【2024年最新版】税理士事務所の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

税理士事務所の企業の倒産・廃業状況まとめ

2020年度には、新型コロナウイルスの影響により多数の企業が倒産や廃業に追い込まれました。当然、その中には税理士事務所のクライアントも多数含まれます。

このような状況下で、税理士事務所は企業の倒産や廃業に関する手続きを行うことで、その企業の経営者や従業員、関係者に対するサポートを行っています。

特に、2020年度は国の支援策が充実していたこともあり、多くの企業が倒産を回避することができました。しかし、中には支援策を受け取れなかった企業もあり、税理士事務所はその企業のために最善の手続きを行っています。

また、2020年度にはテレワークを導入する税理士事務所も増加し、企業とのやりとりがオンラインで行われるケースも増えました。このような環境下で、税理士事務所はより迅速で正確なサポートを提供することが求められています。

なお、倒産や廃業が起こる原因は様々ですが、2020年度には新型コロナウイルスの影響が大きい要因となっていました。しかし、それ以外にも、経営者の経営判断ミスや市場環境の変化などが引き金となって倒産や廃業が発生しています。

税理士事務所が果たす役割は、倒産や廃業に関する手続きだけではありません。企業の財務面や税務面でのアドバイス、経営計画作成、法的問題の解決など、企業の健全な経営に寄与することも重要な役割です。

税理士事務所の企業が清算する際の注意点 3選

税理士事務所が企業の清算を担当する際には、いくつかの注意点があります。以下に、その中でも特に重要な3つの注意点をご紹介します。

1. 清算計画の作成
清算をするには、まず清算計画を作成する必要があります。清算計画には、清算の目的や内容、清算期間、清算時の財産処分方法などが記載されます。計画をきちんと立て、適切に進めないと清算がうまくいかないことがあります。

2. 債権者への通知
清算を進める際には、債権者に対して適切に通知する必要があります。通知には、清算の開始日や債権届出期間などが含まれます。債権者に対しての通知が不十分だと、後々トラブルが発生することがあります。

3. 税務処理
清算が完了すると、最後には税務処理が必要になります。税務処理は、清算所得の計算や税金の申告などが含まれます。税務処理が不十分だと、税務署からの指摘や追徴課税などのトラブルが起きることがあります。

以上が、税理士事務所が企業の清算を進める際に注意すべき3つのポイントです。清算に関しては、専門的な知識が必要ですので、税理士事務所の専門家に相談することをおすすめします。

税理士事務所の企業が廃業する際の注意点 3選

税理士事務所として長年営業してきた企業が、廃業する場合には、様々な注意点があります。以下に、一部の注意点を紹介します。

1. 退職慰労金の扱いについて
廃業する場合には、社員たちに対して退職慰労金を支払うことが一般的です。しかし、これには税金の問題が絡んできます。法律により、退職慰労金には特別税制が適用されるため、正確に計算して支払わなければなりません。

2. 銀行口座の解約手続きに注意
企業が廃業する場合、社員たちの退職慰労金を支払うために預金していた銀行口座を解約する必要があります。しかし、これには手続き上の問題があることがあります。たとえば、口座名義が一致しなかったり、手続き書類に誤りがあったりすると、解約がスムーズに進まないことがあります。そのため、時間をかけてよく確認し、正確に手続きを行う必要があります。

3. 顧客情報管理に対する注意
企業が廃業する場合には、適切な手続きによって顧客情報を引き継がなければなりません。しかし、これにはプライバシーの問題も絡んできます。顧客情報を不正に利用したり、流失させたりすることがあれば莫大な被害が発生します。そのため、情報管理には細心の注意を払い、適切に処理する必要があります。

以上に挙げたように、企業が廃業する場合には、様々なリスクがあることを認識し、事前に適切な対策を取ることが必要です。税理士事務所であっても、自社の廃業に際しては十分な対応が必要であると言えます。

税理士事務所の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 法的手続きを遵守することが重要です。会社を畳む場合、法定の手続きを守ることが不可欠です。税務申告、社員の解雇、債権者への支払いなど、法定の手続きを遵守することで、トラブルを回避することができます。

2. 会社の財産を適切に処理することが必要です。会社を畳む際には、会社の財産を適切に処理する必要があります。財産の売却や譲渡など、適切な方法で処理することで、債権者への支払いや税金の支払いなど、法的トラブルを避けることができます。

3. スタッフやパートナーに十分な注意を払う必要があります。会社を畳む際には、スタッフやパートナーなど、関係者の利益も考慮する必要があります。十分な時間をかけて、関係者への適切な対応をすることで、トラブルを回避することができます。

税理士事務所の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 財務面におけるメリット
M&Aによる会社売却は、財務面においていくつかのメリットが存在します。たとえば、財務規模の拡大による経済的効果、業務・リソースの相補性によるシナジー効果、財務上の強みによる投資家からの信頼性向上などが挙げられます。また、M&Aによって得られた現金は、新たな事業の創出や既存事業の再編に投資することで、将来的な成長に繋がる可能性があります。

2. 管理面におけるメリット
M&Aは、経営者にとっては難しい決断ですが、成功すれば、目的達成に向けた新たなマネジメントチャレンジとして機能する場合があります。例えば、M&Aによる企業統合によって、現在の経営陣を拡大し組織改革を行うことで、現在の事業内容を最適化することが可能になります。また、新しい経営陣やビジネスパートナーとのつながりにより、事業戦略やビジョンを再評価して、新たな成長戦略を確立できる可能性があります。

3. 競争力の維持・強化
市場環境の変化や企業経営においては、競合他社との対立が欠かせません。このため、M&Aを実行することで、企業同士が合併することや、市場の規模拡大に、強いアプローチをすることで、競争上の優位性を持つことができます。多少のリスクや費用などが必要になりますが、M&Aによって活用することで、企業それぞれの得意分野の信頼性が高まり、新しいビジネスチャンスが生まれることも期待できます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】人形製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  2. 【2024年最新版】神奈川県大和市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  3. 【2024年最新版】家事サービス業(住込みのもの)の企業が清算・…
  4. 【2024年最新版】沖縄県うるま市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  5. 【2024年最新版】宮崎県椎葉村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】中古電気製品小売業の企業が清算・廃業・倒産、…
  7. 【2024年最新版】茨城県神栖市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】愛媛県伊予市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP