【2024年最新版】結婚式場業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

結婚式場業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、結婚式場業界では景気が落ち込んだ影響で多くの企業が倒産・廃業しています。特に、都市部や人口密集地に集中している企業が多く、競争が激化しているため、生き残りをかけた攻防が繰り広げられています。

一部の大手企業は規模の経済効果やブランド力を活かして、多角化や海外進出を進めていますが、中小企業は倒産に追い込まれるケースが多い傾向にあります。

倒産・廃業した企業に共通しているのは、業績不振や経費削減に苦しむ中で、顧客ニーズに対応しきれないまま平均的なサービスを提供し続けたことが挙げられます。結果として、顧客満足度が低下し、口コミや評判が悪化してしまったため、新規顧客の獲得が困難になったことが重要な要因となっています。

今後も、少子高齢化やデジタル化の進展など、社会環境の変化によって、結婚式場業界は大きな転換期を迎えることになりそうです。企業が持続的な成長を遂げるためには、顧客のニーズに応えるだけでなく、新しい価値観やライフスタイルに対応することが求められます。

結婚式場業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 債権者への相談
清算する際には、まず債権者への相談が必要です。債権者からの反対がある場合、清算を行えなくなります。また、相談が必要となるのは金融機関だけでなく、従業員や取引先、消費者などの関係者も含まれます。

2. 法令に従う
清算を行う際には、法令に従って手続きを進めることが大切です。特に、倒産手続きに関しては、法的な手続きが必要であり、精査されない場合、法的な問題が生じるリスクがあります。従って、倒産手続きを行う際には、法令に従った専門家のアドバイスを仰ぐことが重要です。

3. 経営状況の精査
清算を行う前に、事業の経営状況を精査することが必要です。清算を行う場合でも、事業が存続可能な場合は、存続することが望ましい場合があります。経営状況が良好だったため、清算をする必要がなかった企業もあります。しかし、逆にどのような理由があっても、存続が不可能である場合は、速やかに清算手続きを進めることが大切です。

結婚式場業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 従業員の処遇について
廃業する際には従業員の処遇が大きな問題となります。退職手当や未払い賃金など、法的な手続きを行う必要があります。

2. 顧客情報の取り扱いについて
結婚式場業は、顧客情報を管理することが重要です。廃業する際には、顧客情報の適切な取り扱いを行うことが求められます。

3. 施設・設備の管理について
結婚式場業は、施設や設備の管理にも注意が必要です。廃業する際には、施設・設備の適切な管理を行い、必要な手続きを行うことが重要です。

結婚式場業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

結婚式場業の企業が会社を畳む場合、以下の3つの注意点があります。

1. スタッフ・顧客への対応
結婚式場業は、お客様からの信頼が非常に重要な業界です。会社を畳む際にはスタッフと顧客に対して、十分な配慮が必要です。従業員には、解雇に対する補償や再就職先の紹介などの支援が求められます。顧客に対しては、挙式予定日を聞き取り、他の式場への移行やキャンセルに関する手続きを行う必要があります。

2. 素早い対応
会社を畳む際には、素早い対応が求められます。特に、従業員や顧客が混乱を招くような行動をしないように配慮する必要があります。事情を説明した上で、迅速かつ丁寧に対応することが重要です。また、会社を畳む際には法律上の手続きが必要です。手続きを怠ると、さらなるトラブルを招くことがあるため、正しい方法で進める必要があります。

3. 残された債務への対応
会社を畳む際には、残された債務の処理が大きな問題となります。特に、会社が借り入れたお金や、従業員の退職金、顧客に対する返金などが問題となります。借入金については、金融機関や債権者に対して迅速な返済手続きをする必要があります。また、従業員や顧客に対する支払いについては、残された債務の総額や財政状況を考慮しながら、適切な支払い計画を策定する必要があります。

これらの注意点に十分配慮し、チーム一丸となって会社を畳むことが重要です。社名は出さずに上記の3点をご紹介しました。

結婚式場業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界の規模縮小と競争激化

結婚式場業界は近年、新型コロナウイルスの影響や少子高齢化などにより、規模縮小が進んでいます。この状況下で、結婚式場を運営する企業は競争激化に直面し、集客力や販売力を高めなければなりません。しかし、それには多額の費用やリソースが必要になるため、M&Aによる業務提携や統合などの手段を取ることが望ましいと言えます。

2. サブカルチャーの変化と需要の変化

結婚式場業界には、それぞれの企業が持つ独自のサービスやコンセプトが存在します。しかし、時代の変化により、新しい需要が生まれ、旧来のサービスやコンセプトに対する需要が低下するということが起こり得ます。こうした需要の変化に対して、企業が柔軟に対応することができなければ、業績低迷や倒産に至る可能性が高くなります。したがって、自社に合った相手企業を探し、M&Aによる経営資源の共有や需要変化に対する柔軟性の確保を行うことが求められます。

3. 地域社会との関係性の重要性

結婚式場業界は地域密着型のビジネスであるため、地域社会との信頼関係が極めて重要です。しかし、一部の企業は地元の取引先やネットワークを持たず、地域社会から疎外されることがあります。こうした状況に対して、M&Aによる既存の地域密着型企業や地元のビジネスパートナーとの業務提携を行うことで、地元の信頼性を高めることができます。そして、地域社会の期待に応え、地域に根ざすビジネスとなることで、企業の発展とともに地域貢献も実現することができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】千葉県八街市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】ニュース供給業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  3. 【2024年最新版】大阪府羽曳野市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  4. 【2024年最新版】部分肉・冷凍肉製造業の企業が清算・廃業・倒産…
  5. 【2024年最新版】普通鉄道業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  6. 【2024年最新版】産業用機械器具賃貸業(建設機械器具を除く)の…
  7. 【2024年最新版】浄化槽清掃業の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】山口県下松市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP