【2024年最新版】表示装置製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

表示装置製造業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、日本の表示装置製造業界は、厳しい市場環境の中で奮闘しています。その中で、一部の企業は倒産や廃業の憂き目に遭っています。

例えば、中堅の表示装置メーカー「○○株式会社」は、売上不振や資金繰りの悪化により、2018年に倒産しました。同社は、主に鉄道や公共施設で使われるLED表示器などを製造していましたが、競合他社との価格競争に敗れ、事業継続が困難になったとされています。

また、小規模な表示装置メーカー「△△有限会社」も、多額の借入金と原材料高騰に苦しみ、2019年に廃業しました。同社は、医療機関向けなどのカスタムメイドの表示器を手掛けていましたが、需要の低迷や優良な取引相手が乏しいことが課題となっていたようです。

さらに、昨今のコロナ禍で、表示装置メーカーにも打撃が及んでいます。例えば、全社員がリモートワークに移行したものの、業績悪化が続いていた大手メーカー「××株式会社」は、業績不振を理由に2021年に大幅な人員削減を発表しました。

このような状況下で、表示装置メーカーは、新たな分野や技術の開発に取り組んでいます。LEDやOLED、電子ペーパーなど、新しい表示技術の開発や進化が進んでいる中、今後も見逃せない展開が生まれてくることに期待が寄せられています。

表示装置製造業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 負債の確認:清算する際には、まず企業が抱える負債を確認する必要があります。特に、未払いの債務や貸倒れなどの問題がある場合には、それらを適切に処理することが重要です。

2. 資産の査定:企業が保有する資産を査定し、それらの価値を確定することも重要です。特に、不動産や機械設備などの大型資産については、正確な査定を行うことが必要です。

3. 法的手続きの遵守:企業が清算する際には、法的手続きを遵守することが非常に重要です。例えば、株主総会の開催や登記簿の更新など、さまざまな手続きが必要になる場合があります。これらを適切に処理し、法的な問題を回避することが必要です。

表示装置製造業の企業が廃業する際の注意点 3選

1.法的手続きを守ること
装置製造業は複雑な設備や技術が必要とされるため、法的手続きを怠って廃業することは容易ではありません。法的手続きを守らなかった場合、問題が発生する可能性があります。例えば、事業を取り締まる機関から罰則を科せられる可能性があるため、事業を合法的に廃業するために必要な手続きを取ることが重要です。

2.従業員への配慮
企業が廃業する場合、従業員に対する配慮が必要となります。従業員には必要な情報を提供したり、職業訓練や転職支援などを提供することで、再就職をサポートすることが必要です。従業員への配慮を怠り、不当な解雇や適切な情報提供を行わない企業は、労働法違反を犯すことになるため、注意が必要です。

3.債権者への対応
装置製造業は多額の資金が必要とされるため、廃業する際には債権者との交渉が必要となる場合があります。債権者への対応を怠り、負債問題を解決できなかった場合、企業名義の債務が個人責任として取り立てられる可能性があります。債権者との交渉には専門家のアドバイスを受けることが重要です。

表示装置製造業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 従業員の退職に関する手続きを完了させることが重要です。従業員には、退職手続きが滞りなく進むように、具体的な手順や期限を明確に説明することが必要です。

2. 債務整理や債務返済に関しては、法律や税務の専門家と相談し、適切な対応を行うことが重要です。債務問題に対して適切に対処しないと、今後の事業活動に影響を与える可能性があります。

3. 資産処理については、適正な方法で処理することが必要です。これには、必要な手続きを行い、適切な処理方法を選択することが含まれます。資産処理に対する法的要件を理解し、必要な手順を踏むことが、企業の信頼性を高めるためにも重要です。

表示装置製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 競争環境の変化による市場シェアの低下

装置製造業は非常に競争が激しい業界です。技術の進歩や新しい競合他社の参入により、市場シェアの減少が起こる可能性があります。このような状況で会社はM&Aを通じて、優位性を保っていくことができます。

2. 新規事業の開拓のための資金調達

新しい技術や製品の開発には、多大な資金が必要となります。M&Aによって、資金調達やノウハウを持った企業を買収することで、新規事業の開拓や事業拡大を図ることができます。

3. 経営リスクの分散

1社で全てを抱え込むことは、リスクが大きくなる一方です。M&Aによって、自社が抱えるリスクを分散することができます。例えば、相手企業が異なる顧客層を持っている場合、自社のリスクが多様化されることができます。

以上のように、装置製造業でもM&Aは有効な手段として捉えられつつあります。企業の戦略に合わせ、M&Aを活用し、業界内でのシェアを拡大したり、新規事業の開拓やリスク分散を図ったりすることが重要です。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】北海道興部町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】鉄鋼業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前…
  3. 【2024年最新版】埼玉県東松山市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  4. 【2024年最新版】北海道新篠津村の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  5. 【2024年最新版】岐阜県中津川市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  6. 【2024年最新版】福岡県糸島市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】公衆浴場業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  8. 【2023年最新版】無店舗小売業(機械器具小売)の企業が清算・廃…
PAGE TOP