【2024年最新版】豆腐・かまぼこ等加工食品小売業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

豆腐・かまぼこ等加工食品小売業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、豆腐やかまぼこなどの加工食品小売業の競争は激しさを増しており、企業の倒産や廃業が増加している。これらの企業は、価格や商品の差別化などの競争力を維持することが困難であり、利益率が低いことが主な課題である。

しかしながら、ここ数年で環境問題の取り組みが進むなど、健康志向や環境保護意識の高まりにより、豆腐などの健康的な食品やかまぼこなどのマイクロプラスチック非使用商品に対する関心が高まっている。このような背景から、競合優位性を獲得する企業間の競争は激化している。

現在、市場占有率が高い大手企業は、新規商品開発や販売網の拡大などの戦略で、地場の中小企業との競争を制している。そのため、地場の中小企業は、市場の変化に対応するために、新たな戦略を模索しなければならなくなっている。

こうした中で、地場の中小企業が乗り越えるためのポイントは、商品の特徴や地域性を生かした差別化戦略の採用や、販売チャネルを拡大することなどである。加えて、効率的な経営体制の確立や、社員の技術力の向上、リスクヘッジのための資本政策など、企業のさらなる成長につながる課題にも取り組んでいく必要がある。

豆腐・かまぼこ等加工食品小売業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 資産の正確な評価が必要だ
豆腐・かまぼこ等加工食品小売業の企業が清算する際には、まず資産の正確な評価が必要です。これには、在庫の評価、債権・債務の精査、固定資産の現物評価などが含まれます。特に、食品業界では品質保持期限が短いため、在庫の保管状態などにも注意が必要です。

2. 負債の精査が重要だ
企業清算においてもうひとつ重要なポイントは、負債の精査です。特に、税務署などへの未払いや追徴課税などがある場合は、適切に処理する必要があります。その際には、納税状況の確認や公的機関との交渉、債権者との協議などが必要になる場合があります。

3. 区別の不明な資産は除外すること
最後に、豆腐・かまぼこ等加工食品小売業の企業が清算する際には、区別の不明な資産は除外することも大切です。具体的には、役員や社員の私物と混同しているもの、業務に必要な以外の備品などが該当します。これらの資産は、適切に除外することで、清算作業がスムーズに進むことができます。

以上、豆腐・かまぼこ等加工食品小売業の企業が清算する際の注意点3選をご紹介しました。清算には多くの手続きが必要になるため、プロのアドバイザーに相談することも考慮してください。

豆腐・かまぼこ等加工食品小売業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 社員や顧客への対応に注意すること
企業が廃業する場合、社員や顧客の方々に大きな影響を与えることがあります。そのため、廃業の決定をする際には、十分な時間をかけて社員や顧客に対して説明や配慮を行うことが重要です。

2. 廃業に伴う契約の解除や負債処理について
廃業する企業には、契約の解除や負債処理などの手続きが必要となります。これらの手続きに関しては、法律や契約書に基づいて正確かつ迅速に行われるよう、事前に十分な準備を行うことが必要です。

3. 資産の処分について
廃業する企業の資産については、適切な処分が必要となります。具体的には、不動産や機械設備、在庫商品などの処分方法を検討し、適切なプランを策定することが求められます。また、処分に伴う費用や税務上の問題にも留意する必要があります。

豆腐・かまぼこ等加工食品小売業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 従業員に対する適切な処遇
加工食品小売業においては従業員の待遇が重要です。従業員に対する適正な賃金支払いや退職金、保険などの手厚い待遇がある場合、会社の解散時でもその従業員たちの生活が安定することが期待されます。一方で、従業員に対して不当な扱いをしてしまうと、社員の離職、訴訟問題なども発生するため、企業は従業員に対する正当な処遇を心がける必要があります。

2. 国の法令に従った手続きの遵守
小売業は多くの場合、国の法令に基づいた手続きを遵守することが求められます。具体的には、従業員の雇用形態、労働条件、福利厚生、納税などについて、正確に実施することが求められます。会社の解散時には、特に従業員への支払いに関しては国の法令にもとづいた手続きが必要となるため、事前にその手続きを把握し、遵守するように心がけましょう。

3. 顧客への説明責任
加工食品の小売業は、その商品についての品質や表示について責任を持っています。会社の解散を決めた場合でも、その商品を買っていた顧客たちには、返品や払い戻しなどの対応が必要となることがあります。そのような場合には、迅速かつ丁寧に対応し、顧客に説明責任を果たすように心がけましょう。

以上、加工食品小売業の企業が会社を畳む際の注意点について、3つの選択肢をご紹介しました。加工食品市場は競争が激しいため、企業には業界動向を注視し、いかに顧客に貢献できるかを考えることが必要です。これからも、顧客満足度向上のために、企業は常に進化を続けていく必要があるでしょう。

豆腐・かまぼこ等加工食品小売業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 取り扱う商品が市場の変化に敏感であるため、企業が迅速に対応できるようにするためにも、M&Aで経営資源を増強する必要がある。

2. 市場の競争が激化しているため、新たな競合他社が参入する可能性が高いため、企業の存続に不安がある場合は、早めにM&Aを検討することが求められる。

3. 加工食品小売業は需要が変動しやすい産業であり、需要が減少した場合、企業の経営に多大な影響を与える可能性があるため、リスクヘッジのためにも、M&Aで事業を多角化することが有効である。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】織物製成人男子・少年服製造業(不織布製及びレ…
  2. 【2024年最新版】東京都墨田区の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】福岡県遠賀町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】奈良県黒滝村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】群馬県千代田町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  6. 【2024年最新版】岩手県二戸市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】石灰製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  8. 【2024年最新版】佐賀県みやき町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
PAGE TOP