【2024年最新版】農業用器具製造業(農業用機械を除く)の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

農業用器具製造業(農業用機械を除く)の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、農業用器具製造業界では、競争激化や需要の低迷などの厳しい状況が続いています。このような背景の中、いくつかの企業が倒産や廃業を余儀なくされています。

その一例として、人気の鋤や耕運機を手掛ける企業が倒産しました。同社は、国内の農家を中心に多くの愛用者を持っていましたが、経営難に陥り、最終的には負債を抱えたまま倒産してしまいました。

また、刈り払い機や草刈り機などを製造する企業も、業績不振に悩まされています。店頭での販売が停滞し、工場の稼働率も低下しているため、経営再建が課題となっています。

さらに、電動噴霧器を製造していた企業も、需要の低迷により廃業を余儀なくされました。代替製品の普及や顧客の価値観の変化が背景にあります。

以上のように、農業用器具製造業界では厳しい競争環境の中で、多くの企業が苦戦しています。今後も、市場の変化に敏感に対応し、製品の開発やサービスの向上に取り組むことが求められます。

農業用器具製造業(農業用機械を除く)の企業が清算する際の注意点 3選

1. 残債務の確認

農業用器具製造業は製造工程が複雑であり、また機械の維持管理なども重要な課題となります。そのため、製品の欠陥によるクレームやメンテナンスの不備により発生した残債務の確認が必要です。また、資材や人件費などの債務も確認することが重要です。

2. 在庫処分の手続き

農業用器具製造業の製品は、大型で高価なものが多く、在庫処分にも注意が必要です。清算の時には在庫処分の手続きが必要であり、販売代理店や補修業者に処分することも考慮してください。在庫処分がうまくいかない場合、早期の清算が遅れる恐れがあります。

3. 従業員のアウトプレースメント

農業用器具製造業は、高度な技術を必要とする業種です。清算後、技術者の転職先としてのアウトプレースメントを考慮してください。アウトプレースメントの手続きが遅れると、従業員の生活に影響が出るだけでなく、清算の完了にも影響を与える可能性があります。

農業用器具製造業(農業用機械を除く)の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 環境処理の適切な実施
農業用器具製造業は、様々な有害物質を含有する廃棄物の処理が必要となります。そのため、廃業する際には、廃棄物の処理に関して環境基準を守りながら、法令及び適切なガイドラインに従って処理することが重要です。企業は、適切な業者と提携し、廃棄物の処理に関して適切な方法を講じることが必要です。

2. 従業員への対応
企業が廃業する場合、従業員の雇用継続や再就職支援を行うことが求められます。廃業の理由によっては、従業員に対しては適正な賃金や適切な補償を提供する必要があります。企業は、従業員に対しての廃業の対応について、法律を遵守しながら適切な措置を講じることが必要です。

3. 事業継承の検討
農業用器具製造業においては、製品の特性上、多くの場合使用後のサポートなどが必要となるため、事業継承の検討が必要です。事業継承を希望する企業との交渉や合併・買収など、様々な手段を講じて廃業時の事業継承を検討する必要があります。相手企業との交渉においては法律や契約が必要となるため、法務担当者の審査を経て対応することが重要です。

農業用器具製造業(農業用機械を除く)の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 従業員の処遇に注意を払う
会社を畳む際には、従業員の処遇についても十分な注意を払う必要があります。退職金の支払いや就職先の斡旋、そして従業員に対する説明責任などが挙げられます。無視をしてしまうと、社員による訴訟問題に発展する可能性があります。

2. 借入金の返済に気を付ける
多くの中小企業は、銀行などから借入金を受けていることが一般的です。会社が畳まれると、返済義務が強化されます。借入金がある場合には、返済計画を立て、きちんと返済をすることが重要です。

3. 業務の継続と物品の処分
農業用器具製造業においては、特定の型番の部品や機械があれば、次の製品に流用することができます。会社を畳む場合には、残存資産などを活用し、業務の継続や物品の処分に注意を払う必要があります。

農業用器具製造業(農業用機械を除く)の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 資本力の強化
農業用器具製造業は、設備投資や技術開発などの資本コストが高い分野です。競争力を維持するためには、経営基盤の強化が必須です。M&Aを通じて、資本力が強化されることで、製品の品質向上や新製品開発など、より高度な技術力を持つ企業との競争に勝ち抜くことができます。

2. 海外進出の促進
世界的に見ると、農業用器具製造業は成長分野です。国内だけでなく、海外市場にも目を向けることが大切です。しかし、地域ごとに異なる規制や文化、言語などの壁があり、自力での進出は困難です。M&Aを通じて、海外市場に強い企業との提携や買収により、海外進出を促進することができます。

3. 組織更生の機会
農業用器具製造業は、農業の生産性向上や省力化の要請に応えるため、常に技術開発やコスト削減が求められます。しかし、組織の中で既存のルールや文化が根強く、改革が進まない場合があります。M&Aを通じて、新たな経営陣や組織風土の変革が進むことで、組織更生を促進することができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】高知県四万十町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  2. 【2023年最新版】無機顔料製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  3. 【2024年最新版】山形県金山町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】窓用・扉用日よけ,日本びょうぶ等製造業の企業…
  5. 【2024年最新版】福岡県太宰府市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  6. 【2023年最新版】北海道美深町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】新潟県十日町市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  8. 【2023年最新版】北海道豊富町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP