【2024年最新版】自動車(新車)小売業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

自動車(新車)小売業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、自動車小売業においても倒産・廃業が相次いでいる。この動きは、自動車市場における大型店舗やネット販売サイトの台頭など、様々な要因によって引き起こされているとされている。

2019年には、全国展開していた自動車販売チェーンの1つが、突如として倒産してしまった。この会社は、販売額の減少や人件費の増加によって経営が悪化していたとされている。また、同じく2019年には、他の自動車販売チェーンでも倒産・廃業のニュースが相次いだ。これらの企業が経営に苦しんでいた原因は、自動車市場での厳しい競争環境と、消費者の購買行動の変化にあったと考えられる。

一方で、自動車販売市場においても、新しいビジネスモデルが生まれている。近年は、インターネット上での車の売買やリースが増えているほか、カーシェアリングサービスの普及も進んでいる。これらの新しいビジネスモデルが急速に普及する中、従来の自動車小売業のビジネスモデルが適応できなくなっているという側面もある。

以上のような背景から、自動車小売業界においては、今後も倒産・廃業が相次ぐ可能性があるとされている。しかしながら、新しいビジネスモデルの出現によって生まれる新たなビジネスチャンスもあり、企業は今後、新しいビジネスモデルに対する適応力を強化することが求められる。

自動車(新車)小売業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 不動産賃貸契約の解約等に伴う債務の返済を確認することが必要です。
2. 倒産や清算に伴い、保有している在庫車両の処分方法について十分に検討する必要があります。
3. 社員の解雇に伴う雇用関連費用の算定について、法的な規制や労働法令を遵守しなければなりません。

自動車(新車)小売業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 社員の処遇を考慮する

自動車(新車)小売業の企業が廃業する場合、社員の処遇が大きな問題となります。廃業に伴って、従業員が失業することになりますから、その点を考慮して対応をする必要があります。例えば、社員の転職先を紹介することや、就職支援を行うことなどが考えられます。また、退職金・解雇予告手当などの支払いも必要になります。

2. 債権債務の整理をする

自動車(新車)小売業の企業が廃業する場合、債権債務の整理が必要になります。債務超過状態にある場合には、民事再生手続きや倒産(破産)手続きを行うことが必要になります。その際には、債権者・債務者との交渉や債務整理の手続きが必要になります。

3. 在庫・施設の処分をする

自動車(新車)小売業の企業が廃業する場合には、在庫・施設の処分が必要になります。在庫については、売却することができれば売却して資金調達をすることもできます。施設については、建物・設備などを売却することで、資金調達をすることができます。ただし、売却価格が十分な資金調達になるかどうかは慎重に考える必要があります。

自動車(新車)小売業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 従業員への対応
自動車小売業は、多くの従業員を抱えている企業が多いため、会社の閉鎖により多くの人々が失業する可能性があります。会社の閉鎖計画を従業員に告知し、最善の方法を検討し、従業員の支援を行うことが重要です。

2. 顧客のニーズに対する対応
自動車小売業は、多くの顧客を抱えているため、会社の閉鎖により多くの顧客が影響を受けます。会社の閉鎖の前に、顧客に対して適切な対応を行い、代替企業の紹介やサービス内容の説明を行うことが大切です。

3. 債務整理の準備
自動車小売業が会社を畳む際には、多額の債務が残る可能性があります。会社の閉鎖前に、債務整理の計画を策定し、円滑な手続きを進めることが必要です。債務整理が適切に行われない場合、従業員や顧客に対して未払いの負債を残してしまうことになります。

自動車(新車)小売業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界競争の激化
自動車市場は、激しい競争と価格競争が特徴的です。市場占有率を拡大するためには、常に費用削減や効率的なビジネスモデルの改善が求められます。競合他社と比較して優位なポジションを確立することができなければ、業績の低迷や財務的な不安定性を招く可能性があります。M&Aにより、シェア拡大や経営資源の合理化を実現することができるため、市場競争において有利な立場を獲得することができます。

2. 新しい技術投資へのアクセス
自動車業界は、環境問題やEV化など、大きな変革を迎えています。新しい技術の導入や投資は、資金的な負担が大きく、リスクが高いため、多くの企業がその改革に追いつくことが出来ず、成長の妨げとなっています。M&Aには大規模な投資が可能な資金力や開発力を持つ企業を探すことができるため、自動車業界の変革に対応することが可能になります。

3. 国際的な規制環境の厳格化
自動車業界は、国際的な規制環境に対して厳密な審査を受けています。車両排出ガス規制やエネルギー効率化基準のような規制力が強化され、これに応じるべくさまざまな改革が進められています。これらの改革に対応するためには、レギュレーションに関係する法的な知識や文化に対して深い理解を持つ必要があります。M&Aによって、適切な規制に対応可能な人材や資源を確保することができ、国際市場における競争力と安定性を確保することができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】時計修理業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  2. 【2024年最新版】家庭用電気機械器具卸売業の企業が清算・廃業・…
  3. 【2024年最新版】砂糖・味そ・しょう油卸売業の企業が清算・廃業…
  4. 【2024年最新版】鉄鋼粗製品卸売業の企業が清算・廃業・倒産、会…
  5. 【2024年最新版】宮城県村田町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】電子計算機・同関連機器賃貸業の企業が清算・廃…
  7. 【2024年最新版】事務用品製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  8. 【2024年最新版】福島県矢祭町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP