【2024年最新版】福岡県福岡市の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

福岡県福岡市の企業の倒産・廃業状況まとめ

福岡市では、2021年の第1四半期には約10社の企業が倒産・廃業した。主な業種は製造業や飲食業であり、特に経営不振に陥った飲食店の数が目立った。

また、新型コロナウイルスの影響により、観光・旅行関連業界や商業施設の運営会社も困難を強いられている。飲食店以外にも、イベント・エンターテインメント業界も大きな打撃を受けており、いくつかの企業が閉鎖を余儀なくされた。

ただし、一方で、IT関連企業やオンラインショップなど、オンラインビジネスに特化した企業は比較的影響を受けず、業績を維持している企業もある。

福岡市は、日本の中でも比較的活気があり、多くの企業が集積している地域である。今後も、経済情勢の変化や新型コロナウイルスの影響により、企業の倒産・廃業は予想されるが、新たなビジネスチャンスを見いだす企業も多く存在すると考えられる。

福岡県福岡市の企業が清算する際の注意点 3選

1. 適切な手続きを踏むことが重要です。清算手続きは、会社法や税法などに基づく手続きが必要であり、適切な手続きを踏まないと、後々トラブルになることがあります。

2. 債権者との調整が必要です。清算に際しては、債権者との調整が必要です。債権者に対して、自社の清算手続きについて説明し、合意を得る必要があります。

3. 税務申告を忘れないようにしましょう。清算に伴い、法人税、消費税の申告が必要になります。忘れずに期限内に申告を行い、税金を納めましょう。

福岡県福岡市の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 廃業する前に債務整理を行うことが重要です。特に、銀行や金融機関への貸借関係がある場合には、事前に債務整理を行わないと会社の資産が没収され、個人の財産にまで及ぶ場合があります。

2. 廃業する際には、従業員や協力会社などの関係者に対し、適切な連絡と補償を行うことが求められます。従業員の解雇や給与未払いなどを放置すると、労働基準法違反になるだけでなく社会的信用を失う恐れがあります。

3. 廃業する企業は、法人としての解散手続きを行う必要があります。手続きには、株主総会の決議や登記簿の更新、税務署への届出などが含まれます。適切な手続きを踏まない場合、個人的な責任を追及される可能性があります。

福岡県福岡市の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 従業員への適切な処遇
会社を畳む場合、従業員への処遇が重要なポイントとなります。従業員には、適切な退職金や失業保険の支給など、法律で定められた最低限の待遇が求められます。その他、就職先の紹介や転職支援の提供など、社員の再就職に向けた支援策も必要です。

2. 契約関係の整理
会社を畳む場合、契約関係の整理が欠かせません。特に、取引先との契約の解除や履行については細心の注意を払わなければなりません。契約内容や解除手続きについては、事前に法律専門家のアドバイスを受けることが大切です。

3. 資産の処分
会社を畳む際には、不動産や設備、在庫品などの資産の処分にも注意が必要です。可能であれば、資産を現金化して従業員への支払いや債務の返済に充てることが望ましいです。また、売却先や取引先などに渡す際には、契約書類や財産譲渡手続きなどを適切に処理することが重要です。

福岡県福岡市の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 経営資源の効率化
M&Aは、企業が持つ経営資源を効率化することができます。例えば、各社が同じ業種で同じビジネスを展開している場合、一社に統合することで人員配置や設備投資を合理化することができます。これによって、コスト削減や生産性向上など効果的な経営資源活用が可能となり、企業価値の向上につながります。

2. グローバル市場進出
M&Aは、新たな市場に進出する手段としても有効です。海外企業の買収や提携によって、現地市場における商圏の拡大や販路の確保が可能になります。また、外国企業が持つ技術やノウハウを導入することで、新しいビジネスチャンスを生み出すこともできます。

3. 市場競争力の強化
競合他社の買収によって、自社の市場競争力を強化することもできます。市場において優位な立場を築くことで、企業の地位向上や事業拡大が見込めます。また、競合他社との提携による相乗効果で、新しいビジネスモデルを創出し、市場の拡大にもつながります。

以上、M&Aで会社を売却する理由3選を挙げました。ただし、M&Aはリスクも伴います。事前に慎重な検討が必要です。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】鹿児島県錦江町の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  2. 【2024年最新版】貴金属製品製造業の企業が清算・廃業・倒産、会…
  3. 【2024年最新版】新潟県三条市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】印刷物加工業の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】埼玉県飯能市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】愛知県みよし市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  7. 【2024年最新版】愛媛県久万高原町の企業が清算・廃業・倒産、会…
  8. 【2024年最新版】高炉によらない製鉄業の企業が清算・廃業・倒産…
PAGE TOP