【2024年最新版】運用型信託業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

運用型信託業の企業の倒産・廃業状況まとめ

運用型信託業界における倒産・廃業は、過去に一定の数が発生しています。しかし、具体的な社名を挙げることは控えさせていただきます。

理由としては、企業名を挙げることが、倒産・廃業に関係した社員や顧客に迷惑をかける可能性があるからです。

また、記載された情報の正確性についても、確認が取れないため、企業名を明言することができません。

ただし、倒産や廃業の原因としては、不正利用や経営判断のミスなどが考えられます。運用型信託業界においては、信頼性のある企業を選んで信託を行うことが重要です。

運用型信託業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 資産を正確に評価することが重要です。清算時には、資産の価値を正確に評価し、債務とのバランスをとる必要があります。過大・過小評価を行ってしまうと、清算手続きがスムーズに進まなくなる場合があります。

2. 債務の保全にも十分な注意が必要です。清算手続きが進む中で、債権者からの返済請求があった場合には、迅速に対応し必要な手続きを踏まなければなりません。債務が残ったまま清算を終了してしまうと、後の問題を引き起こす原因となります。

3. 適切な手数料の徴収と情報開示の遵守が必要です。信託業務では、手数料を徴収する場合がありますが、その金額が適正であることを確認し、明確に開示することが求められます。また、情報開示に関しても厳密なルールがあり、法的な要件を遵守することが求められます。

運用型信託業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 顧客への対応: 運用型信託業の企業が廃業する際は、顧客に対する誠実で適切な対応が必要です。顧客には、廃業の背景や理由、手続きなどの情報を公開し、丁寧かつ明確に説明することが求められます。

2. 資産の処理: 運用型信託業の企業が廃業する場合、信託された資産の処理方法が重要です。資産は適切な方法で処理され、危険を回避し、早期に処理される必要があります。

3. 法令遵守: 運用型信託業の企業が廃業する際は、法令に厳密に従わなければなりません。違法な方法で処理を行ってはいけません。当局や監督機関の要請に対しては協力しなければなりません。

運用型信託業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

運用型信託業では、市場の変化や投資商品の価値の変動に影響を受けることがあります。そのため、企業が会社を畳む際には、以下の3つの注意点を考慮する必要があります。

1. 投資家への情報提供の適切化

運用型信託業では、投資家から資金を集め、その資金を運用することが主たる業務となります。企業が会社を畳む際には、投資家への情報提供を適切化する必要があります。特に、投資商品の実績や運用状況に関する情報は、明確かつ正確に伝えることが大切です。

2. 資産の処理方法の確立

運用型信託業では、投資家から受け取った資金を運用し、運用商品の売買を行うことで運用収益を得ています。企業が会社を畳む際には、運用中の商品や投資家から受け取っている資金などの資産の処理方法を確立する必要があります。投資商品の売却や、運用中の資金の返還、債権債務の整理などに関する方針を打ち出し、適切な手順を踏んで処理することが望ましいでしょう。

3. 適切な措置をとること

運用型信託業は、信用と信頼に基づいたサービスが求められます。企業が会社を畳む際には、適切な措置をとることが重要です。この措置とは、自己破産や会社の清算、事業売却など、状況や損失の程度に応じた最善の方法を選択することです。また、投資家や従業員、取引先などに対しても、適切な説明や責任の取り方を明確にすることが必要です。

運用型信託業においては、投資家から寄せられる信頼や期待に応えることが求められます。企業が会社を畳む際にも、投資家との信頼関係を損なわないよう、慎重に行動するよう心掛けることが大切です。

運用型信託業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. マーケット競争が激化しているため
運用型信託業界は、多くの企業が参入する競争の激しい業界となっています。そのため、競合他社との差別化や新たなビジネスモデルの構築が求められます。しかし、これらの取り組みを行うには、多大な投資が必要となります。そこで、投資ファンドや大手金融機関など、運用型信託業以外の企業とのM&Aにより、技術やノウハウの共有によって新たな価値を生み出すことが可能となります。

2. リスク管理の強化が必要となっているため
運用型信託業界は、金融市場の変動により、運用資産価値が変動するため、リスク管理が重要となります。しかし、リスク管理のための専門知識やリソースを保有しながら、十分なリスク管理ができていない企業もあります。そこで、リスク管理に強みを持つ企業とのM&Aにより、リスク管理体制を強化することができます。

3. 人材確保のため
運用型信託業は、高度な知識や経験を持った人材の確保が必要となります。しかし、過剰な競合や、人材の流動性の高さにより、適切な人材確保が困難になっている企業もあります。そのような場合には、M&Aにより、人材を獲得することができます。また、M&Aにより、複数の企業の人材をまとめることにより、新たな人材の育成にも繋がります。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】栃木県茂木町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2023年最新版】かばん・袋物卸売業の企業が清算・廃業・倒産、…
  3. 【2024年最新版】大阪府豊中市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】群馬県川場村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】鋼索鉄道業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  6. 【2024年最新版】靴・履物卸売業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  7. 【2024年最新版】岩手県大槌町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】ピストンリング製造業の企業が清算・廃業・倒産…
PAGE TOP