【2024年最新版】補整着製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

補整着製造業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、製造業を中心にした企業の倒産・廃業が相次いでいる。原因としては、外部環境の変化、市場競争の激化、人材不足、原材料価格の高騰などが挙げられる。

特に、新型コロナウイルスの影響で経済的なダメージを受けた企業が多い。物流が滞り、受注が減少したため、売上が落ち込んだ企業も少なくない。また、既に経営難に陥っていた企業にとって、コロナウイルスは最後の痛手となった。

このような状況にある中で、倒産・廃業した企業の多くは中小企業である。資金調達が困難であったり、リスクヘッジができていなかったりという構造的問題が背景にある。

しかし、製造業全体としては、生産額が増加傾向にある。特に海外市場に進出する企業や、高度な技術を持つ企業は堅調な業績を残している。

今後は、IoTや人工知能などの新しい技術がもたらす変革に対応した企業が存続していくことが求められるだろう。また、リスクヘッジや資金調達、グローバル展開などに取り組むことが、中小企業の存続につながると考えられる。

補整着製造業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 従業員を守る: 製造業は一般的に従業員数が多いため、清算に伴い失業者が発生する可能性があります。従業員の生計を守るために、可能な限り早期に情報を提供し、適切な手続きを行いましょう。

2. 債権者との調整: 採算が悪化して清算を余儀なくされる場合、債権者に対する債務返済を考慮する必要があります。債権者との調整がスムーズに進めば、清算の手続きも早期に終了することができます。

3. 資産の処分: 清算に伴い、製造業が所有する資産を処分する必要があります。特に、工場や機械など大型の資産は、処分方法を十分に検討する必要があります。適切な価格で売却できれば、清算額を増やすことができます。

補整着製造業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 債務整理を行う必要がある場合は、専門家のアドバイスを受けることが重要です。金融機関や顧問税理士などを活用し、適切な手続きを行いましょう。

2. 社員や取引先とのコミュニケーションをしっかり行い、安心して引き継ぎを進めるための準備を行っておくことが大切です。

3. 可能であれば、事業の継続や再生の可能性を探ることも検討しましょう。産業再生機構などの支援機関や、M&Aを検討する企業などとの相談も有効です。

補整着製造業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 従業員への情報提供や対応に十分注意すること。

製造業の企業が会社を畳む場合、従業員に対して十分な情報提供を行うことが重要です。また、可能な限り従業員の労働条件や手当、退職金の支払いについても十分に対応する必要があります。

2. 法律や規則に従った手続きを行うこと。

会社の畳処理には、法律や規定に従った手続きを行うことが必要です。たとえば、法定解雇通知書の発行や退職金の算出、従業員の再就職支援など、たくさんのプロセスが必要になります。

3. イメージダウンを避けるためにも注意すること。

製造業の企業が会社を畳むと、地元地域や事業パートナー、顧客などに対するイメージダウンを避ける必要があります。たとえば、不正行為によって会社が倒産する場合、その会社の名称がマスコミで報道されることもあります。そのため、畳処理の過程で配慮し、イメージダウンを避けるように心がけてください。

補整着製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 経営資源の集中化:製造業は多くの場合、資本や人材、技術の集中が求められることがあります。M&Aによって、企業は経営資源を効率的に集中化できるため、業務プロセスの改善や競争力の向上が可能となります。

2. 事業拡大:M&Aは、迅速かつ効果的な事業拡大の手段としても有効です。市場や顧客の拡大、新製品・サービスの提供、グローバル展開など、様々なチャンスを模索することが可能です。

3. 部門の発展:M&Aは、業務部門の発展を促進することもできます。例えば、製造業の企業が関連会社やその他企業をM&Aすることで、製品のラインナップや製造技術を継承でき、市場拡大につながることがあります。また、他の事業に参入することで競争力を強化することもできます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】神奈川県逗子市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  2. 【2024年最新版】北海道せたな町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  3. 【2024年最新版】石川県珠洲市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】短期大学の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む…
  5. 【2024年最新版】清酒製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  6. 【2024年最新版】宮城県石巻市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】工業用プラスチック製品加工業の企業が清算・廃…
  8. 【2024年最新版】沖縄県渡名喜村の企業が清算・廃業・倒産、会社…
PAGE TOP