【2024年最新版】紙以外の印刷業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

紙以外の印刷業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、デジタル化の進展により、紙以外の印刷業界も変化が進んでいます。その一方で、競合激化や需要の低下、設備更新費用の負担などから、多くの企業が倒産や廃業を余儀なくされています。

例えば、デジタルプリント会社の「○○プリント」が2020年に倒産。特に、カタログなどの印刷受注が減少したことが要因とされています。また、ポスターや看板などの大型印刷に注力していた「××印刷」も、設備更新費用などの負担が重く、2021年に廃業しています。

一方、機能性印刷に特化した「△△印刷」は、独自の技術力と品質管理により、業績を伸ばしています。また、オンライン注文に力を入れた「◇◇プリント」も、需要の変化に対応した柔軟な対応力が評価され、業績を拡大しています。

このように、紙以外の印刷業界でも企業によって業績が大きく異なります。市場の変化に敏感に対応することが、今後の生き残りには必要となります。

紙以外の印刷業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 紙以外の印刷業の企業が清算する際には、まず全ての資産や債務を正確に把握しておくことが重要です。特に、知的財産権や特許などの価値がある資産は、事前に評価しておく必要があります。

2. また、清算手続きに必要な書類や手続きなどもあらかじめ準備しておくことが大切です。財産目録や債務履行の状況などを記載した書類を作成し、税務署や商工会議所などへの届け出にも注意を払いましょう。

3. 最後に、清算する際には社員や取引先などの関係者への対応も重要です。明確な説明や報告を行い、信頼関係を損ねないような対応を心がけましょう。また、遺産分割や債務処理などでトラブルが生じないよう、専門家のアドバイスも活用してください。

紙以外の印刷業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 地元の法律・規制に注意する
廃業する際には、地元の法律や規制に十分な注意を払う必要があります。例えば、一部の地域では工場や事務所の閉鎖に伴う環境汚染の問題が指摘されており、法律で定められた廃棄物処理や清掃作業などを適切に実施する必要があります。

2. 従業員への対応にも注意する
廃業する場合、従業員への対応も大切です。従業員が自分の職場が閉鎖されることを知ったときには、十分な説明と理解を求めることが必要です。また、労働法に則った適正な解雇手続きを行う必要があります。

3. 機器の処分に適切な方法を選ぶ
廃業に伴い使用していた機器の処分も重要です。機器を回収する場合、環境にやさしい方法を選ぶことが望ましいです。例えば、リサイクル業者への引き取りや、特殊処理された業者への委託などがあります。安易な方法で機器を処分すると、環境に悪影響を与えることがあるため注意が必要です。

紙以外の印刷業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 現金流の管理を徹底することが重要です。紙以外の印刷業は高額な機材や素材が必要で、資金繰りに苦労することが多い業界です。会社を畳む際には、残っている受注に見合った形で支払いを受けることが必要です。また、従業員への給与や福利厚生も滞りなく支払われるよう十分な現金予備を確保することが大切です。

2. 商標や知的財産権の管理を怠ると大きな問題となります。紙以外の印刷業はデザインやマーケティングを含むクリエイティブな仕事が多く、その中で生み出されたものには商標権や著作権が含まれます。会社を畳む場合、これらの権利を正しく処理しないと、法律上のトラブルに巻き込まれることがあります。商標や著作権の管理を怠らず、正式に譲渡する場合にはきちんと手続きを行うようにしましょう。

3. 借入金や債務整理の問題を放置せず対応することが必要です。紙以外の印刷業は借入金を抱えることが多く、多額の債務を抱えることもあります。会社を畳む際には、借入金や支払い未完了の債務を整理して、債務超過状態に陥らないようにすることが大切です。また、債務整理のプロフェッショナルに相談することで、最適な方法を見つけることができるでしょう。

紙以外の印刷業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 対象企業が経営における課題に直面している場合。例えば、業績が低迷している、競争力の低下が見られるなど、経営環境が厳しい場合は、売却によって新たな資源やノウハウを取り込み、事業の存続を目指すことが必要となる。

2. グローバル展開を目指す場合。海外市場への進出や新しい技術や製品を取り込むための資金や人材などが必要な場合、M&Aによって専門的な企業や技術を取り込んだり、市場シェアを拡大することで、事業のグローバル化を目指すことができる。

3. 企業の所有権や株主構成に変化があった場合。例えば、オーナーの後継者不足や資本政策の見直しなど、企業内部や外部の事情により、企業の所有権や株主構成に変更が生じた場合、その後の経営に不安がある場合には、M&Aによって企業の価値最大化を目指すことができる。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】受託開発ソフトウェア業の企業が清算・廃業・倒…
  2. 【2024年最新版】沖縄県沖縄市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】時計修理業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  4. 【2024年最新版】物流運搬設備製造業の企業が清算・廃業・倒産、…
  5. 【2024年最新版】印刷・製本・紙工機械製造業の企業が清算・廃業…
  6. 【2024年最新版】滋賀県草津市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2023年最新版】タイヤ・チューブ製造業の企業が清算・廃業・倒…
  8. 【2024年最新版】非鉄金属第次製錬・精製業(非鉄金属合金製造業…
PAGE TOP