【2024年最新版】表具業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

表具業の企業の倒産・廃業状況まとめ

2021年現在、表具業界では競合が激しく、一部の企業では倒産や廃業に追い込まれている状況が見られます。特に、価格競争が激化し、需要の減少により経営が厳しくなっている企業が多いようです。また、新型コロナウイルスの影響も受け、需要が一時的に低下したことが業績に影響を与えた企業もありました。ただし、一方で適正な価格設定や顧客サービスの向上に力を入れる企業は、業績を持続している傾向があります。

表具業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 投資家や債権者の関与を確認することが重要です。清算プロセスにおいて、投資家や債権者が関与することで円滑な手続きが進められることが多いため、事前に関与の有無を確認しましょう。

2. 債権者に対して適切な情報提供が必要です。清算においては債権者に対して適切な情報提供が求められます。例えば、清算計画や財務情報などを提供することで信頼や理解を得ることができます。

3. 税務面での注意が必要です。清算に伴い、税務処理が必要となるため、税務面での注意が必要です。特に、清算損失の計算や法人税や消費税などの申告書作成などが必要となります。ただし、税務処理に関しては専門家に相談することが推奨されます。

表具業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 環境規制に注意すること
表具業は、化学物質を使用するため、環境規制には細心の注意が必要です。廃液や廃棄物の処理方法について、国や地方自治体の法律や規制に従う必要があります。また、環境に配慮した新しい技術や製品に取り組むことも大切です。

2. 顧客とのコミュニケーションを確保すること
表具業は、顧客からのオーダーに応じて製品を作成することが多いため、オーダーの受付や製品の納期など、顧客とのコミュニケーションは欠かせません。廃業する場合は、顧客への事前告知や引き継ぎ手段の準備など、顧客とのコミュニケーションを確保することが大切です。

3. 従業員への対応に配慮すること
従業員は企業の重要な資産であり、廃業により不安定な状況に陥ることがあります。廃業を決定した場合は、従業員に対する適切な対応を行うことが重要です。退職金の手続きや転職支援など、従業員を思いやった対応を心がけましょう。

表具業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

表具業の企業が会社を畳む際には、以下の注意点が必要です。

1.法律手続きの遵守

会社を畳む際には、法律手続きを遵守する必要があります。特に、倒産する場合には、民事再生や破産手続きが必要です。これらの手続きを適切に行うことで、負債の処理や従業員の保護などが行われます。しかし、適切に手続きを行わないと、法的に問題が生じる可能性があります。そのため、弁護士や税理士などの専門家のアドバイスを受けることが大切です。

2.社員の処遇

畳む際には、従業員の処遇も重要です。もし、従業員を解雇する場合には、労働基準法に基づいた適切な処遇を行う必要があります。また、従業員に対して、適切な説明を行い、情報を提供することも大切です。従業員が不安や不満を持つことがあるため、丁寧な対応が必要です。

3.顧客への連絡

会社を畳む際には、顧客への連絡も重要です。顧客に負担をかけず、適切な対応を行うことで、信頼関係を維持することができます。具体的には、畳む理由や今後の対応についての説明などが必要です。この時、正確な情報を提供することが大切です。また、顧客に対して誠実な対応をすることで、今後のビジネスチャンスも確保できます。

以上、表具業の企業が会社を畳む際の注意点について述べました。ただし、具体的な法律手続きや対応方法は、企業ごとに異なるため、専門家のアドバイスを受けることが重要です。

表具業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 市場競争の激化:表具業界は競争が激化しており、市場環境が厳しさを増しているため、M&Aを通じて競争相手を買収したり、自社の強みを補完する企業を探すことで市場シェアを確保する必要がある。

2. 技術力の獲得:表具業界は先進技術の導入が急務であり、他の業界と同様にデジタル技術の発展が進んでいるため、M&Aを通じて技術力を獲得し、製品やサービスの質の向上を図る必要がある。

3. 業績改善のため:表具業界は景気変動の影響を受けやすく、業績が低迷することがある。そのため、M&Aを通じて新たな事業展開を行ったり、既存事業を強化することで業績を改善する必要がある。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】北海道岩内町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】移動電気通信業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  3. 【2024年最新版】農林中央金庫の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】園芸サービス業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  5. 【2024年最新版】パレット製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  6. 【2024年最新版】石川県中能登町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  7. 【2024年最新版】福岡県筑紫野市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  8. 【2024年最新版】徳島県佐那河内村の企業が清算・廃業・倒産、会…
PAGE TOP