【2024年最新版】福岡県久留米市の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

福岡県久留米市の企業の倒産・廃業状況まとめ

福岡県久留米市の企業の倒産・廃業状況について、近年は比較的少ないものの、一部で問題が発生しています。特に、飲食店や小売店などの消費者に直接関係する企業が廃業するケースが多いようです。

また、近年は新型コロナウイルスの影響もあり、観光業やイベント業などが厳しい状況に陥っており、経営の継続が困難になっている企業もあります。

ただ、一方で、エネルギー関連や農業など、地域特性を活かした事業展開をする企業は堅調に経営を継続しており、地域経済に貢献しています。

久留米市は、福岡県内でも中核都市の一つであり、交通の要所でもあることから、多くの企業が進出しています。今後も、地域経済を支える健全な企業の育成に取り組み、市民の安心・安全な生活を守っていくことが求められます。

福岡県久留米市の企業が清算する際の注意点 3選

1. 法的手続きの遵守
清算には、法的手続きが必要です。福岡県久留米市の企業が清算を行う場合、会社法や税法に基づく手続きを遵守する必要があります。例えば、会社法には、清算人の任命や財産の処分、株主総会の開催などが規定されています。また、税法には、清算時の課税対象や税務署への届出などが定められています。法的手続きを適切に実施することで、スムーズな清算が行えます。

2. 資産の処分
清算において最も重要なのは、会社の資産の処分です。資産の処分方法によって、清算債権の優先度や配当額が異なるため、慎重な対応が必要です。福岡県久留米市の企業が清算する場合、まずは資産目録を作成し、処分方法を決定する必要があります。例えば、不動産は売却するか賃貸するか、債権は売却するか回収するかなど、事業内容や市場状況を踏まえて判断する必要があります。

3. 債権者の対応
清算においては、債権者の対応も重要です。福岡県久留米市の企業が清算する場合、債権者に対して早期に通知を行い、債権の確定や配当の見込みなどの情報を提供することが求められます。また、債権者からの質問やクレームにも迅速に対応する必要があります。債権者との円滑なコミュニケーションを図ることで、企業の信用を守ることができます。

福岡県久留米市の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 廃業前に必ず従業員に通知すること:久留米市では、企業が廃業する際には従業員に対する通知が義務付けられています。通知は廃業日の1か月前から行う必要があります。必ず従業員に対して丁寧かつ適切な説明をし、退職金や雇用保険等に関する手続きの段取りを整えることが大切です。

2. 廃業に伴う法令上の手続きを行うこと:廃業に伴って、法令上の手続きが必要になる場合があります。例えば、社会保険や税金の手続き、会社法上の決算手続きなどは、必ず行う必要があります。手続きが不十分だと、後日問題が生じる可能性があります。

3. 廃業に伴って処分すべき資産を整理すること:廃業に際しては、不要となる資産や在庫品の処分が必要となります。廃業に伴う債権債務の整理も同様です。これらの手続きを怠ると、後で返済義務が発生する可能性があります。徹底的に資産の整理を行い、廃業時の財務状況を正確に把握しておくことが重要です。

福岡県久留米市の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 適切な手続きを行うこと
会社を畳む場合は、法律に基づいた手続きを行う必要があります。具体的には、株主総会で解散決議を行い、その後に手続きを進めます。手続きを怠ると、後々トラブルが起こる可能性があるので、適切な手続きを行うことが重要です。

2. 従業員の処遇に注意すること
会社を畳む場合、従業員の処遇についても配慮する必要があります。退職金や解雇等、適切な対応をすることで、従業員とのトラブルを回避することができます。従業員に対して説明責任を果たすことが大切です。

3. 借入金や債務の整理については専門家に相談すること
会社を畳む際には、借入金や債務の整理も必要になる場合があります。解散後の処理によって借入金や債務が残ってしまうと、元社員や取引先等に迷惑がかかることがあります。そのため、専門家に相談して適切に整理することが重要です。

福岡県久留米市の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 事業の規模拡大・市場拡大

M&Aは、既存の事業規模を拡大することができるため、企業として大きく成長することができます。また、新たな市場への進出や、既存市場でのシェアの獲得ができることもあります。これによって、企業価値を高めることができます。

2. 事業の効率化・強化

M&Aを通じて、同じ業種の企業や、関連する業種の企業との統合を行うことで、事業の効率化や競争力の強化が可能となります。これによって、コスト削減や生産性の向上、研究開発や技術力の強化が期待できます。

3. 資金調達・リスク分散

M&Aを利用することで、企業が資金調達をすることができます。また、自社が向かっているリスクを分散することもできます。これによって、経営の安定性を高めることができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】果実酒製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】京都府木津川市の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  3. 【2024年最新版】三重県熊野市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  4. 【2024年最新版】神奈川県伊勢原市の企業が清算・廃業・倒産、会…
  5. 【2024年最新版】商品検査業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳…
  6. 【2024年最新版】島根県雲南市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  7. 【2024年最新版】栃木県日光市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】愛知県豊川市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP