【2023年最新版】療術業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

療術業の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、療術業の競争激化に伴い、企業の倒産・廃業が相次いでいる。

倒産または事業譲渡による廃業の事例としては、関東地方を中心に展開していた整体チェーン店やカイロプラクティック専門店が挙げられる。これらの企業は、販売戦略の転換や新規分野への参入、反映されない設備投資などを原因とする収益力低下から、資金繰りに苦しむようになったためだ。

また、サウナや銭湯などの温浴施設も、健康意識の高まりや多様化するライフスタイルに対応しきれず、存続に脅威が迫る中で、廃業する場合があった。

一方、廃業に至らず事業の再編や業態改革に踏み切る療術業事業者も存在する。東海地方に拠点を置くある鍼灸院は、介護・リハビリ業を手掛ける企業と業務提携を結ぶことで、今後の業績回復を目指す。他にも、美容・健康といった新規市場の開拓、治療技術の進化や情報技術の導入など、多様な施策を用いて再生を目指す例もある。

経営環境の変化に追いつけなかったり、市場のニーズに応えられなかったりする療術業事業者が多数存在する一方で、技術力や顧客ロイヤルティを確保している企業は生き残りの道を模索している。今後も療術業界は大きな変革を迎えることになると思われる。

療術業の企業が清算する際の注意点 3選

1. 不動産の評価に注意すること
療術業は、不動産を所有することが多いため、清算の際にはその評価に注意が必要です。特に、市場価値よりも高い評価をしてしまった場合、税務当局から評価損として課税される恐れがあるので、専門家に相談することが重要です。

2. 従業員や供給業者との調整を行うこと
清算には、従業員や供給業者との調整も必要です。従業員の解雇や給与の未払い、供給業者への未払い債務など、法的な手続きが必要な場合があります。きちんと手続きを行い、関係者との調整を行うことが重要です。

3. 法人格の消滅手続きを行うこと
最後に、療術業が清算する場合には法人格の消滅手続きを行う必要があります。これには、設立の登記から解散登記まで様々な手続きが必要です。手続きの漏れがあると、法的なトラブルが起こる恐れがあるので、専門家に任せることが望ましいです。

療術業の企業が廃業する際の注意点 3選

療術業において、企業が廃業する際には、以下のような注意点が存在します。

1.法的な手続きの確認が必要

療術業の企業が廃業する場合には、法的な手続きが必要となります。具体的には、会社法や民法、労働法など、様々な法律の規定に従って、手続きを進めていく必要があります。また、税務署や市町村役場など、関係する官庁との手続きも必要となるため、事前に確認を怠らないようにしましょう。

2.従業員の雇用条件の対応

療術業の企業が廃業する場合には、従業員の雇用条件についても適切な対応が必要となります。具体的には、退職金や解雇予告手当の支払い、再就職の支援など、様々な面から、従業員の雇用環境について配慮する必要があります。

3.顧客や関係者への対応

最後に、療術業の企業が廃業する場合には、顧客や関係者への対応も重要です。具体的には、事前に廃業の運びを伝えることや、返金や商品の返却についての対応など、様々な面で、周囲への配慮が求められます。特に、長期にわたって信頼を築いてきた顧客への対応には、十分な配慮を行うことが重要です。

以上、療術業の企業が廃業する際には、法的な手続きの確認や従業員の雇用条件の対応、顧客や関係者への対応など、様々な注意点が存在します。事前に慎重に対応を考え、円滑な廃業を進めるようにしましょう。

療術業の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 従業員に対する適切な対応
療術業の企業が倒産や事業撤退を決断した場合、最大の注意点は従業員に対する対応です。従業員に十分な時間を与え、即時ならびに適切に情報を提供することが重要です。また、従業員に対しては再就職の支援や手続きなど、最大限のフォローを行うことが必要です。

2. 債権者や顧客への対応
企業の倒産や事業撤退は、債権者や顧客にも影響を与えます。療術業の企業が会社を畳む際には、債権者や顧客に対しても適切な対応を行う必要があります。返金や債務の整理など、最大限の対応を行い、影響を最小限に抑えるよう努力することが大切です。

3. 法律的な手続きの遵守
療術業の企業が会社を畳む際には、法的な手続きを遵守することが必要です。例えば、社員の解雇や債務整理など、法律的な手続きを行わなければなりません。また、税務、労務、法務などの問題にも適切に対応することが必要です。 法的に適切な手続きを行い、社会的な責任を果たすことが大切です。

療術業の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 財務上の理由
療術業は、研究開発や治験などの投資が多くかかり、その結果が実際に市場に出るまでには時間がかかります。そのため、財務的に負担が大きくなることがあります。M&Aにより、投資家からの融資や資本調達が容易になり、財務上の安定が確保されることがあるため、会社として安定した成長を維持するためにも、M&Aを検討することが重要です。

2. 経営上の理由
療術業は、規制環境が厳しく、市場が社会的な信頼を得るためにも、研究開発から製品化、販売までの過程のトータルでの品質向上が求められます。M&Aにより、適切な技術や経験を持った企業との提携や、競合他社との合併による技術・情報の共有化により、よりよいサービスや製品を提供できるようになる可能性があります。

3. 地域展開上の理由
療術業は、国内外からの規制要件が厳しいとともに、市場そのものも成長が期待されています。M&Aにより、海外市場への進出や、国内での販売・販路の拡大が可能になります。また、事業内容を拡大することで、競合他社との差別化を図り、新しい市場を開拓することができます。

以上、財務上、経営上、地域展開上の理由から、療術業がM&Aを検討することが重要であることがわかりました。ただし、M&Aは万能解ではないため、企業自身が経営戦略を考慮し、慎重に判断することが必要です。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2023年最新版】表示装置製造業の企業が清算・廃業・倒産、会社…
  2. 【2023年最新版】山形県庄内町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2023年最新版】各種商品卸売業(従業者が常時人以上のもの)の…
  4. 【2023年最新版】徳島県徳島市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2023年最新版】リゾートクラブの企業が清算・廃業・倒産、会社…
  6. 【2023年最新版】菓子・パン類卸売業の企業が清算・廃業・倒産、…
  7. 【2023年最新版】処理牛乳・乳飲料製造業の企業が清算・廃業・倒…
  8. 【2023年最新版】福岡県大川市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP