【2024年最新版】特許事務所の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前に検討すべき事業承継

Last Updated on 2024年1月5日 by 記事監修者 : 濱田 啓揮

特許事務所の企業の倒産・廃業状況まとめ

近年、特許事務所業界においては、競争が激化し、多くの企業が倒産や廃業に至っている。業界内のシェア争いが慢性化し、業務量の減少や価格競争が激しさを増していることが要因と考えられる。

特許事務所の中には、マーケット変化に適応することができずに淘汰される企業もある。また、顧客対応を怠ったり、業務のクオリティに問題が生じたりすることで顧客を失い、経営が行き詰まるケースもある。

その中でも、海外進出を果たし、成功を収める企業も存在する。海外市場の開拓や新規事業の立ち上げに着手することで、業務量の増大やダイバーシフィケーションにつながるため、企業の存続につながると考えられる。

特許事務所業界における今後の展望は、IT技術の進歩を受け、特許申請件数が増加することが予想される。そのため、企業は技術力の向上やサービスの拡充、または海外展開を果たすことで、生き残りを目指す必要がある。

特許事務所の企業が清算する際の注意点 3選

1. 清算手続きに必要な書類の整備

特許事務所の企業が清算する際には、法的手続きに従い、様々な書類が必要になります。会社法に基づく手続きや税務上の手続き、債権や債務の整理など、多くの書類の準備が必要となります。特許事務所の場合、知財権の保有状況や使用許諾契約書などの書類も重要です。事前に手続きに必要な書類を整備しておくことが大切です。

2. 知的財産の整理

特許事務所にとって知的財産は重要な資産です。清算の際には、これらの財産を正確に把握し、管理することが必要です。具体的には、特許や商標などの権利の保有状況の確認や、訴訟やライセンス契約などの手続きの整理が必要です。さらに、知的財産の売却や譲渡についても、法的手続きをしっかりと実施することが大切です。

3. 債権債務の整理

特許事務所が清算する場合、債務超過に陥っている場合があります。この場合は、債権者に対して債権を支払う必要がありますが、それでも債務の超過が残る場合には、法的手続きによって処理する必要があります。この際には、法的なアドバイスを受けた上で、債権債務の整理を行うことが重要です。また、社員や顧客などに対する債務も整理する必要があります。そのため、清算に向けた計画には、債務額や返済方法についての検討が必要です。

特許事務所の企業が廃業する際の注意点 3選

特許事務所の企業が廃業する際に注意すべきポイントは多岐にわたりますが、以下に3点挙げてみたいと思います。

1. 顧客情報の取り扱い
特許事務所は、顧客から機密性の高い情報を扱う場合があります。そのため、特許事務所が廃業する際には、顧客情報が漏洩しないよう細心の注意を払う必要があります。特に、個人情報保護法などの法律に違反しないよう、適切な手続きを踏むことが大切です。

2. 残務処理
特許事務所は、各種書類の作成や申請書類の提出など、多岐にわたる業務を行っているため、廃業する際には適切な残務処理が必要です。例えば、未処理の特許申請や商標出願については、顧客の利益を守るために適切な方法で処理する必要があります。

3. 従業員の処遇
特許事務所が廃業する場合には、従業員の処遇についても考慮する必要があります。特に、労働法などの法律に則って、従業員の権利を守ることが求められます。また、廃業による影響を最小限に抑えるため、従業員との円満な話し合いや、適切な解決策を模索することが大切です。

特許事務所の企業が会社を畳む際の注意点 3選

1. 従業員への対応
会社を畳む際に最も重要なことは、従業員への対応です。従業員には、何が起こっているか、どのように影響を受けるか、どのようなサポートを提供するか、などを早期に伝える必要があります。また、社員が直面する問題に対する解決策を提供し、可能な限り支援することが重要です。

2. 法的手続きの実施
会社を畳む前に、特許事務所の企業は、すべての法的手続きを正確に実施する必要があります。これは、従業員の解雇、銀行口座の閉鎖、借金の弁済などの手続きを含みます。法的手続きを怠ると、会社を畳んだ後に問題が発生する可能性が高くなります。

3. 顧客への対応
顧客への対応にも注意が必要です。顧客に対して、会社を畳む理由や影響を説明することが必要です。また、顧客の問題や不安に対処し、可能な限りの支援を提供することが重要です。顧客からの苦情やクレームに対応することが必要になる場合もあるため、事前に対策を考えておく必要があります。

以上のように、会社を畳む際には、従業員への対応、法的手続きの実施、顧客への対応に注意する必要があります。特許事務所の企業が会社を畳む場合でも同様に、慎重かつ迅速な対応をすることが大切です。

特許事務所の企業がM&Aで会社を売却すべき理由3選

1. 業績不振の解消や再生を図るため
特許事務所の企業が落ち込んだ業績を抱えている場合、M&Aによって他社と統合することで、経営資源を共有したり、事業の再編成や改善を行うことで、新たな成長を目指すことができます。

2. 取引先や市場環境の変化に対応するため
市場環境や競合状況、取引先のニーズなどに急激に変化が生じた場合、自社で対応することが難しい場合があります。このような場合、M&Aによって他社の技術やノウハウ、顧客ベースなどを取り込むことで、急速に対応することができます。

3. 資金調達や企業価値の向上を目的とする場合
M&Aを通じて、自社の企業価値を向上させることができます。また、買収資金を調達するために、株式や債券の発行、新規貸借入などを行うことができます。これにより、企業の資金調達が行いやすくなり、成長戦略の実現を支援することができます。

M&A・事業承継のご相談は経験豊富なM&A Doにご相談ください。

M&A Doは、中堅・中小企業様のM&Aをご支援しております。
弊社は成約まで完全無料の「譲渡企業様完全無償型」の手数料体系を採用しており、一切の費用なくご活用いただけます。

今すぐに譲渡のニーズがない企業様でも、以下のようなご相談を承っております。

・まずは自社の適正な株式価値を教えてほしい
・株式価値を高めるために今後どのような施策をうてばよいか教えてほしい
・どのような譲渡先が候補になり得るか、M&Aにおける業界環境を教えてほしい

ご成約迄完全無料となりますので、まずはお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 【2024年最新版】陶磁器絵付業の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  2. 【2023年最新版】北海道当麻町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  3. 【2024年最新版】測量業の企業が清算・廃業・倒産、会社を畳む前…
  4. 【2024年最新版】北海道興部町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  5. 【2024年最新版】鳥取県大山町の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  6. 【2024年最新版】炭素質電極製造業の企業が清算・廃業・倒産、会…
  7. 【2024年最新版】山口県周南市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
  8. 【2024年最新版】福岡県春日市の企業が清算・廃業・倒産、会社を…
PAGE TOP