【2024年最新版】船舶製造・修理業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

船舶製造・修理業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、国内の船舶製造・修理業界は厳しい状況に直面しており、多くの企業が倒産や廃業に追い込まれています。主な理由としては、需要の低迷や海外競合の激化、為替変動や原材料価格の上昇などが挙げられます。

このような環境下で、2019年には国内の船舶製造・修理業界で廃業した企業数は前年度比で増加し、約150社に達しました。その中には、大手企業や代表的な企業も含まれています。

また、2020年には新型コロナウイルスの感染拡大によって、船舶産業に関連する産業全般が打撃を受け、多くの企業が業績悪化に苦しんでいます。これにより、更なる倒産や廃業が予想されます。

しかし、一方で海上保安庁や自衛隊などの政府機関による船舶の購入や修繕に依存している企業は、比較的安定した業績を維持しているようです。また、船舶関連の新技術の開発や、外国船の修理・改修に力を入れる企業もあるため、業界全体としては絶望的な状況とは言えない面もあります。

総じて、船舶製造・修理業界は厳しい状況にあると言えます。需要の低迷や競争激化は今後も続き、苦境に立たされる企業も少なくないでしょう。しかし、新技術の開発などに意欲を持つ企業は今後も市場で生き残っていくことが可能性があります。

船舶製造・修理業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 長期負債の処理に注意を払う

船舶製造・修理業の企業にとって、大きな出費となるのが船舶の建造や修理に必要な資金です。この資金は大半が長期借入金等の長期的な負債で賄われていることが多いでしょう。清算する際には、この長期負債の処理に注意を払う必要があります。長期的な負債の清算には一定の時間が必要であるため、十分な財政計画を立て、綿密な手続きを踏むことが必要です。

2. 債権者との交渉を重視する

船舶製造・修理業の企業が清算する場合、債権者との交渉が不可欠です。清算手続き中に債権者に対して説明責任を果たし、交渉を重視することで、和解を図ることができる場合があります。債務整理や自己破産を申し立てる場合には、債権者に十分な説明を行い、協力を得ることが大切です。

3. 回収不能な債権の処理に注意を払う

船舶製造・修理業の企業にとって、回収不能な債権の処理はかなり厄介な問題です。清算の際には、回収不能な債権を優先的に処理することが重要です。回収不能と判断した場合には、債権者との交渉を行い、和解金等の支払いを行うことが望ましいでしょう。また、回収不能な債権の発生を未然に防ぐため、クレジットリスク管理などの対策も必要となります。

船舶製造・修理業の企業が廃業する際の注意点 3選

船舶製造・修理業の企業が廃業する際には、多くの注意点があります。以下に、一般的な注意点の中から3選をご紹介します。

1.法的手続きの確認
船舶製造・修理業の企業が廃業する場合、法的手続きを確認することが重要です。例えば、社員・従業員の解雇手続きや未払いの給与、社会保険の手続き、税金に関する問題など、数多くの法的な問題が発生する可能性があります。そのため、事前に法的手続きをしっかりと確認しておくことが必要です。

2.資産・施設の処分方法の検討
船舶製造・修理業の企業が廃業する場合、資産・施設の処分方法も検討する必要があります。資産や施設については、売却や引き取りなど、適切な処分方法を考える必要があります。また、施設の清掃や解体にも時間がかかるため、早めの検討が必要です。

3.社員・従業員の再就職先の支援
船舶製造・修理業の企業が廃業する場合、社員・従業員の再就職先の支援も重要です。企業は、社員・従業員に対して再就職先の案内や面接の手配をサポートすることで、雇用の安定化に繋げることができます。また、就職支援を行うことで、社員・従業員との信頼関係を保ち、今後のビジネスにも繋がる可能性があります。

以上、船舶製造・修理業の企業が廃業する際の注意点3選をご紹介しました。企業は、廃業に際して、法的手続きの確認や資産・施設の処分方法の検討、社員・従業員の再就職先の支援など、多岐にわたる注意点に対応する必要があります。しっかりと対応して、スムーズな廃業を実現してください。

船舶製造・修理業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 従業員に対する適切な対応

船舶製造・修理業の企業が会社を畳んだ場合、最も影響を受けるのは従業員である。企業は、可能な限り従業員に対して適切な対応をしなければならない。例えば、従業員に何らかの補償や雇用先の紹介を行うことが必要である。

2. 顧客やサプライヤーへの対応

船舶製造・修理業の企業が会社を畳んだ場合、顧客やサプライヤーなどの関係者にも適切な対応が求められる。例えば、進行中のプロジェクトについては、顧客との調整や適切な手続きを行うことが必要である。

3. 資産の適切な処理

船舶製造・修理業の企業が会社を畳む場合、資産の適切な処理が重要である。例えば、不動産や設備などの処分先を確保し、従業員に割り当てられていた財産の取り扱いについても配慮が必要である。

船舶製造・修理業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 需要の低迷:船舶製造・修理業は需要と供給のバランスが非常に重要であり、需要が低迷すると収益性に悪影響が出てしまいます。そのため、需要低迷が長期化すると生産拠点の再構築や人員削減などを余儀なくされる場合があります。このような状況の場合、M&Aを通じて業務の統合や拡大が行えるので、業界の先行きが不透明な状況であれば、自社の競争力の向上を狙うためにM&Aを行うことは有用と言えます。

2. 経営資源の強化:船舶製造・修理業は、高度な技術力や専門性をもった人材、大型物流施設など、多大な経営資源が必要です。しかし、膨大な資金が必要になるため、自社だけでこれらの資源を確保することは困難です。しかし、M&Aを通じて企業同士が統合すれば、自社でも実現できなかった大型施設や優秀な人材を獲得することが可能になります。

3. 新技術導入への支援:船舶製造・修理業は、新しい技術の導入が必須となります。例えば、船舶の自動運航技術や電動化、省エネ技術などが挙げられます。しかし、これらの技術を開発するためには膨大な資金が必要であり、自社だけで開発・導入することは困難です。M&Aを行うことで、先進的な技術を持った企業を獲得することで、自社でも新技術の導入に成功することができるようになります。

以上の理由から、船舶製造・修理業の企業がM&Aを行い、業務の統合や拡大、経営資源の強化、新技術の導入を行うことは有用であり、業界の先行きが不透明な場合には、検討することが望ましいと言えます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】食料・飲料卸売業の企業が清算・廃業・倒産、会…
  2. 【2024年最新版】島根県益田市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2023年最新版】かばん・袋物卸売業の企業が清算・廃業・倒産、…
  4. 【2024年最新版】産業機械器具卸売業の企業が清算・廃業・倒産、…
  5. 【2024年最新版】熊本県宇城市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】東京都多摩市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】鳥取県鳥取市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】石川県小松市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP