【2024年最新版】製版業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

製版業の企業の倒産・廃業状況まとめ

製版業の中で、近年多くの企業が倒産や廃業を余儀なくされている。その理由としては、近年のデジタル化によって印刷物の需要が減少傾向にあることが大きく影響しているとされている。

特に、印刷物の需要が高かった新聞や出版業界において、デジタル化によって需要が急減し、製版業にとっての仕事の量が激減した。そのため、製版業に携わる企業の一部は、業界再編を余儀なくされ、一部の企業は倒産や廃業を選択せざるを得なかった。

また、近年は国内外からの価格競争も激しく、低価格・高品質の製版サービスを提供できる企業が優位に立つことが求められている。しかし、その条件をクリアできない企業は、経営の維持が難しくなるという現状がある。

このような状況から、多くの製版業の企業が倒産や廃業を余儀なくされている。しかしながら、業界再編によって生き残りを図る企業も存在し、技術の高度化や新たな需要の創出など、様々な取り組みを行い、成長を続けている企業もある。

製版業の競争は引き続き激化しているが、高品質で安価な製版サービスを提供し、常に市場ニーズに合わせた商品開発を行うことが求められている。今後も、状況に応じた戦略の転換や、新たな技術の取り入れなど、様々な対策をとって、競争力を高めていくことが重要となる。

製版業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 財務状態の正確な把握 
清算を進めるにあたり、企業の財務状況を正確に把握することが非常に重要です。債務超過や累積損失がある場合は、清算が難しくなるため、事前に財務アドバイザーの助言を得ることが重要です。

2. 債権者への対応
清算の際は、債権者の権益を侵害しないよう、適切な手続きを行う必要があります。債権者には、清算計画や債権の金額、返済方法などを説明し、十分な情報提供を行うことが求められます。

3. プライバシーの保護
清算の進行中には、企業の取引先や関係者から多くの問い合わせが来ることがあります。こうした場合には、プライバシーの保護を徹底することが必要です。個人情報保護法などに基づき、適切な取り扱いを行うよう注意しましょう。

製版業の企業が廃業する際の注意点 3選

製版業は、印刷業界にとって欠かせない重要な役割を果たしています。しかし、市場が変化する中で、製版業の企業も廃業することがあります。 ここでは、製版業の企業が廃業する際に注意するべき点について3つ挙げてみます。

1. コミュニケーションの確保
製版業の企業が廃業する際は、従業員、顧客、取引先など、様々な人々とのコミュニケーションを確保することが重要です。従業員には退職手続きなどをきちんと説明し、顧客・取引先には新たなパートナー企業の案内や、引き継ぎに関する情報を提供することで、二次的な困難を避けることができます。

2. 財務問題の解決
企業の廃業には財務問題がつきものです。債権者などの関係者に対して、残された債務を返済することや、税金の未払いなど、財務問題の解決を怠ってはいけません。

3. 機材・資産の処分
製版業の企業は機材や素材などが多数存在します。これらの処分は、適切に行わなければ、新たな問題を引き起こす可能性があります。また、退職した従業員に対しては、機材や素材の譲渡先などを事前に確認し、スムーズに引き継ぎを行いましょう。

以上の点を踏まえ、製版業の企業が廃業する際には、様々な問題を避けるために、きちんと準備をしておくことが大切です。もちろん、廃業を回避するために、再建策を模索することも大切です。

製版業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1.従業員の雇用情報の提供

製版業に従事する従業員は、技術に熟練し、多くの経験を積んでいる場合が多いため、そういった人材を失うことは影響が大きいものです。企業が解散・倒産する際には従業員に対して、スケジュールや理由についての情報を提供し、早めに雇用情報を提供することが大切です。

2.公平性に配慮した解散手続き

会社を畳む際には解雇や退職勧奨などの手続きを実施する必要があります。ただし、企業から退職勧奨を受けた正社員と、解雇されたパート・アルバイトなどの非正規社員で負担が異なることがあるため、公平性に配慮した解散手続きを行うことが重要です。

3.訴訟リスクを低減する対策

製版業の企業が解散し、従業員が訴訟を起こすことも考えられます。特に、賃金支払いの遅延などがあった場合、訴訟リスクは高くなります。このようなリスクを低減するためには、支払いの滞りのないような最善策を見つけることが必要です。

製版業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

製版業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由は以下のとおりです。

1. 業界の競争激化による営業利益減少の可能性
製版業界は、印刷や出版業界の一部であり、顧客の求める品質や納期などに応えるため、高度な技術力が求められます。しかし、近年、印刷・出版業界全体の需要が減少しており、競合他社との価格競争が激化しているため、営業利益の減少が懸念されています。そのため、M&Aによって競合他社の技術力や顧客リストを取得することで、競争力を強化し、業績改善につなげることができます。

2. 経営者の後継者問題や経営資源の不足による事業承継の難しさ
製版業界は、資本集約型の産業であるため、独立系製版業者では、資金調達や業務の多角化が難しく、事業承継に課題を抱えています。また、長期的な経営戦略を立案する上で、人材や技術などの経営資源が不足する場合もあります。このような場合、M&Aを行うことで、新たな経営資源を取り入れることができ、事業承継や経営資源の調達につながります。

3. 企業価値の向上につながる可能性
M&Aにより、業界トップの技術力を持つ企業を買収することで、自社の製品やサービスの付加価値を向上させることができます。また、買収した企業との事業シナジーを生み出し、生産性向上やコスト削減などにつながることも期待できます。これらにより、企業価値が向上する可能性があります。

以上、製版業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由は、業界の競争激化による営業利益減少の可能性、経営者の後継者問題や経営資源の不足による事業承継の難しさ、企業価値の向上につながる可能性などがあります。製版業界における今後の業界環境も踏まえ、M&Aを積極的に検討することが望ましいと言えます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2023年最新版】養蚕農業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む…
  2. 【2023年最新版】輸送機械器具用プラスチック製品製造業(加工業…
  3. 【2024年最新版】山形県南陽市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】北海道池田町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】長野県富士見町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  6. 【2024年最新版】青森県板柳町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】埼玉県本庄市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】千葉県勝浦市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP