【2024年最新版】芸ぎ業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

芸ぎ業の企業の倒産・廃業状況まとめ

※注意:以下の情報は2021年10月現在のものです。

・芸能事務所

数多く存在する芸能事務所の中には、倒産や廃業したものもあります。代表的な例としては、2001年に松竹グループの芸能プロダクションが倒産し、所属タレントたちは他社に移籍することとなりました。

・音楽レーベル

近年は音楽業界にも大きな変化が訪れ、CD売り上げの減少やストリーミングの増加などが影響して、音楽レーベルの倒産や廃業が相次いでいます。代表的な例としては、2000年代後半から続いていた音楽レーベルの経営状態が悪化し、2010年代に入ってから倒産・廃業するものが多数あります。

・テレビ局

テレビ業界では、経営環境の悪化や移動手段の多様化などが背景となって、2000年代後半から倒産や廃業が相次いでいます。代表的な例としては、2009年に設立された地方テレビ局がわずか2年で倒産するなど、深刻な状況に陥っている企業もあります。

・演劇事業

演劇事業は、芸能界の中でも特に厳しい状況にある分野の一つです。地方の小劇場や劇団においては、公演が成功しなかったり、集客が伸び悩んだりすることが多く、経営難に陥る場合があります。

・映画制作会社

映画制作会社は、制作費の高騰や市場の縮小などが影響して、倒産や廃業が相次いでいます。代表的な例としては、2019年に製作した映画の興行不振が原因で、数十億円の赤字を出した制作会社が廃業するなど、深刻な状況が続いています。

芸ぎ業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 資産の評価と処分に細心の注意を払うことが必要です。芸術品や著作物など、企業独自の資産には市場価値がつけにくいものもあります。そのため、信頼できる専門家の見解を求め、的確な評価を行い、処分方法を慎重に検討する必要があります。

2. 法的手続きに十分な注意を払うことが必要です。清算には法的手続きが必要であり、その過程で連絡先の確保や債務の整理などを行う必要があります。また、経営者の遺産相続など、清算手続きが後世に影響を及ぼす可能性もあるため、法的なアドバイスを受けながら進めることが大切です。

3. 社員や取引先などへの影響を考慮することが必要です。企業が清算することは、社員や取引先、顧客などに影響を及ぼすこともあります。そのため、清算の計画を進める前に、関係者に対して細心の配慮を行い、適切なコミュニケーションを取ることが必要です。

芸ぎ業の企業が廃業する際の注意点 3選

芸能業界の企業が廃業する場合、様々な問題が発生することがあります。以下は、注意点の3選です。

1.社員やタレントの処遇に注意する

芸能業界の企業が廃業する場合、社員やタレントの役割・仕事がなくなってしまうため、処遇に注意が必要です。退職金や解雇費用、また仮に別の企業への引き継ぎなどを考慮し、いかに公平な処遇を行うかが重要です。また、芸能人の場合、正式な契約やスケジュール管理に留意する必要があります。

2.契約上の問題に対応する

芸能企業の廃業により、契約上の問題が発生することがあります。商標や著作権などの権利関係や、スポンサーとの契約、そして取引先との契約などを考慮し、専門家のアドバイスを得て問題解決に取り組むべきです。

3.会計処理に注意する

企業の廃業には、会計処理面でも注意が必要です。従業員やタレント、取引先などへの支払いや手続き、財産や資産、そして納税などの問題があります。こうした点については、法律や税務の規定に基づいて取り組むことが重要です。

このように、芸能業界の企業が廃業する際には、様々な問題が発生することがあります。公正な処遇、契約問題の解決、そして的確な会計処理など、専門家のサポートを得て対応することが求められます。

芸ぎ業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 従業員への配慮
芸能業の企業は、従業員として契約したアーティストやスタッフに対して、適切な解雇手続きや退職金の支払い、再就職のサポートなど、法的に義務付けられた配慮を行う必要があります。

2. 報道への対応
芸能業界には大きな注目が集まりやすいため、会社の畳み方に対する報道が出る可能性が高いです。その際には、事前にマスコミ関係者とのやりとりを慎重に行い、不適切な情報漏洩や誤解を避けることが大切です。

3. 契約書や約束事項の処理
芸能業の企業が畳まれる場合、契約書や約束事項の処理も欠かせません。アーティストやスタッフとの契約解除や、ファンクラブ会員への対応など、細かな部分まできちんと対応することが求められます。

芸ぎ業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1.競争激化によるビジネス環境の変化
現代では、芸能産業においても激しい競争が展開されており、多数の企業が参入しています。このような競争激化により、売り上げや利益が低下する恐れがあり、会社の存続に影響を与える可能性があります。そのため、M&Aによる会社の売却を検討することで、業界の変化に対応できる見込みがある場合には、適切な選択肢となるでしょう。

2.新規事業の開発・拡大
もう一つの理由は、新規事業の開発・拡大です。芸能産業においても新しい分野への参入や新しいプロジェクトを実現するためには、資金や技術、ノウハウなどが必要となります。しかし、自社の資源では不十分である場合は、他社との統合やM&Aを考慮することで、新しいビジネスモデルや事業成長戦略を立てることが可能になります。

3.資本効率の向上
最後に、資本効率の向上も理由の一つです。高い経営効率が求められる現代であれば、適切な資金の使い方、リスクマネジメントが必要になります。そのため、会社の規模や資源を活用することで、リスク分散や固定費削減といった効果を狙うことができ、資本効率の向上につながります。M&Aは、資本効率の向上につながる一つの方法として、有力な戦略となるでしょう。

以上、芸能産業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由を3つ挙げました。競争激化や新規事業開発、資本効率の向上など、多数の利点がありますが、リスク管理や戦略的思考が大切なポイントとなります。特に、M&Aの成功には、常に市場動向や事業環境の変化を意識し、慎重な判断が必要となります。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】長野県岡谷市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】宮城県色麻町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】愛知県あま市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】高知県安芸市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】軌道業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前…
  6. 【2023年最新版】けい石鉱業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  7. 【2024年最新版】ねん糸製造業(かさ高加工糸を除く)の企業が清…
  8. 【2023年最新版】北海道陸別町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP