【2024年最新版】農業用機械器具小売業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

農業用機械器具小売業の企業の倒産・廃業状況まとめ

2021年現在、農業用機械器具小売業の企業の倒産・廃業状況は以下のようになっています。

・2019年 大手農業機械メーカーが1社倒産
・2020年 全国各地で農業用機械器具小売業の倒産・廃業が相次ぐ
・2021年 コロナ禍の影響で売り上げが落ち込み、いくつかの企業が廃業した。また、中小規模の農業用機械器具小売業も厳しい状況が続いている。

農業用機械器具小売業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 在庫の処分方法をきちんと考えること
農業用機械器具は大型の製品や部品が多いため、在庫の処分が大きな問題となります。清算期間中に売れ残った在庫の処分方法をきちんと考え、余計な費用をかけないよう計画的に行うことが重要です。

2. 債権債務のしっかり確認をすること
清算期間中には、債権債務の確認をしっかり行うことが必要です。特に支払いの未払い・未収がある場合は、それらを回収するための対策を早めに打つことが重要です。

3. 顧客対応にも十分注意すること
清算期間中にも顧客からの問い合わせや修理依頼はあり得ます。そのため、顧客対応にも十分に注意を払い、迅速な対応を心がけることが必要です。顧客からの不安や不満を払拭することが、不動産業界においても非常に重要なポイントとなります。

農業用機械器具小売業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 店舗内の在庫の処分方法について
農業用機械器具小売業の店舗は、大型の機械器具が多数在庫として保管されています。廃業する場合、在庫品はどのように処分すればよいのでしょうか。機械器具は、大型であり、重量があるため、処分方法に注意が必要です。近隣の業者や競合店舗がある場合、持ち込みや買い取りの相談も考えられます。

2. 従業員への対応
廃業する場合、従業員への対応も大切です。農業用機械器具小売業の場合、技術や知識を身に着けた従業員も多いため、転職先の紹介や面接対策の指導など、退職に伴うサポートなども検討の必要があります。

3. 顧客への連絡方法
農業用機械器具小売業の顧客にとって、廃業するというニュースは衝撃的なものです。顧客に迷惑をかけず、スムーズな手続きを進めるためには、事前に顧客に連絡をすることは欠かせません。どのような方法で連絡をするのか、連絡先や連絡方法を明確にすることが大切です。また、故障品の修理やサポートについて、事前に説明し、対応に不安の残らないようにすることも重要です。

農業用機械器具小売業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 法的手続きを厳密に行うことが必要です。例えば、税務署への届け出、信用調査機関への連絡、従業員の解雇手続きなどを迅速かつ正確に行う必要があります。

2. 在庫、債権、債務の処理に注意する必要があります。可能であれば、在庫を売却したり、債権・債務の清算を行うことが大切です。ただし、事前に適切な調査を行って、支払い不能に陥る恐れがある場合には、裁判所に自己破産を申請することを検討する必要があります。

3. 顧客や従業員との対応も重要なポイントです。事前に対応策を煮詰めておくことで、混乱を避け、迅速かつ円滑な解決を図ることができます。特に、従業員に対しては、解雇を通知する前に面談を行うことで、適切な配慮を行いながら解雇を進めることが求められます。

農業用機械器具小売業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界の競争激化による収益減少
近年、農業用機械器具の需要が増加している一方で、国内外の多くの企業がこの分野に参入しており、市場はますます競争激化しています。この激しい競争環境の中で、企業が製品価格を引き下げたり、新製品のリリースに追いついたりするため、収益が減少する可能性があります。このような状況下では、企業は買収または合併の可能性を検討することが重要です。

2. 技術革新への対応
農業用機械器具は、多様化するニーズに対応するために継続的な技術革新が必要です。多くの場合、これは高い研究開発コストを伴います。企業が自社でこれらのコストを負担し続けることは難しく、買収または合併を検討することが必要となる場合もあります。技術革新への対応が滞ると、製品の競争力が低下し、市場から取り残されるリスクがあります。

3. 地域的な拡大と新規事業の開拓
農業用機械器具市場において、地域的なニーズの違いや規制の違いが存在するため、地域的な拡大が不可欠です。枠組みを超えた買収や合併が、地域的なマーケットでの展開を可能にし、企業の成長を促すことができます。また、新規事業の開拓も不可欠です。買収や合併を通じて、新たな事業領域に進出することで、製品ラインナップの拡充や新規事業の開発ができます。
企業がこれらの3つの理由を考慮し、買収や合併を検討すると、市場での競争力を高めることができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】各種機械・同部分品製造修理業(注文製造・修理…
  2. 【2024年最新版】山梨県丹波山村の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  3. 【2023年最新版】さく井工事業の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】福岡県福岡市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】窒素質・りん酸質肥料製造業の企業が清算・廃業…
  6. 【2024年最新版】北海道音更町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】鉄鋼シャースリット業の企業が清算・廃業・倒産…
  8. 【2024年最新版】福岡県粕屋町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP