【2024年最新版】紙器製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

紙器製造業の企業の倒産・廃業状況まとめ

紙器製造業は、食品や日用品など幅広い分野で使用される必要不可欠な産業です。しかし、近年では競争激化や原材料コストの上昇など厳しい市場環境に直面しています。そのため、いくつかの企業が倒産や廃業に至っているようです。

具体的には、全国的に展開する大手メーカーが撤退するケースが多くなっています。また、地方の中小企業でも財務状況が不安定になり、廃業や事業譲渡に踏み切るケースが多くなっています。

この状況を受けて、業界全体が抱える課題も浮き彫りになっています。それは、競合企業との価格競争に勝つための製品力・生産力向上といった、業界構造の改善です。加えて、オンライン販売や卸売り業者との直接取引など、自社のビジネスモデルを改善する取り組みも必要です。

紙器製造業の業界団体は、こうした課題に対する協力・支援体制の強化を模索しています。また、各企業もそれぞれの特性に合わせた戦略を打ち出し、生き残るための努力を続けています。しかし、今後も市場環境が厳しいと予測されるなか、業界全体の取り組みが求められる状況が続きます。

紙器製造業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 資産価値の適切な評価
紙器製造業の企業が清算する際には、資産価値の適切な評価が重要です。特に、製造設備や在庫品などの固定資産の価値を正確に評価することが必要です。未処理の在庫品が存在する場合には、そうした在庫品に対して妥当な評価額が確定するまで清算手続きは進められないことがあります。

2. 債務の処理
清算手続きにおいては、債務の処理が重要なポイントです。特に、借入金や未払いの請求書などは、適切に処理しないと後で問題が生じることがあります。企業が清算する際には、債務を処理するための十分な資金が確保されている必要があります。

3. 法的手続きの遵守
企業が清算する際には、法的手続きを遵守することが必要です。法律上の規定に従って手続きを行わないと、後で問題が生じることがあります。特に、納税や報告義務などについては、適切な手続きを行うことが重要です。

紙器製造業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 廃業時の法的手続きについて確認することが重要です。会社法や労働法などの法律に従って手続きを行わなければ、後々問題が発生する可能性があります。

2. 従業員の処遇についても考慮する必要があります。社員やアルバイトなど、すべての従業員の退職手続きや給与支払い、退職金の支給などを適切に行わなければなりません。

3. 廃業に伴う資産や負債の処理も重要です。債権債務の整理や不動産、機械装置の処分など、すべての資産や負債を正確に把握し、適切に処理する必要があります。

紙器製造業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

紙器製造業の企業が会社を閉じる際には、様々な注意点が必要となります。以下に、実在する社名は出さずに紙器製造業企業が会社を畳む際の注意点を3つ紹介します。

1. 法的手続きを完了する
会社を畳んで終了する場合、法的手続きを完了することが重要です。具体的には、役員会を開いて決議を行い、 記名押印(会社印)、登記簿謄本、印鑑証明、税務署への申告書、社会保険料等の各種手続きを完了する必要があります。金融機関や関係企業への連絡も忘れずに行いましょう。

2. 従業員の処遇に注意する
会社を畳む場合、従業員の処遇にも十分に配慮しなければなりません。退職届の受理や、退職手当の支払い、失業保険の手続き等をきちんと行い、従業員には丁寧に対応することが求められます。また、従業員だけでなく、関係する取引先や顧客への連絡も欠かさずに行いましょう。

3. 非公式な取り引きにも注意する
会社を畳む際に、社員たちの個人的な意見や取引先との非公式な折衝に頼りすぎないように注意することが大切です。取引関係が築けた仲間たちとの関係や、人間関係を重視してしまうと、会社の問題点を見落としてしまう恐れがあるため、冷静な判断力を持ちつつ、正式な手続きをしっかりと進める必要があります。

以上のように、会社を畳む際には、法的手続きを遵守し、従業員の処遇に十分に配慮することが重要です。また、非公式な取り引きにも注意して、冷静に対応することがポイントとなります。

紙器製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 規模拡大と事業多角化のため
紙器製造業界は競争が激しく、市場規模も限られているため、企業は規模拡大や事業多角化を目指す必要があります。M&Aを通じて、他社の技術やノウハウを取り入れ、新たな事業領域に進出することができます。

2. 製造コスト削減のため
紙器製造業は原材料や人件費、エネルギー費などコストが高い業種の一つです。M&Aによって、製造工程を見直し、生産効率を向上させることで、コスト削減を実現することができます。

3. 海外進出のため
紙器製造業は日本国内市場が限られているため、海外進出が必要となります。しかし、海外進出には高い投資が必要であり、リスクも大きいです。M&Aを通じて、海外展開のためのノウハウや物流網を有する企業を買収することで、リスクを抑えながら、効率的な海外展開を実現することができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】短期大学の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む…
  2. 【2024年最新版】宮城県大和町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2023年最新版】毛織物業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む…
  4. 【2024年最新版】岡山県美作市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2023年最新版】サービス用機械器具製造業の企業が清算・廃業・…
  6. 【2024年最新版】岐阜県八百津町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  7. 【2024年最新版】一般乗合旅客自動車運送業の企業が清算・廃業・…
  8. 【2024年最新版】三重県志摩市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP