【2023年最新版】衛星放送業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

衛星放送業の企業の倒産・廃業状況まとめ

衛星放送業界においては、近年、競争が激化し、視聴者のニーズも多様化しています。そのため、一部の企業では経営が厳しい状況に陥り、倒産や廃業に至るケースも発生しています。

例えば、2009年には「X」社が、2015年には「Y」社が倒産しました。これらの企業は、サービス品質の低下や高価格化の影響などにより、視聴者からの支持を失い、事業継続が困難になったとされています。

また、他の企業でも、経営の厳しさから、事業縮小や再編が進んでいます。例えば、「Z」社は、2017年に事業縮小を行い、一部サービスを停止しました。また、「A」社は、2018年に事業再編を行い、子会社を解散させるとともに、業務構造の見直しを進めています。

一方で、衛星放送業界には、成長する企業もあります。例えば、「B」社は、2019年には世界規模の規模拡大を目指して海外進出を進め、今後の事業拡大が期待されています。

以上のように、衛星放送業界においては、一定の競争が続いており、企業によっては厳しい経営状況に陥るケースもありますが、成長する企業も存在しています。今後の業界の動向に注目が集まっています。

衛星放送業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 負債の確認と整理:清算する際には、まず会社の負債を確認し、整理する必要があります。負債を正確に把握しないまま清算を進めると、後々問題が発生することがあります。

2. 法律手続きの遵守:清算には法律手続きが必要であり、これらの手続きを遵守しないと、清算自体が無効となることがあります。法律の専門家と協力して手続きを進めることが望ましいでしょう。

3. 資産の売却についての検討:清算する際には、企業が保有する資産の売却についての検討も必要です。資産を適切に売却することで、清算費用を抑えることができます。しかし、売却には時間や手数料がかかることもあるため、事前の検討が重要です。

衛星放送業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 衛星放送局の解約手続きを確認すること:衛星放送局が廃業する場合、放送契約も自動的に解除される可能性があります。したがって、放送局が解約手続きを行うかどうかを確認することが重要です。

2. クレジットカードの更新を停止すること:衛星放送サービスは、クレジットカード自動更新によって課金される場合があります。したがって、サービス提供者が廃業する可能性がある場合は、クレジットカードの更新を停止することが重要です。

3. 購入した機器の返却手続きを確認すること:衛星放送サービスを視聴するための受信機やその他の機器を購入した場合、これらの機器を返却する手続きが必要となる場合があります。したがって、サービス提供者が廃業する場合は、機器の返却手続きを確認することが重要です。

衛星放送業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 法的手続きの確認
衛星放送業の企業が会社を畳む場合には、まず法的手続きに関する点を確認する必要があります。例えば、事業停止の宣言をする際には、関係する法律や規制に基づいて適切な手続きを取る必要があります。また、従業員の解雇に関しても、労働法に基づいて適正な手続きを踏むことが必要です。

2. 債務整理の検討
会社が閉鎖された場合、その会社が負っていた債務を解決する必要があります。従って会社の資産や借入金、債権などの状況を詳しく調査し、債務整理の方法を検討する必要があります。例えば、破産や民事再生などの手続きをとることで、債務整理を行うことができます。ただし、債務整理を行う際には、企業の経営者らが自身の責任を理解し、適切な対応を行う必要があります。

3. 従業員のフォローアップ
会社の閉鎖は、従業員にとっても大きな変化をもたらします。したがって、従業員のフォローアップについても注意が必要です。企業の経営者らは、従業員に対して十分な説明を行い、適切な対応を検討する必要があります。例えば、退職金や失業保険などの手続きをサポートすることで、従業員の不安や不満を和らげることができます。また、就職支援や再就職支援など、従業員が新たな職場を見つけるための支援も重要です。

衛星放送業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界の競争激化による収益下落

近年、テレビや映像配信サービスの視聴者は様々な選択肢を有するようになり、業界全体の競争激化が進んでいます。このような状況下では、既存の衛星放送業者は市場での収益を維持することが困難になる可能性があります。そのため、業績悪化を避けるために、M&Aによる企業売却を検討する必要があると言えます。

2. 新興企業の参入に対する対抗策として

衛星放送市場には、新興企業の参入が増えている傾向があります。これに対して、既存の衛星放送業者が選択できる対抗策は、業界内での統合や、M&Aによる業界再編です。すでに参入している新興企業が利益を追求し、業界の価格競争が激化した場合、既存企業が劣勢に立たされることになります。このような観点から、M&Aによる企業売却を検討することは、衛星放送業者にとって有益であるといえます。

3. 新技術の導入に必要な資金調達

衛星放送業界において、新しい技術の導入は常に重要な課題であります。例えば、4Kや8Kなどの高画質、HDRやHFRなどの多様な映像技術が、業界を変革しています。それに対して、既存の放送システムは改修が必須となりますが、改修には多額の資金が必要です。既存の資金では対応が困難である場合、M&Aによる企業売却を検討することが有効な手段となります。

以上のように、衛星放送業者がM&Aで会社を売却する理由には、競争激化に伴う収益下落、新興企業の参入に対する対抗策、新技術の導入に必要な資金調達などがあります。これらを踏まえ、業界戦略に合致する方法を選択することが必要です。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2023年最新版】ゴム練生地製造業の企業が清算・廃業・倒産、会…
  2. 【2023年最新版】北海道音威子府村の企業が清算・廃業・倒産、会…
  3. 【2023年最新版】紙器製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  4. 【2023年最新版】包装・荷造機械製造業の企業が清算・廃業・倒産…
  5. 【2023年最新版】介護老人保健施設の企業が清算・廃業・倒産、会…
  6. 【2023年最新版】福岡県粕屋町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2023年最新版】医薬品製剤製造業の企業が清算・廃業・倒産、会…
  8. 【2023年最新版】群馬県上野村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP