【2024年最新版】豆腐・油揚製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

豆腐・油揚製造業の企業の倒産・廃業状況まとめ

豆腐・油揚製造業界では、近年、厳しい競争環境や原材料価格の高騰、人手不足などの影響を受け、倒産・廃業する企業が増加しています。特に、規模の小さな中小企業が相次いで倒産・廃業しています。

また、新型コロナウイルスの影響による外食需要の減少や、物流の混乱なども企業の経営に影響を与えているといえます。

ただし、業界全体としては、需要や消費の増加が見込まれており、また健康志向の高まりから、豆腐や油揚げなどの大豆加工製品の需要拡大も期待されています。

豆腐・油揚製造業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 在庫の処分
豆腐・油揚製造業では、製品の賞味期限が短いため、在庫が多くなる場合があります。清算する際には、在庫の処分方法を考える必要があります。在庫をそのまま売り払うことは難しいため、特売などのイベントを開くことで消費者に買い取ってもらうことができます。また、在庫を卸売業者に売り渡すこともできますが、価格が低くなるため妥当性の検討が必要です。

2. 従業員の処遇
清算する場合、従業員の処遇にも注意が必要です。従業員に対して適切に退職金や手当を支払うことが求められます。また、必要に応じて、従業員に仕事を探すための支援をすることも必要です。その事前に、従業員に対し十分に説明を行い、合意を得るようにすることが重要です。

3. 負債の処理
豆腐・油揚製造業では、生産に必要な原材料や設備に対する借入や、社会保険料、税金など、数多くの負債が存在します。清算の際には、これらの負債を適切に処理する必要があります。特に、借入金や社会保険料の返済が未完了の場合、返済計画をきちんと策定することが重要です。なお、負債の処理について、弁護士や会計士などの専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。

豆腐・油揚製造業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 環境汚染物質の管理に注意すること。
2. 作業場や労働環境について、法令に基づいた対応を行わなければならないこと。
3. 廃棄物や化学物質の処理に関する法規制を遵守すること。

豆腐・油揚製造業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 従業員への対応:会社を畳む際には、従業員への対応が非常に重要です。従業員たちは長期間、その企業で働いてきた可能性があります。そのため、従業員には、畳む決定を事前に伝え、その後も適切な雇用情報や退職金について詳細に説明する必要があります。

2. 債務整理:会社を畳む際には、債務整理の必要性がある場合があります。債務整理を行わずに会社を畳んでしまうと、債権者からの訴訟や追加の負債が生じる可能性があります。そのため、事前に債務整理を行い、債務整理後に会社を畳むことが望ましいです。

3. 資産処理:会社を畳む際には、資産の処理にも注意が必要です。未処理の在庫や製品、設備や不動産など、多くの資産が残される可能性があります。この場合、適切に処理しなければ、多額の損失が生じる場合があります。そのため、事前に資産処理について検討し、適切な方法を選択する必要があります。

豆腐・油揚製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

豆腐・油揚製造業の企業がM&Aで会社を売却するべき理由は、以下の3つが挙げられます。

1. 業界の競争が激化し、収益性の低下が懸念される
豆腐・油揚製造業は、国内市場においては競争が激化しており、価格競争による収益性の低下が懸念されます。また、需要が減少している商品もあり、新たなビジネスモデルを模索する必要があります。このような状況下で、M&Aによって事業規模を拡大し、収益性の向上を図ることができます。

2. ビジネスモデルの多様化が求められる
豆腐・油揚製造業は、食品業界の中でも比較的古くからある産業であり、これまで一定のビジネスモデルで成り立ってきました。しかし、近年は消費者の多様化に伴い、ニーズに合わせた商品やサービスが求められるようになりました。このような変化に対応するためには、新たなビジネスモデルを模索する必要があります。M&Aによって、新たなビジネスモデルを持つ企業を買収し、事業の多様化を図ることができます。

3. スケールメリットの獲得が期待できる
豆腐・油揚製造業は、原材料や設備の調達などにおいて、スケールメリットを獲得することができる産業です。M&Aによって事業規模を拡大し、企業間での相乗効果を生み出すことができます。また、グローバル市場への参入も期待でき、新たなビジネスチャンスを生み出すことができます。

以上のように、豆腐・油揚製造業の企業がM&Aで会社を売却するべき理由は、業界の競争が激化し、ビジネスモデルの多様化が求められ、スケールメリットの獲得が期待できることが挙げられます。M&Aによって、自社の収益性や企業価値を高めることができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】主として管理事務を行う本社等の企業が清算・廃…
  2. 【2024年最新版】兵庫県丹波市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】広島県竹原市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】兵庫県三木市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2023年最新版】北海道豊富町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】岐阜県輪之内町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  7. 【2024年最新版】北海道大樹町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】福岡県鞍手町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP