のビジネスモデルが収益性を維持できなくなる場合があります。このような状況では、M&Aによって新しいビジネスチャンスを探ることができます。例えば、他の企業との競争力を強化するために、企業が会社を売却し、新しい市場に進出することができます。

2. 事業の多様化:一社のみに依存するビジネスモデルは、ビジネスにとって潜在的な脅威となります。M&Aによって他の事業や産業に参入することで、事業のダイバーシフィケーション(多角化)を実現し、リスクを低減することができます。

3. 資産の最適化:企業が所有している不動産や設備などの資産は、時としてビジネス戦略に合わなくなり、利益を生み出せなくなる場合があります。M&Aによって、会社は不要な資産を資本化し、無料で現金を手に入れることができます。これによって、会社は現金を投資に回すことができ、競争力を高めることができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】手引のこぎり・のこ刃製造業の企業が清算・廃業…
  2. 【2024年最新版】岐阜県八百津町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  3. 【2023年最新版】北海道南幌町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】群馬県前橋市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】北海道大樹町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】プラスチック板・棒製造業の企業が清算・廃業・…
  7. 【2023年最新版】北海道北竜町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】抵抗器・コンデンサ・変成器・複合部品製造業の…
PAGE TOP