【2024年最新版】発電機・電動機・回転電気機械製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

発電機・電動機・回転電気機械製造業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、発電機・電動機・回転電気機械製造業の企業の倒産・廃業状況が深刻化しています。このような状況の原因は、需要の減少や競争力の低下、さらには資金不足や人材難などの様々な問題が挙げられます。

倒産・廃業した企業の中でも、特に大手企業である「○○電機」が破産するなど、業界全体に影響が及びました。また、中小企業においても、業績不振や資金繰りの悪化により倒産や廃業に追い込まれる企業が増加しています。

一方で、海外企業の参入も増えており、高品質・低コストの製品が多く輸入されることで、国内企業の競争力低下に拍車がかかっています。

このような状況を踏まえ、業界全体での取り組みが求められています。具体的には、生産性を高めるための設備投資や、技術開発の推進、海外進出の促進などが挙げられます。

また、政府からは、補助金の支援や税制優遇などの政策が打ち出されています。これらの取り組みを通じて、発電機・電動機・回転電気機械製造業の業界再生が期待されています。

発電機・電動機・回転電気機械製造業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 財務状況の正確な把握が必要
清算する際には、財務状況を正確に把握することが非常に重要です。企業の財務状況を正確に把握することで、清算のための予備費用の確保や清算債権者との交渉などが円滑に進めることができます。また、処理しきれない負債や未払いの請求書などがある場合には、それらを事前に整理することで、後々のトラブルを回避できます。

2. 資産の正確な評価が必要
清算を行う際には、資産の正確な評価が必要となります。特に、不動産や有価証券などの評価には時間がかかる場合があります。評価を誤ると、債権者に対して不利になるだけでなく、清算手続きが長引く原因にもなります。そのため、できるだけ早期に資産を評価することが必要です。

3. 清算手続きの適切な進め方が必要
清算手続きの進め方については、専門的な知識が必要となります。企業が清算する際には、内部の専門家や外部の専門家に相談することが推奨されます。清算手続きを適切に進めることで、債権者に対する配慮やトラブル防止につながります。また、清算手続きの進め方によっては、企業のコンプライアンスや法的問題が生じる可能性もあります。このため、法的な問題に詳しい専門家の協力も必要とされます。

発電機・電動機・回転電気機械製造業の企業が廃業する際の注意点 3選

1. 環境汚染に対する責任
発電機・電動機・回転電気機械製造業は、製造工程で大量の廃棄物や有害物質を排出するため、廃業時には環境や社会に対する責任を果たす必要があります。廃業時には、汚染物質を適切に処理して環境への悪影響を最小限に抑えるとともに、近隣住民や従業員の健康にも十分配慮することが求められます。

2. 従業員の再就職支援
廃業により、従業員が失業することになるため、企業は従業員の再就職支援を積極的に行うことが望まれます。従業員のスキルや経験を活かした再就職先の紹介や、社内での転職や再教育の機会を設けるなど、就業機会の確保に努めることが必要です。

3. 資産の適切な処分
発電機・電動機・回転電気機械製造業は、大型の設備や機械、プラントなど高額な資産を保有していることが多いため、廃業時にはこれらの資産の適切な処分が求められます。資産をオークションや中古品販売などで売却する場合は、価値を最大限に評価するための専門知識が必要となります。また、設備やプラントを無理なく撤去することも重要な課題の一つであり、移転業者や解体業者の選定にも注意が必要です。

発電機・電動機・回転電気機械製造業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 従業員の対応
企業が畳む際には、従業員への配慮が必要です。従業員への適切な報告や相談体制を整え、退職金や再就職先の支援など、適切な措置を講じる必要があります。例えば、「エレクトリック製造株式会社」は、従業員3名を抱える小規模企業でしたが、業績不振により会社を畳むことになりました。会社側は、従業員に対して丁寧な説明や支援を行った結果、円満に解決することができました。

2. 借入金の処理
企業が借入金を抱えている場合には、適切な返済プランを検討する必要があります。返済計画が立てられていない場合、借入金が滞納し、不良債権に陥る恐れがあります。例えば、「メカトロ製造株式会社」は、配電盤の製造を手がける中規模企業です。しかし、不況により受注が減少し、借入金が返済できない状態に陥りました。会社側は、借入金の貸主と交渉し、返済計画を立てることで、債務超過を回避しました。

3. 資産の処分
企業が畳む際には、持ち合わせている資産の処分が重要です。例えば、「エンシュア製造株式会社」は、高圧電力用の発電機を製造する大企業でしたが、業績不振に陥り、会社を畳むことになりました。しかし、同社は、多数の特許や製造機器を所有しており、これらを適切に処分することで、資金調達の一助としました。特に、特許を持っている場合には、他社に売却することで、資産価値を現金化することができます。

発電機・電動機・回転電気機械製造業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業界内の競合激化が進んでいるため、市場でのシェア拡大や新規参入を図るためには、M&Aによる企業買収が有効な戦略となる場合がある。

2. 技術的な進歩や市場ニーズの変化に迅速に対応するためには、M&Aによって技術やビジネスノウハウを補完・強化することが必要な場合がある。

3. 自社資金やリソースの制約があり、成長や事業拡大を実現するためには、M&Aによって財務基盤の強化や人材獲得をして事業をスケールアップすることが必要な場合がある。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】東京都練馬区の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2024年最新版】北海道島牧村の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2023年最新版】和歌山県すさみ町の企業が清算・廃業・倒産、会…
  4. 【2024年最新版】兵庫県市川町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】行政書士事務所の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  6. 【2024年最新版】繊維原料卸売業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  7. 【2024年最新版】一般電気工事業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  8. 【2024年最新版】千葉県長柄町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP