【2024年最新版】貨物軽自動車運送業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

貨物軽自動車運送業の企業の倒産・廃業状況まとめ

2021年現在、貨物軽自動車運送業は過剰な競合と労働コストの増加、さらには新型コロナウイルスの影響によって深刻な状況に直面しています。これらの問題により、多くの企業が倒産または廃業を余儀なくされています。

特に、小規模企業や個人事業主には、競合に対する対抗力が弱く、労働コストの負担が大きいため、倒産や廃業のリスクが高い状況にあります。一方、大手企業も多額の負債を抱えており、業績悪化による倒産の可能性があります。

ただし、中には新しいビジネスモデルを取り入れることによって、業績を持ち直す企業もあります。例えば、配送の自動化やドローンによる配送など、技術の進歩を取り入れた企業は、業界の変革を牽引する存在となっています。

このような状況の中で、企業は競争力を維持するために、新しいビジネスモデルの導入や業務の効率化、人材の育成など、様々な改革を進める必要があります。また、政府や自治体による支援策の導入も期待されています。業界が再生し、安定的な成長を実現するためには、業界全体で取り組むべき課題や改革点を検討し、協力して取り組んでいくことが必要不可欠です。

貨物軽自動車運送業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 販売用の在庫の処分に注意する:清算時には、販売用の在庫を処分する必要があります。在庫は、別の企業に売却するか、廃棄するかのどちらかになります。在庫を販売する場合は、利益が残りますが、廃棄する場合は費用が発生することになります。そのため、在庫の状態や需要を考慮して、処分方法をしっかりと決める必要があります。

2. 未払いの請求金額の回収に力を入れる:清算時には、未払いの請求金額が残っている場合があります。そのため、請求先に催促するなどして、請求金額の回収に力を入れる必要があります。未払いのままにしておくと、清算後に債権回収することが難しくなる場合があります。

3. 税務処理に注意する:清算時には、法人税などの税務処理が必要となります。そのため、税務署とのやり取りや申告書の作成に専門的な知識が必要です。また、清算後にも課税されることがあるので、納税義務についても確実に把握する必要があります。

貨物軽自動車運送業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 負債整理の手続きを行う
廃業する企業は、財務面での問題が多く、負債が残っている可能性が高いです。そのため、負債整理の手続きを行うことが大切です。具体的には、経営承継による事業譲渡や、民事再生、破産手続きが挙げられます。

2. 顧客への対応を考える
廃業する企業は、顧客への対応が大変重要です。事前に顧客への連絡を行い、今後の対応や商品やサービスの引き継ぎの方法などを明確に伝えることが大切です。また、顧客の個人情報や保管していた商品なども適切に処理することが必要です。

3. 従業員への処遇を考慮する
廃業する企業は、従業員への処遇にも注意が必要です。可能な限り事前に従業員に連絡し、今後の就業先や退職金、雇用保険の手続きなどをサポートすることが大事です。従業員の雇用を引き継ぐ企業との調整も必要です。

貨物軽自動車運送業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 社員や契約関係者に事前に連絡をすることが大切です。突然の解散通知は、関係者に大きなショックを与え、信頼の失墜や損害賠償問題に発展する可能性があります。

2. 精算期間や支払い方法を決定し、明確な取引内容を提示することが必要です。未払いや未精算のまま消えてしまう企業もあるため、責任ある対応を心がけましょう。

3. リスクマネジメントにも留意しておく必要があります。膨大な貨物や車両を保有している場合、廃業後の処分に高い費用がかかることがあります。綿密な計画と準備を行い、物理的・法的な問題を適切に解決することが必要です。

貨物軽自動車運送業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 規模拡大のため
貨物軽自動車運送業の企業は、競争が激しい業界であるため、規模を拡大することが重要です。M&Aを通じて、他社との合併や買収により、規模を拡大することができます。大きな会社になることで、新たな取引先を獲得し、業務の多様化を進めることができます。また、物流ネットワークの拡大や人材の獲得なども期待できます。

2. 競争力の向上のため
M&Aを通じて、競合他社のリソースを手に入れることができます。例えば、自社では配送エリアが限られている場合、M&Aを通じて配送エリアの広い他社を買収することで、競合他社との差別化を図ることができます。また、技術力や営業力を手に入れることで、競争力を向上することができます。

3. キャッシュフローの改善のため
貨物軽自動車運送業の企業は、トラックや自動車などの動産資産を持っている場合があります。M&Aを通じて、動産資産を売却することで、キャッシュフローを改善することができます。また、貸借対照表の総資産になっている社有不動産も、拠点移転による圧縮に伴い売却の検討は必要です。このように、企業のリソースを見直すことで、キャッシュフローの改善につなげることができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】長野県川上村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】鹿児島県南種子町の企業が清算・廃業・倒産、会…
  3. 【2024年最新版】岐阜県各務原市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  4. 【2024年最新版】兵庫県福崎町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】高知県高知市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2023年最新版】ドロマイト鉱業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  7. 【2024年最新版】岩手県洋野町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】畜産農業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む…
PAGE TOP