【2024年最新版】福祉事務所の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

福祉事務所の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、福祉事務所を運営する企業の倒産・廃業が相次いでいる。

その原因として、厳しい利益環境や人手不足、規制・法改正による対応費用の増大などが挙げられる。

また、新型コロナウイルスの影響も大きく、施設の休止や感染予防対策に伴う経費が増加したことで、経営に打撃を受けた企業も多い。

具体的な例としては、全国に展開する福祉事業グループが2020年6月に倒産。また、介護施設を運営する企業が財務状況の悪化により、施設を閉鎖した例もある。

その一方で、倒産や廃業に至る前に事業譲渡や再建を試みる企業も存在しており、新たな事業展開を図るなど、生き残るための努力が続けられている。

しかしながら、福祉事業には人的要素が欠かせず、長時間労働やストレス、人手不足などが社会問題となっていることから、今後も企業の経営が厳しい状況が続くことが予想される。

そのため、企業は従業員の福利厚生や労働環境の改善、技術やサービスの充実など、人材確保や顧客満足度の向上を図ることが求められる。

福祉事務所の企業が清算する際の注意点 3選

1. 福祉事業者としての責任を果たすこと:福祉事務所は、福祉サービスを提供することが使命です。清算時には、現在利用中の利用者に対するサービス提供の継続や、未払いの請求に対応する責任があります。企業としての財務状況においても、福祉サービスの維持と向上に繋がるように、慎重な対応が求められます。

2. 法的手続きに関する知識の習得:企業清算には複雑な手続きが伴い、法的な問題が生じることもあります。福祉サービスに特化した事務所であれば、ある程度の法的知識を有していることが多いですが、それでも、クレジターや法務局とのやりとりにおいては、弁護士などの専門家の助言を得ることが重要です。

3. 財務・予算管理の精密化:福祉サービスを提供する事業者として、収支管理が一定程度は必要であることは確かです。しかし、福祉事務所の場合、商品やサービスを提供するのではなく、人々の生活に深くかかわる仕事をしているため、管理の精度がより重要になります。そのためには、決算書や予算表などの作成にあたって、社内のスタッフに財務知識を持っている人材を登用する、専門の会計事務所に外部委託するなど、しっかりと予算管理を行うことが求められます。

福祉事務所の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 事前に従業員に通知すること
福祉事務所の企業が廃業する場合は、従業員に事前に通知することが必要です。通知期間は法律で定められており、十分な時間を与えることが求められます。また、従業員に対し適切な補償措置を講じることも必要です。

2. 利用者への連絡方法の確認
福祉事務所の企業が廃業する場合、利用者に連絡する方法を確認することが必要です。連絡先や手続き方法を明確に示し、最善の方法を選択する必要があります。また、必要な場合は代替の施設の情報を提供することも重要です。

3. 法的手続きを遵守すること
福祉事務所の企業が廃業する場合は、法的手続きを遵守することが必要です。税務や社会保険などの手続きを適切に行い、責任を果たすことが必要です。また、負債や資産の処理についても、法的手続きを遵守することが求められます。

福祉事務所の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 雇用関係を適切に処理すること
福祉事務所が会社を畳む際には、従業員の雇用関係を適切に処理することが大切です。従業員には適切な解雇理由を伝え、適切な手続きを行うことが求められます。

2. 契約者や利用者に対する対応
福祉事務所が会社を畳む場合、契約者や利用者に対する対応も大切です。契約者には適切な手続きや請求書の処理を行い、利用者には適切な情報提供や移行先の案内を行うことが求められます。

3. 業務の廃止手続きを適切に行うこと
福祉事務所が会社を畳む際には、業務の廃止手続きを適切に行うことが必要です。そのためには、必要な書類を作成し、税務や社会保険の手続きなどを適切に行うことが求められます。

福祉事務所の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 財務的な利益の確保:M&Aは、会社の株式や資産を別の企業に売却することで、大きな利益を得ることができます。福祉事務所の企業がM&Aに踏み切ることで、経営状況の改善や事業の拡大・多角化が可能になり、長期的な競争力の強化につながる可能性が高く、結果的に財務的な利益の確保が見込めます。

2. 事業の効率化:M&Aは、既存の企業が新たな事業分野に進出する方法の一つです。福祉事務所の企業が、自身の持つノウハウや資源を生かして、新たな事業分野に進出することで、既存事業の効率化やさらなる成長を目指すことが可能になります。また、M&Aによって、新たな事業分野での競争優位性を得ることもできます。

3. リスクヘッジ:業界や市場の変化によって、福祉事務所の企業が直面するリスクは大きくなっています。しかし、M&Aによって、新しい事業分野や市場に進出することで、事業のリスクを分散することができます。また、M&Aによって得られる新しい資源やノウハウは、今後の事業展開においてリスクを軽減するための貴重なリソースになります。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】富山県舟橋村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】茨城県潮来市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】岩手県一戸町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】島根県大田市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】福岡県筑紫野市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  6. 【2024年最新版】集配利用運送業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  7. 【2024年最新版】亜炭鉱業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む…
  8. 【2024年最新版】栃木県塩谷町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP